So-net無料ブログ作成

松乃碧 〜夕食篇〜 [加賀屋別邸 松乃碧(石川・和倉温泉)]


楽しみな夕食の時間


DSC04719.JPG


食事処は半個室と窓側のカウンター席があります

七尾湾を見渡すロケーション[目][ぴかぴか(新しい)]


DSC04720.JPG


DSC04721.JPG


DSC04725.JPG


お料理は体の調子を整える“食前酢”から始まります


DSC04728.JPG


DSC04727.JPG



DSC04740.JPG


DSC04743.JPG


不老長寿スープはすっぽんと糸ふかひれ


DSC04748.JPG


DSC04768.JPG


松乃碧 素敵な美しい器で登場したのは地魚を中心としたお造り


DSC04752.JPG


DSC04758.JPG


オールインクルーシブ[猫][バー][ビール] 美味しいお料理にお酒もすすみます[るんるん]

冷酒をお願いしたところ升には“福増”の焼き印

〜福が益々増しますように〜という思いをこめて、ご担当下さったスタッフご自身の升なのだそう(*^_^*)

有り難うございました[黒ハート]


DSC04760.JPG


DSC04763.JPG


DSC04764.JPG


    八寸[るんるん][るんるん][るんるん]   太鼓 笛 琵琶 [目][グッド(上向き矢印)]  なんと愛らしいのでしょう


DSC04774.JPG


細長い笛の中には 栄螺べし(塩漬け)、五郎島芋、銀杏などが上手に並んでいます


DSC04779.JPG


こちらは[右斜め下]能登へしこ寿司 蓮の葉の上で涼しげ


DSC04782.JPG


竹の籠が運ばれてきました


DSC04789.JPG


焼き物  能登牛とのどぐろ


DSC04794.JPG


黒藻酢と赤西貝


DSC04805.JPG


DSC04813.JPG


合鴨の治部煮  里芋・椎茸・生麩・金時草  鴨のいいお味出ています[猫][るんるん]


DSC04817.JPG


きのこご飯


DSC04829.JPG


DSC04835.JPG


果物の梅ジュレがけ


DSC04838.JPG


抹茶と能登ミルク寄せにあんこが挟まっています [ぴかぴか(新しい)]金箔とは加賀らしい〜〜[ぴかぴか(新しい)]


DSC04839.JPG


お料理・美しい食器・演出 すべてにおいて心地よく充実した夕食

さすが加賀屋別邸[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]すっかり虜にまりました。


nice!(49)  コメント(1) 

松乃碧 〜お部屋篇〜 [加賀屋別邸 松乃碧(石川・和倉温泉)]


全31ある客室は和室・和洋室・露天風呂付広めの客室があるそうですが

今回泊まったのは和洋室『支子 KUCHINASHI』

DSC04594.JPG


DSC04675.JPG


お香のかおりが立ちこめています


DSC04674.JPG


全ての客室から七尾湾が見渡せるそうです


DSC04649.JPG


DSC04640.JPG


DSC04590.JPG


和室ですがソファがあるのは嬉しいこと

“YUKIZURI”は雪吊りの縄をイメージしたという辻口シェフの焼き菓子。


DSC04644.JPG



DSC04635.JPG


ベッドルームがフローリングの洋室となっています


DSC04626.JPG


DSC04657.JPG


DSC04653.JPG


広縁のマッサージチェアはなかなかの使い心地(*^・^*)[るんるん]

静かな海を望む景色も心を穏やかにしてくれます。


DSC04708.JPG


DSC04706.JPG


DSC04700.JPG



DSC04660.JPG


DSC04663.JPG


日本茶・コーヒー


DSC04668.JPG


おつまみ・ビールやジュース・ペリエなど充実した飲み物はfree

他にも食事処、バー、湯上がり処など施設内のサービスが料金に含まれるインクルーシブシステム。

これは北陸初なのだとか[ひらめき]

さすが“加賀屋”様 新しい取り組みをされているのですね。 

DSC04672.JPG


DSC04682.JPG


水道のレバーにも[目]松乃碧


DSC04685.JPG


アメニティも各種揃っています


DSC04686.JPG


客室風呂は温泉ではなく、今回は利用しませんでした。


DSC04689.JPG




nice!(47)  コメント(0) 

松乃碧 〜お宿篇〜 [加賀屋別邸 松乃碧(石川・和倉温泉)]


言わずと知れた日本を代表する名旅館『加賀屋』

232室という客室数を保ちながら“おもてなしの心”を第一にトップを走り続けるお宿。

残念ながら訪れたことがなく、一度は・・・と思っていましたところ・・・

まずは別邸へ行くことに致しました(*^_^*)


加賀屋別邸 松乃碧

DSC04555.JPG


全31室 中学生未満は残念ながら泊まれません

おとなのための宿。


DSC05024.JPG


DSC05021.JPG


黒い壁が印象的な玄関


DSC05028.JPG


中へ入ると高い天井、がっしりとした柱が何本もあり重厚な雰囲気


DSC05008.JPG


DSC04563.JPG


DSC04565.JPG


ロビーの大きな窓からは日本海


DSC04990.JPG


DSC04565.JPG


DSC04573.JPG


空と海[iモード]松の碧が美しい風景


DSC04955.JPG


こちらは茶室


DSC04968.JPG


庭側から見た建物


DSC04578.JPG


お茶菓子も松の葉のよう


DSC04584.JPG


石川県出身のパティシエ辻口博啓氏『ル ミュゼ ド アッシュ』の焼き菓子も[揺れるハート]美味しく頂きました。


DSC04988.JPG


DSC04585.JPG


DSC04588.JPG


ショップ 地元の特産品や加賀屋オリジナルの食品などが並びます


DSC05010.JPG


DSC05011.JPG


DSC05009.JPG


DSC04853.JPG


夜はこんな感じ[三日月][ぴかぴか(新しい)]


DSC04856.JPG


DSC04861.JPG


DSC04868.JPG


こちらはBar[バー]


DSC04869.JPG


夜の松もまた良いものです[ぴかぴか(新しい)]


DSC04871.JPG


DSC04873.JPG


DSC04881.JPG


大人のぬり絵 翌朝のお楽しみにしました[目][るんるん][ペン]


DSC05007.JPG



DSC04882.JPG


松乃碧の館内には美術館があり、輪島出身の漆工芸家・角 偉三郎氏の作品が展示されています。


DSC04865.JPG


DSC05029.JPG


DSC05030.JPG


DSC05031.JPG


DSC05033.JPG


〜美術館に泊まる宿〜とサブタイトルが付いている松乃碧

堅苦しさはなく、荘厳な空気が漂っています。


DSC04558.JPG



nice!(39)  コメント(0) 

うら☆うら★友家ホテル [友家ホテル(新潟・大湯温泉)]


友家ホテルへ向かう前に立ち寄った

!ランチ!


DSC02503.JPG


JR浦佐駅から歩くこと6分程


DSC02499.JPG


ひっそり佇む寿司『清鱗(せいりん)』


DSC02500.JPG


次の列車乗り換えまで時間があまりなかったので、事前にお店へ電話[携帯電話]

メニューも決め打ちし、予約をさせて頂きました。



店に到着しましたらすぐに[目]こちら


DSC02505.JPG


海鮮バラちらし[右斜め下]  上はカニ入りちらしです[右斜め上]


具材は種類多くゴロゴロで美味しいです[ぴかぴか(新しい)]


DSC02507.JPG


茶碗蒸しは熱々を出して下さいましたし、他にサラダとお味噌汁、コーヒーも付いたお得なランチ。


DSC02509.JPG


お店の方も優しい雰囲気のアットホームな『清鱗』[揺れるハート]さん


こんなメニューもあるようです(^_-)

DSC02501.JPG



nice!(29)  コメント(1) 

友家ホテル 〜朝食篇〜 [友家ホテル(新潟・大湯温泉)]


夜の間に雨が降ったようで、前日の清流から一変

水かさも増し濁流となってしまいました。

DSC02765.JPG


朝食も客室にて


DSC02766.JPG


DSC02770.JPG


色合い鮮やかで[目][ぴかぴか(新しい)]ひと品ひと品美味しいお料理です


DSC02771.JPG


鮭もふんわり香ばしく焼き上がっています


DSC02774.JPG


DSC02777.JPG


DSC02778.JPG




nice!(27)  コメント(0)