So-net無料ブログ作成
検索選択

星のや富士 〜お宿篇〜 [星のや富士(山梨・河口湖)]

念願の(^^) //  

鞄屋さん?? ・・・ではなく・・・


DSC01100.JPG


☆星のや富士★ 


DSC01605.JPG


河口湖と富士山を望む絶好のロケーションで“グランピング”を というコンセプト


*** グランピング=グラマラスglamorousとキャンピングcampingを掛け合わせた造語 *** 


DSC01098.JPG


グラマラスなキャンプ(^^)[るんるん][ぴかぴか(新しい)]?

ステキな響きに妄想を膨らませながらやってきました。


リュックが壁一面に掛かっていたのが『星のや富士』の入り口となるレセプション。

滞在中に使えるよう好みのリュックを選ばせてくれます[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

中には[目][右斜め下]望遠鏡・ライト・虫除けスプレー・Drinkボトル・ビスケット・膨らまして使うクッション

グランピング(^_-)気分高まります。

DSC01106.JPG


Jeepに乗せてもらい星のやの森へと上っていきます


DSC01608.JPG


こちらがフロントとメインダイニングのある建物


DSC01113.JPG


その向かいに階段があり、更に上っていくと


DSC01111.JPG


クラウドテラスという外のダイニング


DSC01123.JPG


DSC01129.JPG


斜面を利用したテラスには色んなタイプの椅子が置かれていて

大自然を感じるひとときの助けとなってくれます。



DSC01130.JPG


到着した頃はあいにくの雨模様でしたが、森が水分をたっぷり含んで更に緑の香りが感じられたようにも

思います。


DSC01132.JPG


空気が冷たかったので火が有り難かった〜[どんっ(衝撃)]


DSC01150.JPG


DSC01155.JPG


ライブラリー[本][喫茶店]カフェ


DSC01560.JPG


コーヒー・紅茶・ジュース 


DSC01134.JPG


DSC01136.JPG


DSC01142.JPG


DSC01145.JPG


マシュマロは背後にある長い棒に刺し、先程の火で炙っていただきます


DSC01147.JPG


クッキー・ラスク・バウムクーヘン  充実のティータイムが過ごせそう


DSC01149.JPG


DSC01557.JPG  


ここで昼寝をしたら随分深い眠りになりそうです(^^)[あせあせ(飛び散る汗)]


DSC01152.JPG


DSC01564.JPG



朝にはスタッフの方がストレッチを教えてくれる時間もあるようです


DSC01492.JPG


この椅子[目][右斜め上] 雑誌やテレビで目にして座ってみたかったのです[exclamation]

座って背に重みをかけるとぐ〜んと後ろに倒れ、真上の景色を見ることが出来ます。

自然と笑ってしまうような愉快な椅子 何よりも木々を見上げるのが楽しい。


DSC01578.JPG  

ここは何のスペースになるのか… 発展途上でしょうか。


DSC01566.JPG  


テントの中は。。。

憩いのスペースでした。


DSC01568.JPG


DSC01581.JPG


散策した地面の土はふかふかで快適[くつ][揺れるハート]


DSC01573.JPG


ハンモック


若干 寛ぎ方が微妙ですがご勘弁を[たらーっ(汗)][猫][たらーっ(汗)]


DSC01579.JPG


これでも本人はとっても楽しんでいます[るんるん][るんるん]


DSC01594.JPG


ゆ〜らゆら  布にくるまれている安心感

ずっとこの景色を見ていたいと思いました。


DSC01592.JPG



DSC01167.JPG


DSC01271.JPG


DSC01273.JPG


フロント横にはお土産や雑貨が並びます


DSC01274.JPG


DSC01276.JPG


DSC01597.JPG


DSC01170.JPG


キャビン(客室)へ向かう階段


DSC01598.JPG


DSC01171.JPG


二階階建てになってます


DSC01178.JPG


テラス側から見るとこういう感じ


河口湖と富士山を見る“スコープ”のようなイメージだそう。

DSC01600.JPG


キャビン内は次回へ^^


DSC01610.JPG



         

nice!(50)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら★ホテル花小宿 [ホテル花小宿(兵庫・有馬温泉)]

神戸電鉄有馬温泉駅

DSC00782.JPG


駅前にあるお土産店『吉高屋』

定番の炭酸煎餅からお店オリジナル“カメ印”のスキンケア商品・おもしろ雑貨まで幅広い品が並びます。

車道側からは気づきませんでしたが、駐車場側から建物を見上げると藤の花[目][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][ぴかぴか(新しい)]

ハナミズキも咲いていて吉高屋の美しい横顔を確認出来ました。

DSC00786.JPG


こちらは花小宿の裏手にある源泉[いい気分(温泉)][ダッシュ(走り出すさま)]


DSC00792.JPG


DSC00832.JPG


チェックインまで時間があったので街散策

茶房TCHIC TAC[時計]でランチ


DSC00814.JPG


御所坊グループのお店です


DSC00795.JPG


DSC00798.JPG



DSC00804.JPG


パスタとオムライスをシェアしました 


DSC00808.JPG


DSC00819.JPG


続いてcoffeeを(^^) cafe de Beauカフェド坊

こちらも御所坊のお店です。


DSC00818.JPG


黒豆ケーキ


DSC00822.JPG


有馬山椒のお店 良い香りに導かれて店内へ[目]

細切りした真昆布に実山椒が入ったものを購入。


DSC00831.JPG


こちらは花小宿から御所坊のお風呂へ向かう川沿いの小径[左斜め下]緑が美しい[ぴかぴか(新しい)]


DSC00919.JPG


有馬を出発し神戸電鉄三田本町駅で途中下車

歩いて10分弱『蕎麦いち』に到着。


DSC01050.JPG


築90年以上の古民家を改築したという趣あるお店

満席でたくさんの方がお待ちでした。


DSC01052.JPG


DSC01060.JPG


鴨つけ汁蕎麦  山とろ蕎麦


DSC01064.JPG


お店の雰囲気、豊富なメニュー、スタッフの方も朗らか 美味しくステキなお店[揺れるハート]

機会があればまた行ってみたいと思います。


nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテル花小宿 〜朝食篇〜 [ホテル花小宿(兵庫・有馬温泉)]

朝ご飯も『旬重』で頂きます

DSC01012.JPG


前夜と同じカウンター席に着きました(^^)  愛らしい器がセッティングされています


DSC01014.JPG


基本は和食ですが 少々の追加料金と事前予約で洋食を頂くこともできます[左斜め下]


DSC01015.JPG


和食のだし巻き玉子 黒まめ豆腐には鰹節がたっぷり


DSC01020.JPG


DSC01022.JPG


炭火焼きの笹カレイ


DSC01027.JPG


ササッと炙った海苔も嬉しいですね


DSC01034.JPG


DSC01033.JPG


系列店『パン・ド・ボウ』のパン三種 クロワッサンの左にあるのは山椒入り!ヒリヒリっと効いてましたよ[るんるん]


DSC01039.JPG


朝食は和洋ともに腹八分目[ぴかぴか(新しい)]朝はこれくらいで十分ですね[ぴかぴか(新しい)]


nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテル花小宿 〜お風呂篇〜 [ホテル花小宿(兵庫・有馬温泉)]

花小宿のお風呂は貸切スタイルが二つ

DSC00880.JPG


空いていれば鍵をかけて入ります


DSC00881.JPG


浴場はスロープになっていて、付き添いの方がいれば車椅子を利用される方も入れるような造りに

なっています。


DSC00885.JPG


泉質は二種 無色透明の“銀泉” 赤茶色のお湯が“金泉”

有馬の代名詞のような金泉は、塩分がとても高く海水よりもしょっぱい[目][exclamation×2]なめてびっくりです


DSC00887.JPG


人魚のタイル絵がやわらかい印象を与えてくれます。


DSC00888.JPG


DSC00891.JPG


DSC00993.JPG


もう一方の貸切風呂


DSC00996.JPG


なぜかこちらの方が人気のようで、何度か足を運んでようやく入ることができました。


DSC00997.JPG


コンパクトな造りで使いやすく、また右側の五右衛門風呂が[わーい(嬉しい顔)][右斜め上]興味を誘うのかもしれません。


DSC01002.JPG


花小宿のお風呂は以上二つ。

ただ、チェックインから18時までの時間帯は陶泉御所坊の大浴場が利用でますので出かけてきました。

金泉がブクブクと勢いよく湧いていました[いい気分(温泉)][るんるん]


nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ホテル花小宿 〜夕食篇〜 [ホテル花小宿(兵庫・有馬温泉)]

夕食は宿の一階にある割烹料膳『旬重』にて

DSC00926.JPG


かまどがある厨房


DSC00927.JPG


“お好きな席へ”とのことでしたので、調理の様子が見られるカウンターへ着席


DSC00930.JPG


じゅんさい オクラ ねばねばでさっぱりとした味わいのひと品


DSC00936.JPG


一番左手[目][左斜め下]蛤は豆のペーストに包まれて


DSC00941.JPG


DSC00943.JPG


お造りは甘海老の塩麹漬け ヒラメ マグロ 湯葉など 色んな種類を少しずつ頂けるのが嬉しい[揺れるハート]


DSC00950.JPG


蛸と野菜の炊き合わせ[ぴかぴか(新しい)]サツマイモ人参かぼちゃ蓮根[ぴかぴか(新しい)]美しい形状です


DSC00958.JPG


桜エビのかき揚げ 空豆とアスパラで彩りも綺麗


DSC00965.JPG


DSC00970.JPG


炭火で焼き上げられた鯛


DSC00976.JPG


身がぷりっと引き締まって美味しい[るんるん]


DSC00977.JPG


お味噌汁もほっとするやさしいお味


DSC00981.JPG


さっぱり抹茶アイスには炭酸煎餅のかけらがトッピングされています。

丸いお煎餅を焼く際、縁が残っていくんですよね[わーい(嬉しい顔)]カリカリ食感と香ばしさが美味しい

苺の横にある可愛い鯛は和三盆糖[るんるん]


DSC00987.JPG


締めくくりは柏餅


DSC00991.JPG


カウンターの向こう側で作り上げられていくお料理の様子を見るのは楽しく

会話も忘れ、つい見入ってしまいます。


バランスのよいお献立、羽釜のご飯も美味しく頂きました。

ちょっとお肉があれば嬉しかったかな とも思いますが、満足の夕食でした。



nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行