So-net無料ブログ作成
検索選択
みなとや旅館(長野・下諏訪温泉) ブログトップ

みなとや旅館 ~お宿&お風呂篇~ [みなとや旅館(長野・下諏訪温泉)]

 

[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]昼神温泉をレンタカーで出発し、途中 諏訪湖サービスエリアで休憩[喫茶店]

DSC05433.JPG

ここ諏訪湖上では8月のお盆 頃花火大会が行われ、今年は30万人もの人出があったとのこと。                      たまたまテレビでその様子を見ましたが、壮絶な場所取り合戦は相当なものでした(^^;)                   暑い[あせあせ(飛び散る汗)]熱い夏だったでしょうね[爆弾]

DSC05432.JPG

車を乗り捨て、次に特急電車に乗り換え。                                                    私たちが乗った“あずさ”は何号だったろう・・・?

DSC05436.JPG

 

目的地の下諏訪駅に到着。

DSC05440.JPG

ここに描かれているのは諏訪大社。                                                   “御柱大祭”という大柱を曳き摺る荒く勇壮な祭で有名な神社だそうです。

DSC05447.JPG

 

みなとや旅館は旧中仙道沿い、宿場町の面影残る老舗の小さな宿です。

DSC05450.JPG

この道の突き当たりを曲がると、宿や公共のお風呂など数件ありましたが、とても静かな町でした。

 

DSC05451.JPG

 

ここが帳場。                                                                     金田一耕助がやってきそうな風情です。

DSC05457.JPG

客室のある2階へトントンと上がると、部屋が5つ。

DSC05460.JPG

鍵はありません(^_^;)

DSC05458.JPG

外に比べれば少しひんやりとした室内でしたがまだまだ残暑の頃。                                            クーラーの取り付けはありましたがリモコンは見あたらず・・・。                                      扇風機前で涼をとりました。

DSC05464.JPG

 一服した後、早速お風呂にご案内下さるというので、準備をして一階へおりてゆくと                                          玄関を出て裏庭の方へ。  

すっきりと手入れされた庭の中に 玉砂利の敷かれた檜づくりのお風呂。                                        向こうに見えるのは蔵。                                                            何とも日本らしい眺め、外国人にも喜ぶばれるというのも納得です。                                                                                                      

DSC05472.JPG

 順番に呼ばれる貸切方式をとられているこのお風呂ですが、湯船があるのみで                                                       シャワーや洗い場は無く、ポツンと手洗いポンプ式ソープが確認できたのみ(・・;)                          こんなに綺麗なお湯を保つため、石鹸などで乱してはいけないのでしょうね。                                 でも 戸惑いました。。。

戸惑ったと言えば、トイレ洗面。                                                        各客室に無く、2階に1カ所で宿泊者共同。                                             これはなかなか久しぶりの経験でして[猫][たらーっ(汗)]  何とも落ち着かず、                                 今となっては逆に思い出深いです。    ↓

DSC05466.JPG

                                                                                

DSC05537.JPG

食後にもう一度お風呂へ入れておらいましたが、薄明かりがなかなか雰囲気あり                           夜の方がゆったり過ごすことができました。

 

DSC05539.JPG

DSC05554.JPG

みなとや旅館

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みなとや旅館 ~食事篇~ [みなとや旅館(長野・下諏訪温泉)]

 

さぁ夕食[るんるん][目][るんるん]

18時頃だったでしょうか、一階帳場奥に案内され食事処へ。                                       広間になっていて、隣には熟年同窓会の紳士淑女方が来られ 愉しげに過ごされていました。

 

“みなとや”といえば。。。 “馬刺し”[exclamation×2]

                                                                        雑誌dancyuで何度となく目にしたお肉が大輪の花となって目の前に[グッド(上向き矢印)]

DSC05480.JPG

 

 

DSC05491.JPG

 

お品書きや事前の説明は特になく、終始 宿のご主人とおもわれるおばあ様のペースに                          導かれるまま、黙々と食事を頂いたのですが^^

 

DSC05493.JPG

テーブルには ぜんまいなどの山菜、名物の虫[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]料理など、たくさんのお皿が並び

DSC05495.JPG

 

DSC05496.JPG

 

DSC05498.JPG

 

DSC05506.JPG

馬刺しもあの大皿で2人前だったので、それなりにお腹は膨れてきており、                            ただ気づけば 冷たいものしか食べていないような ・ ・ ・

 

そう思った頃・・・

おばあ様がコンロを持って登場。

 

続いて 鍋。 

 

その中にはびっしり馬肉~~~~

すごい量の桜鍋!!

DSC05521.JPG

でも 見事な肉並びを見た途端(*^_^*)闘争心が湧きました。

桜鍋とは たっぷりお出汁で煮るのではなく、お肉の下に玉ネギを敷き詰め                                                          少なめのタレで煮込むすき焼き風なのですね。

DSC05522.JPG

そろそろ 食べ頃[るんるん] 見た感じよりあっさりとしていて ガッツリ頂けました。

 


[曇り][晴れ][ぴかぴか(新しい)]

 

凍り柿

DSC05541.JPG

 

朝食も 山の幸づくしです。

DSC05543.JPG

 

DSC05544.JPG

 

DSC05546.JPG

 

DSC05547.JPG

 

朝に“焼きおにぎり” とは新鮮ですね。

DSC05548.JPG

 焼き魚、卵焼き、サラダ、お豆腐・・・といったいわゆる宿の朝食 という概念をくつがえす                  “みなとや旅館”の食事。

DSC05549.JPG

 

そばの雑炊。

DSC05551.JPG

お出汁がきいて美味しい一品。

DSC05553.JPG

 

無駄のない客室、お風呂、食事、宿の主の雰囲気 すべてにおいて独創的な日本旅館。                                                                             忘れられない滞在となりました。

 

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
みなとや旅館(長野・下諏訪温泉) ブログトップ