So-net無料ブログ作成
検索選択
湯宿 草菴(島根・湯の川温泉) ブログトップ

湯宿 草菴~お宿篇~ [湯宿 草菴(島根・湯の川温泉)]

出雲の宿『湯宿 草菴』

JR山陰本線荘原駅から徒歩で約10分、出雲空港からも車で5分というアクセスの良さ。

DSC01123.JPG

色とりどりの雑木林

茅葺きの門をくぐる前から宿への期待が高まります。

DSC01126.JPG

DSC01129.JPG

DSC01132.JPG

“おちらと”とは出雲地方の言葉で“ゆっくりと・のんびりと”という意味だそう

DSC01131.JPG

柚子茶でほっこりと

DSC01133.JPG

DSC01137.JPG

DSC01138.JPG

 こちらが ↑ フロントとレストランがある建物

DSC01139.JPG

DSC01201.JPG

DSC01202.JPG

客室は17室

今回宿泊したのは築120年の古民家を移築した『紫雲閣』

二階に4室、一階の3室には半露天風呂が付いています。

DSC01127.JPG

他に古民家離れ2室等があります。

DSC01144.JPG

DSC01200.JPG

一階『政』

DSC01146.JPG

日本伝統美を感じる格子と欧州アンティーク家具の融合

DSC01148.JPG

DSC01152.JPG

家具や置物ひとつひとつにこだわりを感じます

DSC01153.JPG

DSC01154.JPG

DSC01155.JPG

DSC01157.JPG

たてに長いこの客室の広さは100㎡

DSC01162.JPG

DSC01187.JPG

畳の小さな部屋も

DSC01188.JPG

DSC01190.JPG

DSC01192.JPG

DSC01194.JPG

飲み物も充実しています

DSC01195.JPG

DSC01196.JPG

DSC01197.JPG

DSC01233.JPG

DSC01234.JPG

DSC01236.JPG

紫雲閣一階には共有スペースがあり、客室とは違った寛ぎの時間が過ごせます

DSC01237.JPG

DSC01238.JPG

DSC01239.JPG

DSC01240.JPG

DSC01242.JPG


湯宿 草菴~夕食篇~ [湯宿 草菴(島根・湯の川温泉)]

夕食のお時間です

DSC01243.JPG

DSC01247.JPG

レストラン「すゞ奈」のあるこの建物は、飛騨高山から築111年の古民家を移築したものだそう

DSC01248.JPG

外観も内装も“紅”色が印象的です。

DSC01250.JPG

こちらはフロント

DSC01252.JPG

DSC01249.JPG

DSC01256.JPG

DSC01257.JPG

DSC01261.JPG

うつわDSC01263.JPG

器使いが美しいお料理

DSC01268.JPG

DSC01269.JPG

DSC01271.JPG

DSC01275.JPG

DSC01279.JPG

紅ズワイガニはこんな格好で

DSC01287.JPG

DSC01289.JPG

甘鯛と松茸はトマト仕立てで

DSC01291.JPG

DSC01295.JPG

ローストビーフ

DSC01300.JPG

穴子に湯葉をのせて

DSC01301.JPG

DSC01305.JPG

DSC01306.JPG

私たちが食事をしたのは二階でしたが、こちらは一階。

奥に見える黄色い部屋は、隣接する新しいレストラン棟のようで、

また異なった雰囲気が楽しめそうでした。

DSC01309.JPG

例によって満腹に達してしまったため

デザートは客室にて[いい気分(温泉)][眠い(睡眠)]少し時間をおいてから頂きました。


湯宿 草菴~お風呂篇~ [湯宿 草菴(島根・湯の川温泉)]

客室のお風呂から

DSC01165.JPG

DSC01166.JPG

バスローブ

広々とした浴室スペースには、畳の休み処

DSC01167.JPG

DSC01169.JPG

DSC01171.JPG

DSC01173.JPG

DSC01174.JPG

肌触りのよい石を使った浴槽

DSC01176.JPG

磨り硝子の入った和の建具がとても印象的。

窓を開けていなくても明るく開放感が感じられます。

DSC01179.JPG

群馬・川中温泉、和歌山・龍神温泉と並んでこちら島根・湯の川温泉は

“日本三大美人の湯”なんだとか[目]

とても素敵な響き[耳][ぴかぴか(新しい)]ですが、誰が言い始めたのか・・由来は明らかではないようで・・(^^)

いずれにせよ[ひらめき]入浴にも気合い?!が入ります[猫]

DSC01181.JPG

DSC01207.JPG

大浴場というのはなく、共通のお風呂は貸切形式が6種。

DSC01209.JPG

DSC01211.JPG

DSC01214.JPG

瓢箪型の浴槽

窓にはステンドグラスが[ぴかぴか(新しい)]

DSC01215.JPG

檜風呂

DSC01208.JPG

DSC01216.JPG

漆風呂

DSC01206.JPG

DSC01219.JPG

DSC01220.JPG

DSC01222.JPG

こちらは来待石という松江市宍道町来待地区で産出される石を使ったお風呂で、

壁には瓦が埋め込まれ、洗い場は少し洋風な雰囲気。

DSC01227.JPG

DSC01229.JPG

DSC01231.JPG

DSC01232.JPG

DSC01308.JPG

[やや欠け月]の部屋風呂  手持ちのスマホで音楽を[るんるん]

気分が変わってよいものです。

DSC01316.JPG


湯宿 草菴~朝食篇~ [湯宿 草菴(島根・湯の川温泉)]

朝食も『すゞ奈』にて 

DSC01317.JPG

一階の様子

DSC01335.JPG

昨夜と同じく二階の席へ向かいます

DSC01334.JPG

吹き抜けになっています

DSC01333.JPG

DSC01331.JPG

DSC01319.JPG

色とりどりの器が並び

DSC01325.JPG

ご飯は十穀米だったでしょうか

DSC01326.JPG

一品一品丁寧さが感じられるお料理です

DSC01328.JPG

DSC01329.JPG

DSC01330.JPG


うら☆うら★ 草菴 [湯宿 草菴(島根・湯の川温泉)]

山陰の旅

最後に向かった先は

 ゲ [目] ゲ  [目]  ・・・  [足]

DSC01346.JPG

ゲゲゲのゲ~~~[るんるん]   [ひらめき]

DSC01347.JPG

JR境線『鬼太郎列車』[電車]

DSC01350.JPG

DSC01352.JPG

米子駅ホームに鬼太郎が・・・ [exclamation&question] 天井には一反木綿

DSC01357.JPG

なんかもう既に(^^;) わくわくしています

DSC01355.JPG

『ねずみ男列車』    

DSC01360.JPG

ねずみ男さん 壁に シートに 天井に  盛り沢山です。

DSC01362.JPG

DSC01369.JPG

米子から境港までの16駅には愛称として妖怪駅名が[ひらめき]

実際の駅名は( )括弧書きで控えめに(^^)

DSC01370.JPG

DSC01374.JPG

DSC01377.JPG

境港駅に到着。

目玉おやじとねこ娘列車もあるのですね[グッド(上向き矢印)]

DSC01378.JPG

DSC01380.JPG

水木しげる先生を囲んで

DSC01384.JPG

DSC01382.JPG

ポストの上にも

DSC01385.JPG

駅から一歩出た途端 妖怪達が迎えてくれる

DSC01391.JPG

DSC01392.JPG

境港駅から800m続く水木しげるロードの両脇にあるブロンズ像は153体

DSC01394.JPG

サイズや形状も様々 表情豊かな妖怪についつい魅入ってしまいます

DSC01396.JPG

DSC01400.JPG

DSC01403.JPG

雨上がり[曇り][雨]どんよりとした空模様はまさに妖怪日和

古い町並みに妖怪が溶け込んでいます。

DSC01405.JPG

DSC01407.JPG

かわいいぬりかべさん ↑ ↑ ↑

橋のたもとに佇むは・・・  [目][ひらめき] リアル鬼太郎?!

DSC01408.JPG

DSC01460.JPG

出没情報あり。

まず鬼太郎に会っちゃった[猫]  記念撮影にも[カメラ]無言で快く応じてくれました。

DSC01414.JPG

DSC01415.JPG

裸足の鬼太郎

DSC01417.JPG

下駄。。。  脱げちゃったのね

DSC01418.JPG

DSC01419.JPG

DSC01420.JPG

出玉おやじさん  小さくて可愛かった。

DSC01422.JPG

DSC01423.JPG

DSC01424.JPG

DSC01425.JPG

DSC01427.JPG

一反木綿   必死に張りついてます

DSC01428.JPG

DSC01429.JPG

握手しましょうか  ねずみ男さん 

DSC01433.JPG

DSC01437.JPG

ロードからちょっとそれて お昼休憩を

DSC01445.JPG

DSC01453.JPG

DSC01454.JPG

DSC01455.JPG

DSC01457.JPG

DSC01459.JPG

DSC01464.JPG

DSC01465.JPG

DSC01466.JPG

かわいらしい下水道のふた  

DSC01467.JPG

DSC01468.JPG

DSC01469.JPG

DSC01474.JPG

妖怪神社

DSC01477.JPG

DSC01478.JPG

街を見守る目玉外灯

DSC01479.JPG

鬼太郎ポリス

DSC01481.JPG

タクシーにも目玉。

水木しげるロードは行きと帰り、道の反対側を歩くことでブロンズ像の他にも

かなりの発見があります。

そして最後に出会えた[グッド(上向き矢印)]砂かけばばあ[るんるん]

DSC01480.JPG

電車をひっそり見送ってくれた姿が 何ともイイですね~[黒ハート]アリガトウ[黒ハート]砂かけ婆~~~

DSC01483.JPG

ひっそりとした境港の町に、あんなにもたくさんの妖怪が潜んでいる

賑々しさがない雰囲気がかえって印象に残る水木しげるロード

とても楽しい1日でした[揺れるハート]


湯宿 草菴(島根・湯の川温泉) ブログトップ