So-net無料ブログ作成
明神館(長野・扉温泉) ブログトップ

明神館 ~お宿篇~ [明神館(長野・扉温泉)]

 

松本駅から車で30分程。                                                                  私たちはレンタカーで 長野の旅[いい気分(温泉)]最終地『扉温泉 明神館』[るんるん]にやってきました。

こちらの宿は1931年創業ということですが、長い歴史を積み重ねつつも                                     平成15年にリニューアルし幅広い世代に癒しの空間を与える宿に進化したようで、                            以前から気になっている宿の1つでした。

標高1050メートル、周囲一帯が八ヶ岳中信高原国定公園に指定されている緑の中にある宿。

 

DSC05969.JPG

 

重厚な雰囲気のロビー。

DSC05971.JPG

 

部屋数は全部で45室、に対して建物は大きい感じがしました。

 

DSC05913.JPG

 

 

DSC05910.JPG

 

DSC05963.JPG

こちらは談話室。

DSC05964.JPG

ハーブティーも用意されていて、テラスでゆったり頂くことができます。

DSC05968.JPG

DSC05966.JPG

 

こちらが泊まった部屋。                                                                 癒し風呂の付いたタイプでしたが、部屋のつくりはオーソドックスな和室。

DSC05919.JPG

リニューアル時につくられた新しいタイプの部屋は埋まっていて、残念でした。。。

DSC05932.JPG

きっと印象がぐっと違っていたでしょうね~。

DSC05938.JPG

 

DSC06060.JPG

扉温泉 明神館

 


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

明神館 ~夕食篇~ [明神館(長野・扉温泉)]

 

夕食のお時間です。

懐石料理・モダン和食・オーガニックフレンチの中から、私たちは懐石を選択。

DSC05978.JPG

食事処「観望」の個室で頂きました。

DSC05979.JPG

 

先付の玉蜀黍よせ

DSC05987.JPG

 

無花果胡麻かけ 京がんも は“涼風菜”として登場

DSC05994.JPG

 

椀ものは 揚げ豆腐。

DSC06003.JPG

 

 

DSC06010.JPG

 

お造りは 岩魚、信州サーモン そして 鯉

DSC06012.JPG

 

素敵な器が登場[目][ぴかぴか(新しい)]蓋を開くのが楽しみです

DSC06014.JPG

中には 松本小山牛の豆乳ソースがけ

DSC06018.JPG

 

ここで夏野菜の八寸                                                                   *隠元利休煮、小茗荷田楽、焼きエシャロットなど*

DSC06023.JPG

 

鮎の塩焼き

DSC06027.JPG

 

DSC06032.JPG

 

DSC06036.JPG

 

DSC06039.JPG

 

枝豆ご飯にじゃこ有馬煮

DSC06045.JPG

 

DSC06047.JPG

 

香物が色鮮やかに6種

DSC06053.JPG

 

デザートにも様々な果物が[バー]

DSC06057.JPG

 

多くの季節感ある食材を用いたお料理は、器や盛りつけも工夫されていて                                          目でも楽しめるものばかり。量が多すぎず[猫]助かりました。

仕切られた個室だったので落ち着きはありましたが、一枚目の写真のような景色は                                   望めなかったのが少々残念。。。でしょうか。

 

部屋に戻るとお夜食の差入れが[るんるん]

十分満たされたはずのお腹ですが、これはまた別腹(^^)?有り難いお心遣い[ハートたち(複数ハート)]頂きます。

DSC06067.JPG

 

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

明神館 ~お風呂篇~ [明神館(長野・扉温泉)]

 

 

まずは部屋付きの[いい気分(温泉)]お風呂[わーい(嬉しい顔)]

 

“露天”とは言えませんので “癒し風呂付きタイプ”の部屋と呼んでいるのでしょうね。

DSC05925.JPG

屋内ではありますが、窓を開放すれば景色が飛び込み ゆったりお湯に浸ることが出来ます。

DSC05923.JPG

 

DSC05927.JPG

 

DSC05921.JPG

新しいお部屋ではないので 洗面所は普通ですね。

 

 

 ここからは共通のお風呂。。。

DSC05944.JPG

 

立ち湯「雪月花」

DSC05945.JPG

今や明神館の象徴ともなっている ↑ このお風呂。

雑誌などに掲載される時、必ずこの風景が切り取られていると思います。

立った姿勢で腰あたりまで湯に包まれ、渓流のある景色を眺めるのは

無心になれる時間です。夜は特に幻想的[三日月]です。。。

  

 

DSC05949.JPG

寝湯「空山」

DSC05951.JPG

ちょうど他に人がいなくて、すっきり落ち着いた浴場。

DSC05952.JPG

丸太に頭をのせ 寝そべると

こんな ↓ 風景です。

DSC05953.JPG

 

 

DSC06089.JPG

暗くてわかり辛いですが 夜の混浴露天風呂。

なぜか ↑ ここに名前は無いらしい(^^;) どうして?

DSC06090.JPG

 暗い中だったとはいえ、なかなか混浴には・・勇気がでませんで・・

見学で終了してしまいました。

 

他に大浴場「白龍」がありましたが残念ながら[カメラ]写真はありません[たらーっ(汗)]

 

 

DSC06071.JPG


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

明神館 ~朝食篇~ [明神館(長野・扉温泉)]

 

随分のご無沙汰でございます。

何かあった[目][爆弾]?!。。。ということでもなく

ただただ なまけてしまった訳で、はや2月も半ば(>_<)[たらーっ(汗)]

我ながら呆れるばかりですが[猫][あせあせ(飛び散る汗)]

ぼちぼち歩ませて頂きたいと思います。


 

明神館での朝食紹介だけが まだでした。

 

DSC06121.JPG

夕食と同じ食事処にて

DSC06093.JPG

ヨーグルトジュース

DSC06096.JPG

温泉玉子にサラダ

DSC06098.JPG

私だけ 好物~(^^;)[るんるん]納豆[グッド(上向き矢印)]

DSC06099.JPG

 

DSC06100.JPG

こうして今振り返ると

朝から盛り沢山[ぴかぴか(新しい)]何品目あるのでしょうか

DSC06105.JPG

 

DSC06107.JPG

お腹もたさしく満たされ 頭も冴えてきそうな朝食のおかずたちだったのですね[ひらめき]

DSC06112.JPG

 

DSC06117.JPG

 

DSC06119.JPG

 

信州の旅 ようやく終わりを迎えました(*^_^*)[あせあせ(飛び散る汗)]

次回はもう少し早くご案内出来ればな[揺れるハート]と思っております。

その日まで お待ち頂ければ幸いです[猫][手(パー)]

 

 

 

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
明神館(長野・扉温泉) ブログトップ