So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の5件 | -

界 津軽 〜夕食篇〜 [界 津軽(青森・大鰐温泉)]

夕食へ出かけましょう


DSC05817.JPG


ライトアップされ素敵な雰囲気


DSC05816.JPG



DSC05820.JPG



DSC05821.JPG


食事処『折鶴』

DSC05828.JPG


DSC05823.JPG


DSC05826.JPG



DSC05829.JPG


始まりは 殻付きの雲丹


DSC05830.JPG


DSC05834.JPG


色とりどりの八寸


DSC05842.JPG


お椀は桜餅の海老射込み こごみと木の芽を添えて 香り高いひと品



DSC05844.JPG


DSC05845.JPG


お造り(*^_^*)充実のラインナップです


DSC05848.JPG


DSC05852.JPG


DSC05856.JPG


たたき海老の新挽き揚げ 山菜の天麩羅


DSC05858.JPG


素材も盛り付けも豪華なお料理[るんるん][ぴかぴか(新しい)]


日本酒も自然と進んでしまいます[揺れるハート]


DSC05864.JPG


蟹の養老蒸し ぶぶあられ 翡翠あん


DSC05866.JPG


メインのお料理は 鮑の若布包み焼き または 倉石牛の陶板焼き


DSC05870.JPG


釜炊きの白米

DSC05871.JPG


DSC05872.JPG


DSC05875.JPG


DSC05885.JPG


デザートと夜食のおにぎりは部屋に運んで下さいました

至れり尽くせり[揺れるハート]有り難うございました。


DSC05886.JPG


DSC05889.JPG


DSC05890.JPG


DSC05892.JPG


nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

界 津軽 〜お宿篇〜 [界 津軽(青森・大鰐温泉)]

“星のや”つながりで

星野リゾート『界 津軽』のお話

DSC05714.JPG


新幹線新青森駅から特急つがるに乗り換え約40分で大鰐温泉駅

タクシーに乗って5分程で宿に到着。


DSC05717.JPG


広々としたロビーにある見事な壁画が印象的


DSC05722.JPG


DSC05724.JPG


DSC05726.JPG


DSC05728.JPG


お茶とお菓子を頂いた後、客室へ


DSC05733.JPG


DSC05734.JPG


DSC05758.JPG


訪れたのは2012年の4月 まだ少し雪が残っていました。


DSC05762.JPG


DSC05757.JPG


『離れ 悠庵』


DSC05743.JPG


DSC05745.JPG



DSC05737.JPG


和室10畳と6畳 そして露天風呂を備える客室


DSC05738.JPG


周囲を木々に囲まれた落ち着いたお部屋です


DSC05741.JPG



DSC05748.JPG



DSC05753.JPG


DSC05756.JPG



DSC05776.JPG


DSC05803.JPG


ただ、ちょっと訳あって。。。[猫]客室を変更

DSC05804.JPG


DSC05806.JPG


シンプルな和室に宿泊となりました


DSC05808.JPG


DSC05811.JPG


DSC05812.JPG


DSC05814.JPG



nice!(34)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら★星のや富士 [星のや富士(山梨・河口湖)]

星のや富士へは

東京駅10:21⇒河口湖駅着12:43の成田エクスプレスで

DSC01076.JPG


土曜・休日のみ一日一本の運行ですがとても便利[ひらめき]

ただ9/30までの運行予定のようです。


DSC01075.JPG


河口湖で昼食を[わーい(嬉しい顔)]

駅の道向かいにある『ほうとう不動』へ


DSC01079.JPG


土曜日ということもありお店には待つ人の列が[目]


DSC01084.JPG


並んで待つ間、皆さんが召し上がるのを見ていると[目]ほうとうはとても大きな鍋で出てくる模様!

なので、ほうとうを一人前といなり寿司、もつ煮を注文して分け分け。


平たい自家製麺を味噌仕立てのお出汁で煮込み、白菜・人参・なめたけ・南瓜などがたっぷり入り

さらにまろやかなお味となっています。

DSC01090.JPG



DSC01093.JPG


富士山の容器には薬味と一味を調合した“からみ”

お店で販売もされていました[右斜め下]


DSC01094.JPG


こちらの富士山は[右斜め下]駅のお土産屋さんでみつけたFUJIYAMA COOKIE



DSC01095.JPG


ここからは 本物の富士山(^^)


でも     [眼鏡]    なかなか姿を見せてくれません[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)] 到着した日は[雨]雨でしたし・・・。


ここからは2日目

DSC01617.JPG


客室バルコニーで待ち続けるも。。。。 出てこない ・・・・


雲だらけ[曇り][曇り][曇り] 

すっかり弱気になり、諦めかけていたその時

[exclamation&question][目][exclamation&question] あ゛っっ

いつも姿勢悪い彼が声をあげて飛び起きた[ひらめき]        [左斜め下][左斜め下] 見えた!!!


DSC01622.JPG


ズーム[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


DSC01618.JPG


見えた〜〜〜[もうやだ~(悲しい顔)] 一部だけど

もう駄目だとおもっていたので、嬉し笑い泣きしそうな程(笑)[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC01632.JPG


もうちょっと 見えてきた〜〜〜[猫][るんるん]


DSC01666.JPG

 

頂上だけだけど[わーい(嬉しい顔)]


DSC01689.JPG


空も青くなってきた〜 

DSC02057.JPG


美しい〜〜〜(T_T)[ぴかぴか(新しい)] これだけ見えただけで幸せ(笑)


DSC02058.JPG


DSC02061.JPG

有り難う 富士山[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]私は満足です。


ここからは3日目

DSC02111.JPG


私の知らない3日目の富士山(^_^;)


DSC02114.JPG


雲がどんどん流れていったのだそうです


DSC02124.JPG


頂上付近にちょっと[曇り]モクモクあるものの


DSC02131.JPG


DSC02144.JPG


ほぼ全貌を現したそうな[るんるん]


DSC02149.JPG


チェックアウトし河口湖駅越しに見た富士


DSC02155.JPG


キティ富士

DSC02158.JPG


こちらは富士山ビュー特急


DSC02161.JPG


河口湖〜大月駅までの45分間 雄大な富士を臨む風景を列車から楽しみます


DSC02163.JPG


DSC02165.JPG


木をふんだんに使った温もりある車内


DSC02166.JPG


椅子の絵柄も色彩も豊か[るんるん][ぴかぴか(新しい)]


DSC02170.JPG


DSC02176.JPG


DSC02178.JPG


DSC02179.JPG


DSC02180.JPG


DSC02184.JPG


DSC02191.JPG


車窓からの眺め[目]お一人様は楽しまれたようで 何よりです[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

DSC02194.JPG


DSC02196.JPG


DSC02197.JPG


富士山が見える[グッド(上向き矢印)]見えない[バッド(下向き矢印)]一喜一憂はありますが

『星のや富士』期待通り、期待を超える滞在となりました。

強行スケジュールに気持ちが負けそうにもなりましたが。行ってよかった(>_<)

[ぴかぴか(新しい)]良い思い出が出来ました[ぴかぴか(新しい)]

nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや富士 〜朝食☆二日目〜 [星のや富士(山梨・河口湖)]

二日目の朝


DSC02020.JPG


朝食は客室のテラスにて

“Cabin Breakfast”


DSC02021.JPG


セットされたBOXの中には。。。[目][レストラン]


DSC02023.JPG


ジャージー牛乳のケフィアヨーグルト

スキレットで焼き上げたスパニッシュオムレツ

ハム・ソーセージ


DSC02024.JPG


DSC02031.JPG


DSC02035.JPG



DSC02038.JPG


菜の花とカリフラワーのサラダ


DSC02039.JPG


DSC02040.JPG


ダッチオーブンブレッド


DSC02041.JPG


パンのお供が4種[るんるん]


DSC02045.JPG


このBOXは一人分の朝食

美味しかった。。。のでしょうね。。。きっと。


DSC02046.JPG


だって あと一人は。。。


早朝5:00

河口湖駅にいました。


image3.JPG


駅前バスのりば5:07出発 [バス][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]


image1.JPG


中央道を高速バスはひた走り


7:00頃には東京タワーを車中から[目][あせあせ(飛び散る汗)]


image2.JPG


7:20品川駅を[新幹線][ダッシュ(走り出すさま)]出発しましたとさ(^^;)[たらーっ(汗)]

なかなか切なかったですね〜[失恋]


でも[ひらめき]

河口湖をちょっと早く出れば(ちょっと[exclamation&amp;question])7時には都内にいられるのです^^

遠いようで近くもある『星のや富士』でした。


できればチェックアウトまでいたかった〜[もうやだ~(悲しい顔)]


nice!(47)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや富士 〜夕食☆第二夜〜 [星のや富士(山梨・河口湖)]

食べてばかりですが(^^;)


またまた。。。 

この日 三回目のクラウドキッチン

DSC01757.JPG


第二夜は“ダッチオーブンディナー”です


DSC01758.JPG


ダウンコートを羽織って出かけましたが、その上からエプロンをつけまして・・・


DSC01759.JPG


電気毛布の膝掛けが備えられた椅子に着席[猫]


DSC01761.JPG


DSC01762.JPG


日が暮れ始めた森に明かりが灯り、座っているだけでDinnerへの期待が高まります[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]


DSC01763.JPG


DSC01770.JPG


DSC01775.JPG


ダッチオーブンディナーには飲み物が含まれていて

乾杯は“日本のあわ”[バー]

山梨県韮崎市穂坂地区のマスカット・ベリーを使ったロゼスパークリングワイン


DSC01776.JPG


DSC01779.JPG


お料理一品目は雉のスープ

ホワイトアスパラも旨みを含み、味わい深いスープです。


DSC01785.JPG


DSC01792.JPG


こちらは[右斜め上] “岩魚の瞬間燻製”の少しお手伝いした様子


DSC01795.JPG


色んな調理器具があるものですね[目][ぴかぴか(新しい)]


DSC01796.JPG


少しの間 [ダッシュ(走り出すさま)] 燻製 [ダッシュ(走り出すさま)]


DSC01800.JPG


瓶に入った野菜&ドレッシングを岩魚にザザーっとかけ 出来上がり 


DSC01801.JPG


燻された香りのしっとりとした岩魚にシャキシャキ野菜とソーズが絡まって 美味しい[exclamation]


DSC01806.JPG


続いて白ワイン こちらも甲州のもの


DSC01811.JPG


“鮑と筍のスキレット”の具材 左の[左斜め上]ひらひらしたキノコはハナビラダケ

あまり目にしたことがありませんでしたが、今日たまたまデパートの野菜売り場で販売されていました。

旬?!なのかしら。


DSC01815.JPG


鮑とともにスキレットに野菜を並べ・・


DSC01820.JPG


DSC01827.JPG


木の芽入りのバターをのせます


DSC01830.JPG


DSC01836.JPG


鮑とキノコの歯応え 木の芽の香り


DSC01845.JPG


雉肉・猪のサルシッチャ・お野菜ゴロゴロ


DSC01849.JPG


お鍋の底には塩が敷かれていて塩釜に


DSC01853.JPG


DSC01856.JPG


余力のある方には日本酒もご用意くださいます(*^_^*)


DSC01857.JPG


DSC01860.JPG


塩釜の出来上がりを待つ間

白いお皿に2種のソースでお絵かきを[るんるん][ぴかぴか(新しい)]


DSC01864.JPG


DSC01867.JPG


お皿に取り分け さぁ♪独創的な盛り付けを[猫][揺れるハート]


DSC01869.JPG


お野菜が極端に少ない人[目][たらーっ(汗)][バッド(下向き矢印)] いけませんね。。。これは


DSC01874.JPG


DSC01879.JPG


山女飯  鮮やかな手つきでほぐして下さいました


DSC01885.JPG


DSC01888.JPG


まずは山女飯をそのまま頂き

次は、大葉・胡麻・有馬山椒などを加えて


DSC01892.JPG


三段階目としてお出汁をかけて賞味


DSC01896.JPG


三度美味しい山女飯 


DSC01898.JPG



DSC01908.JPG


最後にデザート[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]


火にかけられたお鍋[右斜め上]苺&ベリーそしてプリン[右斜め下]


DSC01912.JPG



DSC01915.JPG


お鍋に無塩バターとフルーツを投入


DSC01926.JPG


ソテーした後 火を入れて[どんっ(衝撃)]


DSC01941.JPG


とろ〜っとしたソースが出来上がり


DSC01950.JPG


こっくりと良い色で(^_-)大満足のデザート


DSC01954.JPG


DSC01957.JPG


エプロンをつけるほどの出番(お手伝い)はないのですが、参加型のダッチオーブンデイナーはメニューも

変化に富んでいて魅力的。

そして印象に残っているのは、スタッフの方。

お料理のこと・富士の四季について・などなど多岐にわたるお話をしてくださり、何人かいらっしゃるのでが

どの方も心地よい時間を生み出して下さり、星のやさんの[ぴかぴか(新しい)]チカラ[ぴかぴか(新しい)]を感るばかりでした。

さすがです。


雨天は難しいようですが、冬季はテラスに炬燵というスタイルでこのDinnerは開店されるようです。

星のやで一泊ならば[ひらめき]ダッチオーブンディナーを体験して頂きたいと思います。

忘れられない時間になるのでは[目][ぴかぴか(新しい)]


DSC01961.JPG



nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ