So-net無料ブログ作成
石山離宮 五足のくつ(熊本・下田温泉) ブログトップ

五足のくつ ~お宿篇~ [石山離宮 五足のくつ(熊本・下田温泉)]

熊本県天草市にある“五足のくつ” 一度行ってみたいナ

でも 天草って・・・[猫][あせあせ(飛び散る汗)]どうやって行くんだろう・・・ 

何度も話が浮かんでは消えていましたが、

実現できました。

DSC08912.JPG

 天草へのアクセスは飛行機、フェリー、車などありますが、

島内では宿からの無料定期便送迎をお願いできるそうです。

私たちは熊本駅からレンタカーという方法を選択、同じ熊本県内ですが

しっかり2時間30分のドライブとなりました。

DSC08913.JPG

 こちらの宿はすべてVillaタイプで、2002年オープンしたA6棟、B4棟と

今回宿泊した2005年に完成したCタイプ5棟はABのさらに高い位置 山の斜面に建てられ、

上の写真を車で登った訳ですが、実際はもっと急勾配[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]驚きをこえて笑いがこみあげました。

なんとか辿り着いたと同時に、帰りが心配にも[猫][たらーっ(汗)]

DSC08916.JPG

DSC08917.JPG 

1566年キリスト教が伝わったこの地

VillaCのテーマは「キリスト教が伝来した中世の天草」 なのだそうです。

DSC08918.JPG

最初に案内されたのはレストラン 個室になっています

DSC08832.JPG

 海の様子が夕食時 どんな風に変わっていくのか楽しみです。

DSC08835.JPG

DSC08903.JPG

 ここはレセプション“天正”

DSC08902.JPG

DSC08900.JPG

 バーコーナー、書籍やDVDもあり部屋への貸し出しも可能

DSC08905.JPG

DSC08899.JPG

 レセプションから更に上へ

DSC08888.JPG 

 C-3に到着

DSC08889.JPG

 この山に棲んでいるというフクロウがモチーフのルームキー

残念ながら出会えませんでしたが[失恋]

DSC09038.JPG

 玄関を入ると

DSC08891.JPG 

DSC08842.JPG

 広々とした室内は80㎡ほどあり

天井も高く緑に囲まれているためか、8月下旬 外の熱気に反して涼しく感じられます。

DSC08846.JPG

 木の色に赤白のソファとベッドが映えます

DSC08893.JPG

  ↑ 象さん 大変なことになってます。。。

DSC08849.JPG

DSC08885.JPG

一番左は浴衣。 

大柄のグリーンが新鮮で、着ていて楽しくなりました。

DSC08883.JPG

中にあんこが詰まった“よもぎだんご”

こちらはオーナーのお母さんの手作り とのこと。

からだに良いよもぎとお母さんの愛情たっぷり ですね。

DSC08855.JPG

DSC08853.JPG

異国情緒あふれる五足のくつ

次回お風呂篇でも南の島特有の雰囲気をお届けします。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五足のくつ ~お風呂篇~ [石山離宮 五足のくつ(熊本・下田温泉)]

お風呂まわりのご紹介[いい気分(温泉)][ぴかぴか(新しい)]

まずはカラフルな洗面台から

DSC08857.JPG

 2台並び便利な上に 少し色合いも違っていて楽しい気分に[るんるん]

DSC08859.JPG

 バススペースへ

DSC08881.JPG

 ここにも 象さん登場   ↑

DSC08864.JPG

 室内には美しいラインのバスタブはイタリアのものだとか 

シャンプーなどバスグッズもBVLGARIだったっけ[ぴかぴか(新しい)]

DSC08861.JPG

DSC08878.JPG

外に出ると 岩の露天風呂が

DSC08866.JPG

 VillaCの温泉は宿の敷地内 地下450mから湧き上がる自家源泉

一方のA・Bタイプは下田温泉から引いているらしく、部屋選びが一層楽しくなりますね。

DSC08868.JPG

 ゆったり入れる余裕の広さ

日を浴びて、風の音を聞きながら寛ぎの時間を過ごせます。

DSC08871.JPG

 オープンデッキが海側に向かって広く張り出しているのもこのC-3の特徴です

DSC08874.JPG

 ↓ この本は確か 水に濡れても大丈夫なお風呂で読めるビニル製だったはず

DSC08884.JPG

DSC08852.JPG


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五足のくつ ~夕食篇~ [石山離宮 五足のくつ(熊本・下田温泉)]

日が落ちてきて

お腹もいい具合に減ってきました。

夕暮れから夜に向かう東シナ梅を眺めながらの食事timeです。

DSC08931.JPG

 食前酒の梅酒で乾杯[バー]

DSC08935.JPG

DSC08933.JPG

DSC08936.JPG

 地蛸は石焼きにして[ダッシュ(走り出すさま)] レモン 梅肉 塩で 賞味します

DSC08939.JPG

DSC08938.JPG

DSC08941.JPG

DSC08943.JPG

DSC08945.JPG

DSC08948.JPG

 椀物は 渡り蟹の真薯

DSC08953.JPG

DSC08954.JPG

DSC08969.JPG

 お寿司は鰻です

DSC08975.JPG

この地方には体重7Kg近くもあるという日本最大級の地鶏がいるらしい

その名も“天草大王”[わーい(嬉しい顔)][exclamation×2]

DSC08984.JPG

宿の名物料理“天草大王の石焼き鍋”

DSC08981.JPG

 鶏肉を溶岩で軽く石焼きに

そこへ鶏がらスープを注ぎ入れ[あせあせ(飛び散る汗)]蒸し焼きに[るんるん]

DSC08987.JPG

目の前で変化を遂げていく天草大王

ジュワ~~~[るんるん]っと迫力ある音と [目][耳]香り 

食べる前に既に大興奮[どんっ(衝撃)] 

DSC08993.JPG

実際 食べてみると、弾力あるお肉と ジューシーなお味

なぜかVillaCでしか頂けないそうですが、一度お試しください。

他を思い出せないほど[猫]大変インパクトのあるお料理[exclamation] 

美味しかった~

DSC09001.JPG

DSC09012.JPG


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五足のくつ ~朝食篇~ [石山離宮 五足のくつ(熊本・下田温泉)]

朝食は[晴れ]外のテラスで頂きました

DSC09036.JPG

DSC09039.JPG

DSC09040.JPG

DSC09041.JPG

DSC09043.JPG

DSC09044.JPG

DSC09042.JPG

DSC09048.JPG

DSC09049.JPG

DSC09050.JPG

DSC09051.JPG

DSC09052.JPG

DSC09057.JPG

 洋食と和食 

色んな器が並んで 楽しい食事です

DSC09065.JPG

 このお皿は長さも厚みもあり 珍しいモノでしたね

DSC09067.JPG

 鮮やかなピンクはドラゴンフルーツ 

DSC09069.JPG

DSC09070.JPG

DSC09072.JPG

 これらは

天正レストランにある5つの個室入り口にかけられているプレート

DSC09073.JPG

DSC09075.JPG

どれも やさしく愛らしい表情です 

DSC09077.JPG

DSC09079.JPG

DSC09082.JPG


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
石山離宮 五足のくつ(熊本・下田温泉) ブログトップ