So-net無料ブログ作成
江差旅庭 群来(北海道・江差) ブログトップ

江差旅庭 群来 〜お宿・お風呂篇〜 [江差旅庭 群来(北海道・江差)]

どうしても札幌へ行かなければならなくなり、飛行機に乗らないぽこ旦那が選択したのは、往復列車での移動。
道中の詳細については後日(うら☆うらにて)お話するとして・・・ 
札幌での仕事を終えた後、途中2泊しながら東京へ戻ることに。。。
その1泊目が今回ご紹介するお宿『江差旅庭 群来(くき)』。
久々のプライベートひとり旅です[猫][るんるん]
北海道の南西、日本海に面しニシン漁で栄えたこの地。
~押し寄せる鰊の群れ~から「群来」という宿名がきているようです。
江差の街並みとは少し違和感すら感じる建物が登場。
DSC00803.jpg


 
コンクリート打ちっ放しの通路を通って、石を敷き詰めた庭を見ながらチェックイン。
DSC00806.jpg

DSC00498.jpgDSC00502.jpg

部屋数は全部で7部屋と落ち着いた宿。
室内には異なったタイプの椅子がいくつも置かれ、そこから違った景色が楽しめます。

DSC00507.jpgDSC00504.jpg

奥には和室もあります。

DSC00521.jpg

机には「追分こうれん」が置かれています。
なんでも、江差地方の農家に伝わるうるち米を使った手作りのお菓子。
何ともほっとするシンプルなお菓子でした。

DSC00562.jpg

DSC00543.jpg

部屋の外にはベランダがあったので、そこからパチリ[カメラ]
昼と夜 違った雰囲気をご覧下さい。

DSC00554.jpg

DSC00685.jpg

DSC00541.jpg

お風呂は部屋付きのみで掛け流し。
ガラス窓は開かないので、宿の方に“窓が開くと開放的でいいのでは!?”とお話したところ、
冬はかなり寒くなって雪も降るためお湯がぬるくなるので・・本当は開くようにしたいのですが・・・とのこと。 
なるほど納得。
ただ、是非[ひらめき]良策を見つけて頂きたいものです[いい気分(温泉)]

DSC00540.jpg

DSC00536.jpg

DSC00690.jpg

ちなみに、玄関もこんなに広く

DSC00567.jpg

部屋からフロントやお食事処に向かう通路です。

DSC00571.jpg

DSC00576.jpg

部屋着と別にパジャマもあり、清潔感いっぱい。
DSC00565.jpgDSC00680.jpg



nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

江差旅庭 群来 〜夕食篇〜 [江差旅庭 群来(北海道・江差)]

お待ちかね[レストラン]一人での夕食は、食事処にて

DSC00581.jpg

江差の海鮮に加えて、自家農場で飼育されている地鶏や羊がメニューに並びます。
DSC00584.jpg

DSC00589.jpg

DSC00592.jpg

DSC00594.jpg

DSC00599.jpg

こちらはメニューにないお料理です。

DSC00615.jpg

早くも日本酒に突入!

DSC00616.jpg

DSC00622.jpg

やっぱり、鮑は美味しい[グッド(上向き矢印)]

DSC00630.jpg

DSC00635.jpg

こちらがラム。後ろに見える石で焼きます。
マトンとは違って独特の臭いは非常に少なく、とてもやわらかいお肉でした。

DSC00643.jpg

DSC00647.jpg

締めはお茶漬けでサラサラと。

DSC00650.jpg

DSC00660.jpg

食事の後は、バーカウンターにて更にビールを
この日は、私以外1組しかいらっしゃらなかったこともあり、宿の方をお相手に勝手な“温泉宿観”を
偉そうに喋ってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC00667.jpg

バーカウンターからの写真ですが、目の前がチェックインした際の場所です。左側のデスクがフロント。

DSC00671.jpg

こうして、しこたま飲んだ後でも(飲んだから!?)
なぜか食べられてしまうのがお夜食。

DSC00678.jpg



nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

江差旅庭 群来 〜朝食篇〜 [江差旅庭 群来(北海道・江差)]

何をするわけでもなく(ゲームはガッツリしていたけど)

のんびり過ごした翌日の朝は[晴れ]

DSC00694.jpg

DSC00696.jpg

籠を開けると・・・玉子[目]
ご飯にかけて いただきます[るんるん]
DSC00701.jpg


たくさんの小鉢が登場ですが
ボリューム的にはピッタリ程よい感じ。

DSC00709.jpg
普段の生活では朝食を食べない[猫][たらーっ(汗)]ぽこ旦那
旅先ではたくさん食べられるのにね
この日もしっかり食べたはず(妻[わーい(嬉しい顔)]より)

 
DSC00710.jpg

DSC00704.jpg

DSC00714.jpg

DSC00721.jpg

DSC00726.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら★ 江差旅庭 群来 [江差旅庭 群来(北海道・江差)]

チェックアウトから列車出発時刻まで、少し待ち時間があったので、江差の町並みを散歩しました。

“群来” 宿の外観はこんな感じ[目][ぴかぴか(新しい)]
とてもすっきりしているため、かえって斬新です。
DSC00771.jpg
空にはカモメがたくさん飛んでいます。
DSC00729.jpg

海側から少し山側に歩いて行くとそこには江差の町があります。

DSC00735.jpg

その昔、ニシンで栄えた町ですので 建物も当時の面影を残しています。
DSC00732.jpg

DSC00733.jpg

DSC00738.jpg

DSC00740.jpg

DSC00763.jpg

古い建物だけでなく、新たに建てられたものも町の雰囲気に合わせ
全体の景観をたもっているようです。
DSC00744.jpg

DSC00745.jpg

それにしても 人の気配が感じられません。 
たまたまなのでしょうが。
DSC00759.jpg

北海道新聞社の江差支局もこんな感じ

DSC00761.jpg

そして、いつも通り旅の昼食はお蕎麦
DSC00749.jpg

DSC00752.jpg

よっぽどもう一軒行こうかとも思いましたが、断念。。。

DSC00758.jpg

海側に戻ろうとしたらこんなものがありました。
DSC00768.jpg

日本海に翼を広げたように浮かぶ江差のシンボル“かもめ島”

DSC00798.jpg

DSC00775.jpg

とても変わった岩を発見!

DSC00779.jpg
ハチマキをした骸骨さん[目][ひらめき]
瓶子岩(へいしいわ)と言うのだそうです。
DSC00790.jpg

近くには幕末に活躍した“開陽丸”の資料館がありました(開陽丸青少年センター)
DSC00795.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

うら★うら☆ 江差旅庭 群来 〜番外編〜 [江差旅庭 群来(北海道・江差)]

さて、飛行機嫌いのぽこ旦那

どうやって札幌まで行ったか?!・・・ といいますと

DSC00320.jpg
そう なんと寝台列車←そこまでやるか[たらーっ(汗)]
まさに 上野発の夜行列車♪ 19時03分に乗ったのですが、その名は「北斗星」

DSC00328.jpg

「ロイヤル」という北斗星では一番良いクラスを何とか予約できましたが、ビジネスホテルと同じ感じでビックリ。
デスクとベッド(シートにもなる)があります。
DSC00342.jpg

デスクの横はトイレとなんとシャワー
小さいながらも靴を脱げる場所があります

DSC00336.jpg

そして、これがシャワーとトイレルーム

DSC00347.jpg

シャワーはボタンを押すと10分間あたたかいお湯が出てきます。
左側にあるのは洗面ですが、一番上を倒すと洗面になり、洗面を片付けて下の部分を引き出すと
トイレなるという[ひらめき]なんとも優れもの。

DSC00353.jpg

DSC00357.jpg

ワインやお茶などがサービスでついてきます
DSC00368.jpg

食堂車は事前予約制ですが、ディナータイムが終わればパブタイムになり、誰でも利用できます。
DSC00385.jpg
DSC00384.jpg
私はオーソドックスにビールとソーセージを注文。
ちなみに、夕食は駅弁を部屋で食べました。
DSC00411.jpg

アメニティグッズもあって
DSC00395.jpg

ちなみに、ベッドはダブルベッドサイズにも変更可能。
DSC00420.jpg

ゆったりと寝られました[眠い(睡眠)]・・・と、言いたいところですが、ガタンゴトン列車の音&揺れで、
ぐっすりとはいかず、朝6時半頃には函館着。
ホームに出て体を伸ばし、駅弁を購入。
更に札幌までの電車旅は続きます。
そう モーニングコーヒーもついてました。
DSC00427.jpgDSC00443.jpg

こうして、札幌についたのは11時15分。16時間の旅。

札幌からは週末を利用し、翌日は江差で宿泊、翌々日は青森県の浅虫温泉で宿泊して東京へ。
まず、特急スーパー北斗で函館まで
DSC00472.jpg
函館からは特急スーパー白鳥で木古内まで
DSC00483.jpg
木古内からは江差線の各駅停車
DSC00487.jpg

DSC00494.jpg

青森へは再び木古内からスーパー白鳥で青函トンネルを通って向かうことに。
トンネルはあっという間に通り過ぎましたが、なにやら少し不安な気持ちになります。
それとトンネル内は湿度が高いようで、窓には水滴がついていました。
DSC00813.jpgDSC00815.jpg
DSC00816.jpg

ということで、
なんでそこまでして電車に乗るのか・・ 鉄ちゃんか?! という声も聞こえてきそうですが、
それはそれなりに[猫]
貴重な体験ができたかな[ぴかぴか(新しい)]我ながらよく頑張った[手(チョキ)]と、今は満足しております(*^_^*)
皆さんも 一度ご体験あれ[グッド(上向き矢印)]


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
江差旅庭 群来(北海道・江差) ブログトップ