So-net無料ブログ作成
検索選択
リバーリトリート雅樂倶(富山・春日温泉) ブログトップ

リバーリトリート雅樂倶~お宿篇~ [リバーリトリート雅樂倶(富山・春日温泉)]

“リバーリトリート雅樂倶”

雑誌や旅行誌で目にすることがあり、以前から興味を持っていた宿。

ただ、なかなか名前が覚えられない[猫][あせあせ(飛び散る汗)]と思ったのは私だけでしょうか。

雅樂倶(がらく)もそうですが“リトリート”も耳なじみがない言葉。

【リトリート・・・隠れ家。日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所】 という意味だそう。

岐阜から富山にかけて流れる神通川を目の前にその隠れ家は建っています。

DSC08223.JPG

隠れ家と呼ぶには・・・

DSC08225.JPG

ちと立派すぎる  しかもデザイン性の高い建物ですが

DSC08235.JPG

きっと味わえる非日常に期待が高まります[るんるん]

DSC08236.JPG

天井の高い 広々としたロビーの奥に見えるのが神通川

豊かな川の流れは碧色[iモード] 。。。の筈が

この日はかなりの濁流[目][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]  [雨]大雨が あがったばかりだったのです。

飛騨高山から富山に向かった私たちも、ギリギリまで電車が動くか分からない程の豪雨でしたから

仕方ありません。

DSC08502.JPG

ウエルカムドリンクはお茶・紅茶[喫茶店]コーヒーそしてビール[ビール]からお好みを

DSC08238.JPG

冷えたグラスとおつまみ 嬉しいおもてなし

DSC08241.JPG

DSC08242.JPG

地下1階から地上3階の建物に客室は25。

DSC08243.JPG

DSC08278.JPG

ここからが宿泊したスイートCタイプ1階の114「風沙の間」

DSC08277.JPG

入口 中庭に石彫刻がそびえます

DSC08500.JPG

DSC08244.JPG

和室タイプのこの部屋

DSC08247.JPG

DSC08264.JPG

DSC08274.JPG

とても とても細長くて(^^;)  [足][足][足]走り出したくなる程[足][足][足]

DSC08254.JPG

定員6名で115㎡あるそうです。 二人じゃ ちょっと淋しいですね。

DSC08364.JPG

DSC08357.JPG

DSC08281.JPG

館内散策へ

DSC08284.JPG

SHOP 館内で使用しているアメニティやお土産品が美しく並びます

DSC08332.JPG

DSC08322.JPG

こちらはカフェ

DSC08288.JPG

DSC08333.JPG

2階のライブラリー

DSC08330.JPG

お茶の用意もありました

DSC08324.JPG

ライブラリーからみおろしたロビー

DSC08327.JPG

DSC08337.JPG

神通川第3ダムがそばに見えます

DSC08340.JPG

雨上がりの庭には

DSC08347.JPG

色んな生き物たちの姿も

DSC08341.JPG

DSC08342.JPG

アートを感じる美術館のような佇まいと、一歩外に出れば豊かな緑

この組み合わせが[ぴかぴか(新しい)]リトリート[ぴかぴか(新しい)]かもしれません


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リバーリトリート雅樂倶 ~夕食篇~ [リバーリトリート雅樂倶(富山・春日温泉)]

リバーリトリートでの食事は

フランス料理の西洋膳所または日本料理の和彩膳所。

宿泊料金は一泊朝食付、夕食は別設定で食事内容も三段階あるようです。

DSC08386.JPG

私たちには珍しく西洋膳所を選択。

その理由は、この旅の前日泊が飛騨高山『湯元長座』で純和風料理だったからですね[猫]確か。

DSC08387.JPG

DSC08395.JPG

DSC08408.JPG

DSC08399.JPG

DSC08400.JPG

DSC08404.JPG

DSC08406.JPG

DSC08411.JPG

DSC08414.JPG

DSC08416.JPG

DSC08417.JPG

DSC08419.JPG

DSC08422.JPG

DSC08425.JPG

DSC08429.JPG

DSC08433.JPG

DSC08440.JPG

デザートはワゴンで登場[揺れるハート]好きなものを好きなだけ?!いただけたような・・・

気持ちとは裏腹に、お腹の余裕に限りがありましたが。

DSC08444.JPG

DSC08448.JPG

DSC08450.JPG

私たちがこちらを訪れたのはもう3年程前。

現在は、西洋膳所がフランスでミシュラン三ツ星を維持しているという「ベルナール・ロワゾー・

オガニザッション」と提携したレストラン。

そして日本料理は 京都の名店「祇園さゝ木」プロデュースというから[目]すごい[exclamation]

今一度出かけていかねば[るんるん][ぴかぴか(新しい)]と思っています。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リバーリトリート雅樂倶 ~お風呂篇~ [リバーリトリート雅樂倶(富山・春日温泉)]

水量たっぷりの神通川を眺めながら[猫][あせあせ(飛び散る汗)]

まずは部屋のお風呂をいただきます。

DSC08263.JPG

リバーリトリートではスイートタイプの1階のみ[いい気分(温泉)]天然温泉がひかれているようです。

DSC08261.JPG

大浴場「彩の湯」「雅の湯」は夕食の間に男女入れ替わりになります

DSC08302.JPG

DSC08300.JPG

DSC08297.JPG

DSC08309.JPG

DSC08312.JPG

ゴロゴロした荒々しい赤い石が印象的な露天風呂

DSC08299.JPG

DSC08314.JPG

湯上がりのお休み処も色々工夫されています

DSC08304.JPG

こちらはSPA

NEC_0016.JPG

川に面したゆったり空間

NEC_0017.JPG

露天風呂、ジャグジー、サウナはミストとドライ両方が備えられ

気分を変えてあれこれと。。。ひとしきり楽しむことができます[いい気分(温泉)][るんるん]

NEC_0018.JPG


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

リバーリトリート雅樂倶 ~朝食篇~ [リバーリトリート雅樂倶(富山・春日温泉)]

朝食は洋食・和食から選べましたので[るんるん]もちろん両方を。

ただ、現在は和食だけになっている?!とか。

DSC08476.JPG

DSC08479.JPG

DSC08495.JPG

DSC08498.JPG

DSC08477.JPG

DSC08482.JPG

DSC08484.JPG

DSC08487.JPG

DSC08492.JPG

白海老が登場するあたりは富山らしいですね

DSC08494.JPG

DSC08488.JPG

チェックアウト後 帰路についたのですが[電車]

早速駅弁をGET[目] 

やはり白海老(*^_^*)

DSC08518.JPG

DSC08526.JPG

DSC08519.JPG

ます、カニ、白海老かき揚げ、ホタルイカなど海の幸が詰まって800円[グッド(上向き矢印)]

駅弁にしてはお得ですね

DSC08523.JPG


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
リバーリトリート雅樂倶(富山・春日温泉) ブログトップ