So-net無料ブログ作成
検索選択
花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉) ブログトップ

花仙庵 岩の湯 ~お宿篇Ⅰ~ [花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉)]

 

常に一年くらい先まで満室、宿泊した人は次回の予約を入れていくというリピーターが多いこちら『岩の湯』。  私たちも例にもれず、何度かチャレンジして涙をのんだ経験を持つのですが、今回はちょうど空きが出たところだったようで、念願の宿泊となりました。

というよりも[ひらめき]空室が出た日にこちらの予定を合わせていった(^^)といった方が正しいでしょうか。。。

宿のある仙仁温泉へは長野駅から[電車]長野電鉄で須坂駅下車、                         タクシーで15分ほど走った静かな山の中にあります。

 

高まる期待[揺れるハート]

この川を渡ればいよいよ宿に到着です。

DSC05633.JPG

 

DSC05634.JPG

 

DSC05632.JPG

 

チェックイン時 案内されたのは、庭を見渡せるこのテラス。

DSC05575.JPG

 

DSC05580.JPG

抹茶と涼しげなお菓子をいただきます。

DSC05578.JPG

 

DSC05581.JPG

 

DSC05627.JPG

 

DSC05642.JPG

 

宿全体が山の斜面をうまく利用した造りになっていて、                                      ところどころ外気を感じることが出来ます

DSC05623.JPG

 

 落ち着きながらも 温かい雰囲気をもつ図書室

DSC05720.JPG

 

DSC05617.JPG

景色をたのしめる椅子が 敷地内の随所に置かれています

 

DSC05629.JPG

 お土産処

 

DSC05715.JPG

見渡す景色&居心地共に[ぴかぴか(新しい)]最高な[ぴかぴか(新しい)]  こちらも寛ぎの空間です。

仙仁温泉 岩の湯

 

 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花仙庵 岩の湯 ~お宿篇Ⅱ~ [花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉)]

 

お部屋にご案内[目][ぴかぴか(新しい)]致します

DSC05615.JPG

階段や渡り廊下など、変化に富んだ造りになっているため、ズラズラっと客室が並ぶ                        のっぺりとした雰囲気ではありません。                                                     今回宿泊した“仙楽”は離れと呼ばれるタイプでした。

              

DSC05613.JPG

 

DSC05609.JPG

 

玄関を入り、左にお手洗い、左前方の扉はお風呂、その向かいが洗面、                               右手前はお茶場です。

DSC05599.JPG

 

広々とした和室

DSC05597.JPG

 

DSC05587.JPG

お茶菓子のお饅頭は定番として。。。

とうもろこしは なかなか登場しません[わーい(嬉しい顔)][exclamation×2]                                             色も鮮やかで[グッド(上向き矢印)]テンション[グッド(上向き矢印)]上がります。

DSC05590.JPG

 

先程の部屋にもう1つ和室が続いていて、その窓側は板張りのリビングに[いす][ぴかぴか(新しい)]

DSC05598.JPG

椅子の右手にはテレビもあり、気分を変えるのにぴったり憩いのスペースです。

そしてリビング横にはちょっとした書斎[本]

DSC05594.JPG

細長くとられた[iモード][iモード]がイイですね[るんるん]

 

DSC05607.JPG

お茶[喫茶店]コーヒーなど充実。 部屋での寛ぎが重視されています。

DSC05602.JPG

 

 


  

                  [曇り] [夜] 夜 [やや欠け月] [曇り]    

           

DSC05833.JPG

 

DSC05810.JPG

居心地よく 眠るのがもったいない

DSC05812.JPG

穏やかな時間が流れる客室でした[黒ハート][ぴかぴか(新しい)]

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花仙庵 岩の湯 ~夕食篇~ [花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉)]

 

夕食は食事処[クリスマス]景色がのぞめる個室で頂きました。

 

DSC05725.JPG

 

先附 きゅうりのくず煮となすの煮こごり

DSC05739.JPG

 

前菜として 長月の盛り込み

DSC05741.JPG

 

丸なすの田楽

DSC05760.JPG

 

山里のお造り

DSC05756.JPG

 

鮎の塩焼き[ぴかぴか(新しい)][グッド(上向き矢印)]香り高く 美味しい逸品(>_<)[グッド(上向き矢印)]

DSC05746.JPG

 

 窓の外はすっかり夜

DSC05753.JPG

 

 

DSC05768.JPG

 

 

DSC05772.JPG

選べる強肴    石焼きステーキ↑    ↓ 杉の香焼き

DSC05777.JPG

 

朝採りコーンのすり流し[わーい(嬉しい顔)][揺れるハート]これまた美味

DSC05786.JPG

 

南瓜の茶巾蒸し

DSC05788.JPG

 

どのお料理も素材をいかした丁寧な品ばかりで[猫][ぴかぴか(新しい)]嬉しくなりました

 

DSC05792.JPG

 

DSC05795.JPG

 

DSC05800.JPG


部屋に戻ると。。。[夜]

お夜食が

 

DSC05817.JPG

 

フルーツまで[目][三日月] にくい演出に酔いしれる夜でした

DSC05821.JPG

 

 


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花仙庵 岩の湯 ~お風呂篇~ [花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉)]

 

お風呂[いい気分(温泉)] いろいろありました[るんるん]

 

一番の名物 大浴場でもある「岩窟 仙人風呂」

仙仁温泉は平安時代、山伏によって見つけられた温泉で、武田信玄・上杉謙信の隠し湯に                            なったとされています。                                                                     また“仙人”といわれる由来は、洞窟になっている奥行き30メートル程のお風呂、                                  その奥地 湯煙の中、仙人の姿が浮かび上がった・・ところからきているのだとか。

DSC05645.JPG

 

 男女に分かれている内風呂。 

DSC05651.JPG

 

岩窟風呂は男女それぞれ内湯のあるお風呂から入っていき、                                              進んでいくと奥の方でつながっているという造り。                                                        つまりは[たらーっ(汗)]混浴[あせあせ(飛び散る汗)]なのですが、心配は ↓ この湯浴み着によってほぼ解消されます。

DSC05653.JPG

 薄くもなく厚過ぎもしない タオルのようで布のようで(^^)、ホックも数カ所ついており                             きっとみんなが混浴を利用しやすいように研究されたのが[わーい(嬉しい顔)]この湯浴み着なのでしょう。

いざ洞窟へ[手(グー)]                                                                                入ってみると足下は砂の感触。そしてお湯がぬるい[exclamation]                                                少し薄暗く、天井も低い部分がある中、おそるおそる先へ進んでいくと、                                      岩をちょっと登るようなの段差があったり 滝のように湯が落ちていたり、と                                                                      まさに探検(^_^;)[どんっ(衝撃)]                                                                          無事、仙人ならぬ相方の顔を確認できた時はホッと致しました[猫][ダッシュ(走り出すさま)]

いや~ なかなか面白い[いい気分(温泉)][グッド(上向き矢印)]思い出に残る岩窟 仙人風呂です。

 

貸切風呂へ

予約制ではなく、鍵が開いていれば利用可能[るんるん]

こちら「野守の湯」

DSC05655.JPG

脱衣所から階段をおりていくと

DSC05658.JPG

窓が開け放たれ、緑がたっぷり感じられる半露天風呂。

DSC05667.JPG

 

続いて「風姿の湯」

DSC05672.JPG

二種お風呂があり ↑ こちらはジャグジー付き

 

DSC05678.JPG

 

上がったこちらは ↓ 日を浴びて見晴らしも良いお風呂

DSC05680.JPG

 

三番目に入ったのは「夢想の湯」

DSC05690.JPG

二段になった石の湯船がおもしろく、落ち着きのある雰囲気でした

 

DSC05695.JPG

 

 

もし貸切風呂が利用中でも[いす]ハンモック[ぴかぴか(新しい)]があるなど 待つ楽しさがあります

DSC05698.JPG

 

最後に「家族風呂」というのもありました

DSC05706.JPG

かなりコンパクトで、他に比べると長居は出来ない感じでしたが

DSC05709.JPG

 

あ。。。

客室にもお風呂あったんだ(^^;)入る暇なかったけれど

 

DSC05604.JPG

 

 


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花仙庵 岩の湯 ~朝食篇~ [花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉)]

 

 

すがすがしい[ぴかぴか(新しい)][晴れ]朝~

バルコニー席がまだ空いていたので座らせて頂きました。

川のせせらぎを聞きながら[目][るんるん]朝食です

DSC05839.JPG

 

洋食・和食が選べますので 今回もそれぞれを選択。

 

DSC05842.JPG

 

和食にはお浸し、煮物・・・

DSC05846.JPG

焼き魚、卵焼き・・・

DSC05854.JPG

 

DSC05856.JPG

 

蕎麦の実かゆ

DSC05857.JPG

 

ずらりと でも少しずつ[猫]バランスのとれた品々が並びます。

DSC05859.JPG

 

 

こちらは洋食[レストラン]

DSC05861.JPG

 

コーンポタージュ

DSC05863.JPG

 

パンは3種

DSC05866.JPG

 

DSC05867.JPG

 

DSC05876.JPG

 

ヨーグルトには葡萄が添えられた上 蜂蜜も加わります[揺れるハート]

 

DSC05878.JPG

 

コーヒー[喫茶店]

DSC05879.JPG

 

紅茶もありました

DSC05881.JPG

 

お料理・器など 派手さはないのに、一つ一つに工夫があり、美味しく&楽しい                                   充足感ある朝食でした[キスマーク][ぴかぴか(新しい)]

『花仙庵 岩の湯』                                                                         一度訪れると次回の予約を入れたくなる                                           今時珍しくHPも無い中、これ程までに支持される  泊まってみて納得です。                                 施設の充実もさることながら、スタッフの方の自然で程よいサービスが快適[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]                                              いつの日かまた(*^_^*)二度目の訪問をご報告する日が来ればいいな[ぴかぴか(新しい)]

 

 


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
花仙庵 岩の湯(長野・仙仁温泉) ブログトップ