So-net無料ブログ作成
島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉) ブログトップ

島宿真里 ~お宿篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

   [船][ダッシュ(走り出すさま)]

DSC03867.JPG

フェリーに乗り。。。

DSC03857.JPG

向かった先は 小豆島

DSC03871.JPG

オリーブ、 醤油蔵や佃煮屋が軒を連ねる「醤の郷(ひしおのさと)」 、

また映画「二十四の瞳」 近年では「八日目の蝉」のロケ地としても有名になったこの島。

DSC03890.JPG

オリーブ園からの風景

DSC03977.JPG

黒い板壁の醤油蔵 

辺りにはまったりと香ばしい醤油の香りが漂います。

けれど

何よりも私たちを小豆島に惹き付けたのはこちら

[ぴかぴか(新しい)]「味わう、もろみの島宿 真里」[ぴかぴか(新しい)]

DSC03972.JPG

まさに [揺れるハート]一度訪れてみたかった宿[揺れるハート]

DSC04016.JPG

当初は民宿だったそうですが、2000年に旅館としてリニューアル。

全7室の客室 

部屋名は「ひし」「お」「で」「も」「て」「な」「す」 ちょっとへんてこな名前ですが

これには意味が  ~   醤(ひしお)でもてなす  ~

なんともユニークなネーミング[るんるん]

醤油やもろみでもてなされる食事、早くも楽しみです。

DSC03970.JPG

つたない腕前の写真ではお伝えできないかもしれませんが[たらーっ(汗)]

居住性・デザイン・機能性を追求しながらも「島宿」と謳う姿勢は揺るがない小豆島の空気をまとった佇まいが

宿のそこかしかに感じられる[目][るんるん]素敵な造りです。

DSC03966.JPG

DSC03968.JPG

それだけに、なかなか予約が取りづらいのも現実

今回ご縁があったのは「で」のお部屋です

DSC03910.JPG

DSC03912.JPG

DSC03913.JPG

1階に居間、寝室(ツインベッド)、テラス 

2階にお風呂を備えています

DSC03934.JPG

レトロな雰囲気のガラスがはめこまれているのも 変化があっておもしろい

DSC03938.JPG

DSC03906.JPG

DSC03940.JPG

DSC03963.JPG

こちらは宿からの贈り物[猫]

可愛らしいビンに入った香草茶もスッキリと美味しかったです

DSC03961.JPG

庭に張り出したテラスも寛ぎの場所

DSC03942.JPG

居間側から見ても [目]↑   寝室側から見ても↓[目]

DSC03928.JPG

かがんでくぐり抜ける通路(*^_^*) 廊下はあるのですがこのアイデア[グッド(上向き矢印)]

遊び心が心が素晴らしい!

まんまと[わーい(嬉しい顔)]トンネル 何度となく くぐってしまいました。

DSC03921.JPG

DSC03922.JPG

DSC03925.JPG

DSC03927.JPG

愛嬌のある額 ↑ 

DSC03930.JPG

DSC03932.JPG

DSC03917.JPG

DSC04060.JPG

DSC04063.JPG

DSC04064.JPG

DSC04066.JPG

ギャラリー 色んなものが並んでいるのに統一感がある これがセンスの違いなのでしょうね

DSC04067.JPG[目]


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 ~夕食篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

[やや欠け月]お楽しみの夕食[曇り]

食事処へ向かいます。

DSC04018.JPG

「醤油会席」と名付けられた

小豆島産の醤をベースに、瀬戸内で育った海山の幸が盛り込まれた献立は

畑のカモミール酒からスタートです。

DSC04019.JPG

かわいいフグ

絹さやの下に見えるのは、いぎすという海藻をつかった一品 酢味噌がけで

DSC04021.JPG

こちらは芋焼酎ですが[猫][あせあせ(飛び散る汗)]グラスがあまりに魅力t的でしたので ↑ ↓

DSC04022.JPG

小豆島 といえば。。。

DSC04023.JPG

素麺!  しかも生素麺[るんるん] 。。。美味しいです[目][ぴかぴか(新しい)]生素麺

諸味つゆでコクのある味わいに

DSC04025.JPG

DSC04028.JPG

お造り盛鉢には畑野菜がもりもり

珍しい貝があり(写真てっぺん)形も綺麗だったのですが、名前が思い出せない(>_<)

DSC04033.JPG

お造りには島の4種の醤が添えられました

一番右は宿の特製諸味たれ。他は島の醤油蔵からです。

利き酒ならぬ 利き醤油[猫][揺れるハート] 

あぁでもない こうでもない 違いが分かるようで、何度も行ったり来たり味わっているうちわからなくなり。。。

でも 醤油を満喫[グッド(上向き矢印)]なんとも楽しい夕食です。

DSC04027.JPG

こちらは 選べるお料理。

5種ある中から一人1品選びました *部屋タイプによって2品、1品、オプション となっているようです。

DSC04035.JPG

    小豆島オリーブ牛炙り焼き               鯛もろみきのこ焼き

DSC04037.JPG

はぎの塩焼き みぞれ

DSC04040.JPG

黒めばるの諸味八方には新玉葱、春キャベツ、茗荷、葱、木の芽も添えられて

DSC04041.JPG

じゃが芋もろみ田楽はアスパラとともに

DSC04044.JPG

酢の物として 穴子南蛮漬 筍といりこものっています

DSC04046.JPG

締めのご飯

DSC04048.JPG

オリーブの実の土鍋飯

DSC04050.JPG

途中で気分を変えて醤油そしてエキストラヴァージンオイルをご飯に垂らしたり[るんるん]

このオリーブご飯 初めて頂きましたが美味ですよ~

DSC04051.JPG

DSC04052.JPG

フィニッシュは[iモード]青汁のシャーベット[iモード]

色が鮮やかで器ともお似合いです。

手作り感と工夫が溢れたお料理にお腹も心も満たされました。

おもてなしの心[揺れるハート]とても感じられた幸せな時間でした。

DSC04054.JPG


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 ~お風呂篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

この階段を上がれば。。。

     [ひらめき] 

DSC03944.JPG

           [目]

DSC03945.JPG  

   お酒[バー]  ではなく

DSC03947.JPG

お風呂が待っている [いい気分(温泉)][るんるん] 

DSC03948.JPG

“で”客室の2階は この小振りなお風呂があるのみ。

“展望風呂”という開放感はありませんが、自家源泉に先程のお酒を一本ドボドボっと注ぎ

酒風呂を愉しむという 乙なバスタイム[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

DSC03950.JPG

DSC03955.JPG

客室以外に共有のお風呂が2つ

チェックイン時から翌朝5時までは貸切制。

空いていれば札と鍵をかけて入れる予約なしの方法。

DSC04015.JPG

7室しかないので混まないでしょう   と思いきや[たらーっ(汗)]

タイミングが合わないことってあるんですね[もうやだ~(悲しい顔)]

“夕食までに入りたい” 皆考えることは同じなのか、待ちました[あせあせ(飛び散る汗)]かなり。

DSC03999.JPG

DSC04002.JPG

DSC04008.JPG

洗い場・内風呂・露天風呂・ドライヤー 色々揃っているだけに快適に過ごせます

入って納得[猫]

DSC04005.JPG

DSC04006.JPG

 でも やっぱり 

前略 島宿真里 さま[メール]

「各室1回は予約出来る制」を一度ご検討賜りたく[ひらめき] ←スミマセンこだわります(^^;)

DSC04013.JPG

夕食後 ↑ このお風呂から見上げた[やや欠け月][曇り]月 綺麗だったなぁ

*翌朝6時半~9時 2つのお風呂は男女別に割り当てられます


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 ~朝食篇~ [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

[曇り][晴れ]

ウッドデッキから見渡すは スッキリ美しく整えられた庭  

DSC04069.JPG

下の写真 右側に写る蔵は客室「ひし」です

DSC04071.JPG

朝食も食事処でいただきます[るんるん]

でも、前夜とは違う部屋。

気分かわってこれまたよろしい(*^_^*) 

DSC04074.JPG

籠の中に様々な器が集まっています

このお味噌が  ↓  美味しくて ついご飯がすすんでしまうのよ。。。

DSC04075.JPG

こちら ↓ 囲炉裏を囲んで 夕食後に果実酒が飲めたと思うのですが、行きそびれてしまい[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

悔いが残ります[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC04076.JPG

また[目]行くことがきっとあると思うから[グッド(上向き矢印)] 

そんな風に思える島宿 真里での充実した時間。

果実酒はまたその時に[バー][ぴかぴか(新しい)]

チェックアウト後

DSC04082.JPG

「寒霞渓(かんかけい)」へ

火山活動によってできた切り立った岩や岸壁が大変珍しく、日本三大渓谷美・三大奇勝といわれていて

新緑そして何より紅葉の時期は一層素晴らしいそうです[目][exclamation]

DSC04089.JPG

ロープウェーからの眺め 圧巻です

DSC04104.JPG

DSC04100.JPG

島宿 真里もこの景色の中に

DSC04101.JPG

帰り道、タクシーの運転手さんの有り難い機転で

ヤマロク醤油という150年続く昔ながらの醤油蔵を見学させて頂いたり

小豆島満喫の旅は終わりを迎えます。

DSC04109.JPG

チェックアウト時に真里さんから頂いた包みを開けてみれば

おむすびが(^^)[黒ハート]

DSC04110.JPG

フェリーで [船] 饂飩と共に  ご馳走様でした。

DSC04113.JPG


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 其の二 〜お宿篇〜 [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

小豆島『島宿 真里』へ

青い空と海風に惹かれ[揺れるハート]二度目の訪問 ・・・と言ってもぽこねん夫は初めてです・・・[猫]

DSC00214.JPG


DSC00061.JPG

小豆島の特産品 醤油や素麺など[目]充実の品揃え

DSC00152.JPG


DSC00153.JPG


DSC00154.JPG


DSC00149.JPG

ひし お で も て な す 個性豊かな7室からなる『島宿 真里』

DSC00142.JPG

泊まったのは“お”の部屋

DSC00141.JPG


DSC00130.JPG


DSC00066.JPG


DSC00068.JPG

掘り炬燵のある和室

DSC00120.JPG


DSC00122.JPG


DSC00100.JPG

和室を進み 数段下りていくと[右斜め下]

DSC00102.JPG

陽が降り注ぐ洋室[晴れ]

DSC00104.JPG

明るい隠れ家のような楽しげな空間です

DSC00107.JPG


DSC00108.JPG


DSC00093.JPG

メゾネットになっている“お”の客室

DSC00073.JPG

2階には寝室

DSC00071.JPG


DSC00080.JPG

見晴らしの良いデッキもあります

DSC00096.JPG


DSC00127.JPG


DSC00129.JPG


DSC00135.JPG


DSC00137.JPG

タオル類はふわふわ[るんるん][ぴかぴか(新しい)]心地よい肌触りでした

DSC00113.JPG


nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 其の二 〜夕食篇〜 [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

夕食は個室の食事処で

DSC00220.JPG


DSC00221.JPG

[ぴかぴか(新しい)]美しくテーブルセッティング[ぴかぴか(新しい)]

DSC00222.JPG


DSC00223.JPG

                     りんどうとどんぐり[目][揺れるハート]

DSC00224.JPG


DSC00225.JPG


DSC00226.JPG

前回も登場しましたが 愛嬌のある焼酎グラス[目][るんるん]

DSC00227.JPG


DSC00228.JPG


DSC00236.JPG

山の幸 海の幸

DSC00233.JPG

小豆島ならではの生素麺^^

DSC00238.JPG


DSC00240.JPG

この“醤油会席”はきっと何度頂いても美味しさと発見があるはず[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

DSC00255.JPG


DSC00244.JPG


DSC00247.JPG


DSC00251.JPG

地元の色んな食材を少しずつ美しく お醤油で楽しみます[ハートたち(複数ハート)]

DSC00261.JPG


DSC00263.JPG


DSC00265.JPG


DSC00269.JPG

こうして振り返って見ると[カメラ]また出かけたくなる そんなお料理です

DSC00270.JPG


DSC00274.JPG


DSC00276.JPG


DSC00280.JPG


DSC00281.JPG


DSC00284.JPG


DSC00287.JPG


DSC00291.JPG


DSC00294.JPG

お夜食には焼きおにぎり(*^-^*) ご馳走様でした[揺れるハート]

DSC00305.JPG


DSC00307.JPG





nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 其の二 〜お風呂篇〜 [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

客室“お”の内湯は2階にあり

DSC00088.JPG

客室にも里枝温泉が引かれています

そこに[いい気分(温泉)]日本酒(讃岐にある川鶴酒造のお酒)を注いで入るという^^なんと贅沢な[ぴかぴか(新しい)]

DSC00323.JPG

アメニティは小豆島のオリーブ農家“井上誠耕園”のもの 

容器からも伝わるように やさしいつけ心地[揺れるハート]

DSC00325.JPG


DSC00084.JPG

二つある貸切風呂 

チェクイン14時〜翌朝5時までは空いていれば予約なしで利用可能、

朝風呂6時半〜10時は男女固定です。

DSC00160.JPG


DSC00163.JPG


DSC00162.JPG


DSC00165.JPG


DSC00166.JPG


DSC00167.JPG


DSC00169.JPG


DSC00171.JPG


DSC00172.JPG


DSC00176.JPG


DSC00178.JPG

竹林を眺めてゆったり過ごしたい竹の湯の露天風呂

DSC00186.JPG


DSC00189.JPG


DSC00190.JPG


DSC00197.JPG


DSC00195.JPG

どちらのお風呂も内湯・外湯ともに風情があって変化も楽しめます

DSC00200.JPG


DSC00201.JPG


DSC00203.JPG


DSC00205.JPG


DSC00207.JPG


DSC00314.JPG


DSC00320.JPG




nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

島宿真里 其の二 〜朝食篇〜 [島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉)]

朝食も食事処個室で頂きます

DSC00330.JPG


DSC00333.JPG

お品書きを眺めながら 小鉢を楽しみます[るんるん]

DSC00335.JPG

サラダの玉子もほんのり色づいて[猫]

DSC00336.JPG


DSC00337.JPG


DSC00340.JPG

土鍋の胡麻ご飯も美味しかったです

DSC00346.JPG


DSC00343.JPG

茄子の入ったお味噌汁

DSC00348.JPG


DSC00349.JPG


DSC00355.JPG


DSC00356.JPG


DSC00358.JPG

食後のコーヒーは囲炉裏のある談話室で[喫茶店]

DSC00361.JPG


DSC00364.JPG

[いい気分(温泉)]朝温泉の後には^^コーヒー牛乳を[揺れるハート]

また行きたいなぁ 島宿真里へ

DSC00365.JPG




nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
島宿真里(香川・小豆島 里枝温泉) ブログトップ