So-net無料ブログ作成
検索選択
音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉) ブログトップ

合歓のはな ~お宿篇~ [音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉)]

宮崎に行ったことはあるものの、宿泊はこのときが初めて[いい気分(温泉)]

色々調べた中で、お料理とおもてなしが評判の『合歓のはな』へ行ってみることに。

DSC04748.JPG

昨年の蒸し暑い夏の日でしたが、こうして写真を見るとさわやかな雰囲気です

DSC04752.JPG

DSC04755.JPG

チェックインしたラウンジ

DSC04756.JPG

自然の光をたっぷりと取り込んだ落ち着いた木造の空間です

DSC04759.JPG

DSC04760.JPG

DSC04761.JPG

たくさんの本と暖炉

秋から冬にかけても居心地が良いのでしょうね[本][ぴかぴか(新しい)]

DSC04762.JPG

DSC04766.JPG

お菓子はぴーかんなっつ

DSC04768.JPG

DSC04847.JPG

さぁお部屋へ

DSC04848.JPG

客室は離れが10室のみ

DSC04845.JPG

DSC04775.JPG

DSC04777.JPG

寝室

DSC04778.JPG

リビングは段差を設けて変化をつけた構造[ぴかぴか(新しい)]

お洒落なのですが油断するとちょっと危ないので、お子さん連れにならば他のタイプが

よいのではないでしょうか。

DSC04785.JPG

緑が眩しい寛ぎの客室です

DSC04791.JPG

DSC04795.JPG

こちらは長いテーブルになっていて、手紙を書いたりブラインドを開けて外を眺めたり[るんるん]

DSC04796.JPG

こちらも[目]寝室

2ベッドルーム4人でゆったり過ごせます。

DSC04799.JPG

DSC04802.JPG

DSC04804.JPG


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

合歓のはな ~夕食篇~ [音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉)]

合歓のはな

食事はレストラン“BASARA”にて

DSC04849.JPG

DSC04919.JPG

DSC04853.JPG

清流をのぞむ個室となっています

DSC04854.JPG

DSC04855.JPG

DSC04857.JPG

創作料理のお献立

DSC04858.JPG

利休饅頭  胡麻をまとった牛肉ぞぼろ入りの饅頭は、お出汁に浸っています

DSC04860.JPG

DSC04864.JPG

そうめん流しをこのスペースで上手に表現されています[ぴかぴか(新しい)]

DSC04868.JPG

お吸い物にライチ[目][exclamation] 意外な組み合わせですが、これがなかなか[るんるん]

宮崎県ではマンゴーに続く特産果樹としてライチの生産に力を入れているそうです。

DSC04874.JPG

DSC04876.JPG

DSC04878.JPG

宮崎の伝統野菜“佐土原茄子”

アメリカンドッグ風に登場です

DSC04883.JPG

DSC04886.JPG

宮崎牛は石焼きで

DSC04892.JPG

お肉につけるのは“戸村のたれ”。

某ケンミンSHOW[TV]でも紹介されたという宮崎県民が愛してやまない焼肉のたれ

宮崎での売上シェアは50%を超える?!とか。

取り立てて特徴があるわけではないけれど(*^_^*)癖になる美味しさが忘れられず[揺れるハート]

やっと探した関西にあるアンテナショップで購入致しました。

調味料としても活用できますよ。

DSC04895.JPG

DSC04898.JPG

冷やした南京蒸しにはイカも入っていました

DSC04903.JPG

とろろ飯 さっぱりサラサラ頂けます

DSC04911.JPG

ケーキにろうそく 

誕生日間近だったもので。。。お心遣い感謝致します(T_T)[黒ハート]

スタッフの皆さん、お顔を出して下さった料理長まで“合歓のはな”は親切であたたかい方ばかり。

お料理の美味しさと共に印象に残る夕食となりました。

DSC04913.JPG

DSC04922.JPG

お夜食におにぎり  横にあるのはデザート時に食べきれなかったコーヒーゼリーです。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

合歓のはな ~お風呂篇~ [音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉)]

合歓のはなは全室露天風呂付

DSC04807.JPG

内風呂もあり

DSC04809.JPG

DSC04812.JPG

猪八重渓谷の原生林と清流が見渡せる露天風呂

DSC04825.JPG

DSC04814.JPG

DSC04818.JPG

ハンモックも吊られていて ちょっとしたミノムシ気分を味わえます[猫][るんるん]

DSC04827.JPG

DSC04833.JPG

DSC04836.JPG

洗面も2つあって便利

DSC04837.JPG

DSC04840.JPG

DSC04842.JPG

スコールのような雨も降りましたが[雨][霧]これもまた一興

大雨も似合う風景でした。

DSC04843.JPG


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

合歓のはな ~朝食篇~ [音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉)]

大雨が降った翌日 

晴れ渡った朝です[晴れ][ぴかぴか(新しい)]

DSC04931.JPG

DSC04932.JPG

DSC04933.JPG

DSC04935.JPG

DSC04937.JPG

DSC04943.JPG

和食には[目]宮崎の郷土料理 冷や汁

DSC04945.JPG

DSC04946.JPG

魚は二種  野菜もサラダや煮物など 器がたくさん並びます

DSC04947.JPG

DSC04948.JPG

DSC04949.JPG

こちらは洋食[レストラン]

DSC04953.JPG

三種のパン

DSC04952.JPG

野菜のテリーヌ[るんるん]好きなのです

DSC04956.JPG

オムレツも具だくさん

DSC04958.JPG

DSC04959.JPG

冷や汁[猫]せっかくなのでご飯にかけて味見させて頂きました[揺れるハート]

DSC04962.JPG

DSC04972.JPG

朝食も美味しく、終始温かいおもてなしを感じた合歓のはなの滞在でした。

DSC04968.JPG

DSC04969.JPG


nice!(21)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら★合歓のはな [音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉)]

南国ムード漂う[晴れ]宮崎駅

DSC04586.JPG

DSC04587.JPG

ユニークなルックスや趣向で多種多様な観光列車でも有名なJR九州[るんるん]

この日私たちが乗車したのは[電車]宮崎から南郷までを走る“海幸山幸”

DSC04591.JPG

DSC04590.JPG

車内で食べようとプリンを買い込んで[わーい(嬉しい顔)]ホームへあがりました。

DSC04622.JPG

こちらが海幸山幸[目][exclamation]

車両に木が貼られているなんて珍しい[グッド(上向き矢印)]

DSC04617.JPG

DSC04639.JPG

車掌さんの帽子をかぶって記念撮影もできますよ[カメラ]

DSC04612.JPG

ブルーの海幸車両

DSC04602.JPG

どこかで感じたことのある車内の雰囲気

それは、以前乗ったことがある富士登山電車と同じ水戸岡 鋭治さんデザインの車両だったから。

“ななつ星”にはいつか乗れるのだろか(*^_^*)[揺れるハート][たらーっ(汗)]

DSC04606.JPG

DSC04616.JPG

展示されている宮崎郷土の玩具、車両の外装・内装ともに地元の飫肥杉が使われていて

温もりを感じる空間に仕上がっています。

DSC04607.JPG

DSC04627.JPG

DSC04629.JPG

DSC04640.JPG

DSC04625.JPG

DSC04637.JPG

DSC04626.JPG

DSC04628.JPG

赤が山幸車両

DSC04638.JPG

記念スタンプも押してみました。

車内では“山幸彦と海幸彦”という『記紀』に記された日本神話の紙芝居も乗車スタッフによって披露されます。

DSC04601.JPG

海と山の魅力を楽しむ車窓からの風景

こちらは“洗濯板”と呼ばれる青島付近の海岸線に見られる波状の岩です。

DSC04655.JPG


nice!(22)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら★合歓のはなⅡ [音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉)]

海幸山幸を下車し[足]ちょっと観光を

DSC04669.JPG

DSC04670.JPG

NHK連続テレビ小説の舞台にもなった飫肥

DSC04672.JPG

DSC04673.JPG

DSC04674.JPG

食べ歩き町あるきMAPなるものがあり

これを600円で購入し[右斜め下]MAPにある中から5カ所 好きな店で提示すると記念の商品が頂けるというもの。

まさに町を散策しつつ地元の名物を賞味しましょうという飫肥を知る企画です。

DSC04675.JPG

DSC04677.JPG

曇り空で涼しそうに見えますが、この日の宮崎はものすごい湿度でムシムシ[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]蒸し暑かった[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC04681.JPG

DSC04682.JPG

DSC04685.JPG

しあわせ杉[黒ハート](幸せ過ぎ?!) パワースポットだそうです[ぴかぴか(新しい)]

DSC04686.JPG

DSC04688.JPG

DSC04689.JPG

DSC04690.JPG

宮崎の郷土料理“おび天”

DSC04691.JPG

歴史を感じる店構え

DSC04692.JPG

ほんのり甘い 食感もやわらかなお味です

DSC04694.JPG

DSC04696.JPG

DSC04699.JPG

DSC04700.JPG

厚焼玉子

こちらも甘めの味で ちょっと固めのプリンのような噛み応え

DSC04702.JPG

DSC04703.JPG

素朴な雰囲気『菓子工房わかば』は、出て下さったお店の方も朗らかで

美味しいマドレーヌは食べ飽きないお味だと思います[るんるん]

DSC04704.JPG

DSC04706.JPG

ここでもおび天を食べ比べ

先程の店よりも、しっかりと揚がった色合い

DSC04711.JPG

DSC04707.JPG

最後に食堂『松万』

店内には地元のお客さんが結構来られていて、定食などメニューも多数。

こちらでチケットと交換できるのは“串さしから揚げ”

DSC04709.JPG

待つこと10分程 熱々のから揚げは大きさもあり[猫]美味しかったです!

飫肥に別れを告げ[手(パー)]

DSC04712.JPG

合歓のはなの最寄り駅である北郷へ。

迎えに来て下さった車で宿へ向かいますが、チェックインの前に

猪八重渓谷を少し歩いてみることにしました。

五重の滝・流合の滝・岩坪の滝など20数カ所の滝群が点在、

また一定の気温と湿度が保たれていることから苔の宝庫となっている渓谷で

森林浴効果が高いことから“森林セラピー基地[iモード]”の認定を受けているのだそう。

DSC04718.JPG

DSC04721.JPG

DSC04722.JPG

DSC04724.JPG

DSC04725.JPG

DSC04726.JPG

ここからは携帯電話が通じません・・・こう書かれるとちょっとドキっとするものですね。

気をつけて歩いて行こう と思います。

DSC04728.JPG

DSC04729.JPG

DSC04730.JPG

渓谷のヒーリング効果をもかき消してしまう程の暑さだったこの日[あせあせ(飛び散る汗)]

あまり無理をせず、程々で引き返しました。

DSC04732.JPG

DSC04735.JPG

DSC04739.JPG

DSC04741.JPG

DSC04742.JPG

DSC04747.JPG


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
音色香の季 合歓のはな(宮崎・北郷温泉) ブログトップ