So-net無料ブログ作成
島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉) ブログトップ

島宿真里 ~お宿篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

   [船][ダッシュ(走り出すさま)]

DSC03867.JPG

フェリーに乗り。。。

DSC03857.JPG

向かった先は 小豆島

DSC03871.JPG

オリーブ、 醤油蔵や佃煮屋が軒を連ねる「醤の郷(ひしおのさと)」 、

また映画「二十四の瞳」 近年では「八日目の蝉」のロケ地としても有名になったこの島。

DSC03890.JPG

オリーブ園からの風景

DSC03977.JPG

黒い板壁の醤油蔵 

辺りにはまったりと香ばしい醤油の香りが漂います。

けれど

何よりも私たちを小豆島に惹き付けたのはこちら

[ぴかぴか(新しい)]「味わう、もろみの島宿 真里」[ぴかぴか(新しい)]

DSC03972.JPG

まさに [揺れるハート]一度訪れてみたかった宿[揺れるハート]

DSC04016.JPG

当初は民宿だったそうですが、2000年に旅館としてリニューアル。

全7室の客室 

部屋名は「ひし」「お」「で」「も」「て」「な」「す」 ちょっとへんてこな名前ですが

これには意味が  ~   醤(ひしお)でもてなす  ~

なんともユニークなネーミング[るんるん]

醤油やもろみでもてなされる食事、早くも楽しみです。

DSC03970.JPG

つたない腕前の写真ではお伝えできないかもしれませんが[たらーっ(汗)]

居住性・デザイン・機能性を追求しながらも「島宿」と謳う姿勢は揺るがない小豆島の空気をまとった佇まいが

宿のそこかしかに感じられる[目][るんるん]素敵な造りです。

DSC03966.JPG

DSC03968.JPG

それだけに、なかなか予約が取りづらいのも現実

今回ご縁があったのは「で」のお部屋です

DSC03910.JPG

DSC03912.JPG

DSC03913.JPG

1階に居間、寝室(ツインベッド)、テラス 

2階にお風呂を備えています

DSC03934.JPG

レトロな雰囲気のガラスがはめこまれているのも 変化があっておもしろい

DSC03938.JPG

DSC03906.JPG

DSC03940.JPG

DSC03963.JPG

こちらは宿からの贈り物[猫]

可愛らしいビンに入った香草茶もスッキリと美味しかったです

DSC03961.JPG

庭に張り出したテラスも寛ぎの場所

DSC03942.JPG

居間側から見ても [目]↑   寝室側から見ても↓[目]

DSC03928.JPG

かがんでくぐり抜ける通路(*^_^*) 廊下はあるのですがこのアイデア[グッド(上向き矢印)]

遊び心が心が素晴らしい!

まんまと[わーい(嬉しい顔)]トンネル 何度となく くぐってしまいました。

DSC03921.JPG

DSC03922.JPG

DSC03925.JPG

DSC03927.JPG

愛嬌のある額 ↑ 

DSC03930.JPG

DSC03932.JPG

DSC03917.JPG

DSC04060.JPG

DSC04063.JPG

DSC04064.JPG

DSC04066.JPG

ギャラリー 色んなものが並んでいるのに統一感がある これがセンスの違いなのでしょうね

DSC04067.JPG[目]


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 ~夕食篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

[やや欠け月]お楽しみの夕食[曇り]

食事処へ向かいます。

DSC04018.JPG

「醤油会席」と名付けられた

小豆島産の醤をベースに、瀬戸内で育った海山の幸が盛り込まれた献立は

畑のカモミール酒からスタートです。

DSC04019.JPG

かわいいフグ

絹さやの下に見えるのは、いぎすという海藻をつかった一品 酢味噌がけで

DSC04021.JPG

こちらは芋焼酎ですが[猫][あせあせ(飛び散る汗)]グラスがあまりに魅力t的でしたので ↑ ↓

DSC04022.JPG

小豆島 といえば。。。

DSC04023.JPG

素麺!  しかも生素麺[るんるん] 。。。美味しいです[目][ぴかぴか(新しい)]生素麺

諸味つゆでコクのある味わいに

DSC04025.JPG

DSC04028.JPG

お造り盛鉢には畑野菜がもりもり

珍しい貝があり(写真てっぺん)形も綺麗だったのですが、名前が思い出せない(>_<)

DSC04033.JPG

お造りには島の4種の醤が添えられました

一番右は宿の特製諸味たれ。他は島の醤油蔵からです。

利き酒ならぬ 利き醤油[猫][揺れるハート] 

あぁでもない こうでもない 違いが分かるようで、何度も行ったり来たり味わっているうちわからなくなり。。。

でも 醤油を満喫[グッド(上向き矢印)]なんとも楽しい夕食です。

DSC04027.JPG

こちらは 選べるお料理。

5種ある中から一人1品選びました *部屋タイプによって2品、1品、オプション となっているようです。

DSC04035.JPG

    小豆島オリーブ牛炙り焼き               鯛もろみきのこ焼き

DSC04037.JPG

はぎの塩焼き みぞれ

DSC04040.JPG

黒めばるの諸味八方には新玉葱、春キャベツ、茗荷、葱、木の芽も添えられて

DSC04041.JPG

じゃが芋もろみ田楽はアスパラとともに

DSC04044.JPG

酢の物として 穴子南蛮漬 筍といりこものっています

DSC04046.JPG

締めのご飯

DSC04048.JPG

オリーブの実の土鍋飯

DSC04050.JPG

途中で気分を変えて醤油そしてエキストラヴァージンオイルをご飯に垂らしたり[るんるん]

このオリーブご飯 初めて頂きましたが美味ですよ~

DSC04051.JPG

DSC04052.JPG

フィニッシュは[iモード]青汁のシャーベット[iモード]

色が鮮やかで器ともお似合いです。

手作り感と工夫が溢れたお料理にお腹も心も満たされました。

おもてなしの心[揺れるハート]とても感じられた幸せな時間でした。

DSC04054.JPG


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 ~お風呂篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

この階段を上がれば。。。

     [ひらめき] 

DSC03944.JPG

           [目]

DSC03945.JPG  

   お酒[バー]  ではなく

DSC03947.JPG

お風呂が待っている [いい気分(温泉)][るんるん] 

DSC03948.JPG

“で”客室の2階は この小振りなお風呂があるのみ。

“展望風呂”という開放感はありませんが、自家源泉に先程のお酒を一本ドボドボっと注ぎ

酒風呂を愉しむという 乙なバスタイム[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

DSC03950.JPG

DSC03955.JPG

客室以外に共有のお風呂が2つ

チェックイン時から翌朝5時までは貸切制。

空いていれば札と鍵をかけて入れる予約なしの方法。

DSC04015.JPG

7室しかないので混まないでしょう   と思いきや[たらーっ(汗)]

タイミングが合わないことってあるんですね[もうやだ~(悲しい顔)]

“夕食までに入りたい” 皆考えることは同じなのか、待ちました[あせあせ(飛び散る汗)]かなり。

DSC03999.JPG

DSC04002.JPG

DSC04008.JPG

洗い場・内風呂・露天風呂・ドライヤー 色々揃っているだけに快適に過ごせます

入って納得[猫]

DSC04005.JPG

DSC04006.JPG

 でも やっぱり 

前略 島宿真里 さま[メール]

「各室1回は予約出来る制」を一度ご検討賜りたく[ひらめき] ←スミマセンこだわります(^^;)

DSC04013.JPG

夕食後 ↑ このお風呂から見上げた[やや欠け月][曇り]月 綺麗だったなぁ

*翌朝6時半~9時 2つのお風呂は男女別に割り当てられます


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 ~朝食篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

[曇り][晴れ]

ウッドデッキから見渡すは スッキリ美しく整えられた庭  

DSC04069.JPG

下の写真 右側に写る蔵は客室「ひし」です

DSC04071.JPG

朝食も食事処でいただきます[るんるん]

でも、前夜とは違う部屋。

気分かわってこれまたよろしい(*^_^*) 

DSC04074.JPG

籠の中に様々な器が集まっています

このお味噌が  ↓  美味しくて ついご飯がすすんでしまうのよ。。。

DSC04075.JPG

こちら ↓ 囲炉裏を囲んで 夕食後に果実酒が飲めたと思うのですが、行きそびれてしまい[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

悔いが残ります[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC04076.JPG

また[目]行くことがきっとあると思うから[グッド(上向き矢印)] 

そんな風に思える島宿 真里での充実した時間。

果実酒はまたその時に[バー][ぴかぴか(新しい)]

チェックアウト後

DSC04082.JPG

「寒霞渓(かんかけい)」へ

火山活動によってできた切り立った岩や岸壁が大変珍しく、日本三大渓谷美・三大奇勝といわれていて

新緑そして何より紅葉の時期は一層素晴らしいそうです[目][exclamation]

DSC04089.JPG

ロープウェーからの眺め 圧巻です

DSC04104.JPG

DSC04100.JPG

島宿 真里もこの景色の中に

DSC04101.JPG

帰り道、タクシーの運転手さんの有り難い機転で

ヤマロク醤油という150年続く昔ながらの醤油蔵を見学させて頂いたり

小豆島満喫の旅は終わりを迎えます。

DSC04109.JPG

チェックアウト時に真里さんから頂いた包みを開けてみれば

おむすびが(^^)[黒ハート]

DSC04110.JPG

フェリーで [船] 饂飩と共に  ご馳走様でした。

DSC04113.JPG


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉) ブログトップ