So-net無料ブログ作成
検索選択
玉峰館<New>(静岡・峰温泉) ブログトップ

玉峰館<New>~お宿篇~ [玉峰館<New>(静岡・峰温泉)]

 大晦日の熱海駅

一年の締めくくり[ぴかぴか(新しい)]新年を迎えるためにどこかへ向かう人々で大変な賑わい

そんな中、私たちは新幹線から伊豆急行踊り子に乗り換えて[電車]

DSC06644.JPG

DSC06642.JPG

降り立ったのは河津

DSC06646.JPG

DSC06653.JPG

やって来たのは。。。

DSC06652.JPG

DSC06655.JPG

10年ぶりの[exclamation×2]

前回おじゃました時はこんな感じでした。。。

DSC06656.JPG

DSC06657.JPG

生まれ変わった[ぴかぴか(新しい)]玉峰館~~~~(*^_^*)[グッド(上向き矢印)][ぴかぴか(新しい)]

また来られて嬉しい

DSC06660.JPG

広々とした庭園が新設されるなど2013年にリニューアル。

鬱蒼とした木が茂ったアジアンな雰囲気から→視界がひらけが明るい印象に変わっていましたが

玄関の佇まい そして何よりもうもうと湯気上がる温泉櫓はそのままで嬉しくもありました。

DSC06729.JPG

DSC06769.JPG

ロビーの天井や床の雰囲気は以前のままで、照明・ソファが変わっていましたね。

DSC06672.JPG

DSC06670.JPG

DSC06745.JPG

宿の中から見たお庭。この土地に前は何があったんだろう??思い出せない・・・

DSC06760.JPG

こちらは二階の休み処

DSC06764.JPG

書籍やお茶の用意もありました

DSC06762.JPG

DSC06818.JPG

一階の売店では福袋の販売も

その中身は<平日1泊朝食付ペア宿泊券に日本酒、猪口、最中etc.で参万円!!> 

DSC06817.JPG

DSC06819.JPG

DSC06727.JPG

泊まったのは本館から小径を挟んだ離れの部屋

DSC06721.JPG

DSC06724.JPG

DSC06679.JPG

DSC06704.JPG

DSC06705.JPG

DSC06706.JPG

DSC06682.JPG

和室とベッドルームに露天風呂が付いたゆったりとした広さのある平屋造り

女性は浴衣が選べましたし[揺れるハート]

DSC06675.JPG

DSC06716.JPG

作務衣もあります

DSC06691.JPG

冷蔵庫の飲み物は無料

DSC06693.JPG

コーヒーマシン[喫茶店]おやつも付いていて楽しい[るんるん]

DSC06698.JPG

温泉パックをどうぞ というキット。

もちろん試しました[猫][あせあせ(飛び散る汗)]

DSC06715.JPG

見た目 キレイな普通のお手洗いですが

使用中[いす]音楽が流れます~~~~[るんるん]ずっと 

それも結構な音量で(^^) 

慣れましたけどネ  要るか要らないかといえば。。どうかしら[モバQ]


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

玉峰館<New>~夕食篇~ [玉峰館<New>(静岡・峰温泉)]

夕食は[レストラン] 

DSC06751.JPG

ロビー横のワインセラーを通り過ぎ

食事処『旬彩 六感』へ

DSC06756.JPG

素敵なダイニングが出来ましたね[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

夕食時間は二部制でチェックイン時に17時20分or20時から選択

20時までは待ちきれないので[猫][たらーっ(汗)]早い時間に

DSC06834.JPG

DSC06839.JPG

DSC06843.JPG

牡蠣クリーム白和え

DSC06846.JPG

雲丹・いくらジュレ これはたまらない組み合わせ

DSC06850.JPG

渋い雰囲気でありながら きらびやかさもある盛り付け

DSC06856.JPG

尼鯛みぞれ椀[ハートたち(複数ハート)]美味しかった

DSC06870.JPG

お造りの演出 見事です(^^)[やや欠け月][ぴかぴか(新しい)]

DSC06876.JPG

メインを肉料理と魚料理の3種からそれぞれチョイスできるプリフィクススタイルでしたので

二人バラバラ計4種を味わえました。

かますとキノコの幽庵焼(写真上)

DSC06881.JPG

金目鯛の炭焼 桜海老ソース

DSC06882.JPG

葉っぱ[目][右斜め上] 

その上に・・

和牛と聖護院蕪のスープ蒸し 下仁田葱ソース

DSC06885.JPG

DSC06890.JPG

和牛サーロインステーキの藁燻製 すき焼きソース

DSC06897.JPG

ご飯は鯛釜飯

DSC06904.JPG

バナナムース&チョコムース 刺さったアーモンドチュイルも美味しかったな

                 部屋に戻ると[曇り][やや欠け月][曇り]お夜食が   

DSC06968.JPG

客室に備えられた宅配BOXに[目][グッド(上向き矢印)]届けられていました。

右奥の扉が外に面していてそこから入れられたものを、私たちは玄関内にある手前の扉を開けて受け取る。

DSC06975.JPG

年越し蕎麦と稲荷寿司

よい2014年の締めくくりとなりました(*^_^*)[ぴかぴか(新しい)][るんるん]


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

玉峰館<New>~お風呂篇~ [玉峰館<New>(静岡・峰温泉)]

大正15年からこの地で湧き続ける玉峰館が保有する源泉は3本[ぴかぴか(新しい)][かわいい][いい気分(温泉)][かわいい][ぴかぴか(新しい)] 

浴場に美しく満ち溢れる湯は10年前とはいえ大変印象深く、

[いい気分(温泉)]再訪を心待ちにしておりました(^^)/

DSC07045.JPG

二階にある貸切風呂のひとつ『夕凪』

DSC07031.JPG

入口や脱衣所もほぼ以前のまま

DSC07032.JPG

DSC07034.JPG

DSC07038.JPG

草がもっと生い茂って野性的な趣きだったのですが、塀が高くなり草木もスッキリしてしまいましたね。

とはいえ、竹筒から流れ出る湯の雰囲気など やはり心落ち着く好きなお風呂です。

DSC07042.JPG

こちらは客室風呂

DSC06710.JPG

シャワーブースもありまして

DSC06708.JPG

離れには大浴場・貸切風呂とは異なる玉峰館第三の源泉が引かれているそうです

DSC06684.JPG

DSC06687.JPG

貸切の二つ目『光風』

DSC06783.JPG

DSC06785.JPG

貸切風呂は予約制で利用時間は40分。

DSC06787.JPG

庭に面した壁を敢えて低くし、額縁のように景色を切り取っているのでしょうか

照明も抑え気味です。

DSC06790.JPG

DSC06798.JPG

一方 三つ目の貸切風呂『薫風』

DSC06800.JPG

明るくさわやかなイメージ

陶器でできた湯船の形が何とも可愛らしい[るんるん]

DSC06803.JPG

DSC06813.JPG

湯あがりDrink[ビール][バー]こちらもご自由に^^

DSC06906.JPG

男女入替のある『吹花』 ~PM3時~AM1時までは男性・AM6時~AM11時までは女性~

DSC06907.JPG

脱衣スペースは狭いですが

DSC06908.JPG

DSC06910.JPG

岩風呂は広々。

でも前は更に広く[目]25mプールくらいあった気がするのですが・・・思い違いかしら[猫][あせあせ(飛び散る汗)]

DSC06917.JPG

DSC06934.JPG

男女入替のある『風花』 

貸切『薫風』『光風』同様、リニューアルの際に新設されました。

DSC06922.JPG

DSC06926.JPG

もみじがライトアップされ、夜でもゆったりと景色をたのしむことが出来る気持ちの良いお風呂。

ヒバ造りと泉質の関係で足元が滑りやすくなるそうで“転倒注意”の看板が

宿の方から口頭でもご説明頂いたので、有り難くそろそろ歩き[ひらめき]大丈夫でした。

DSC06930.JPG

DSC06931.JPG


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

玉峰館<New>~朝食篇~ [玉峰館<New>(静岡・峰温泉)]

2015[ぴかぴか(新しい)][晴れ][ぴかぴか(新しい)]新年の朝

DSC07000.JPG

目の前にはお節料理

DSC07002.JPG

DSC07003.JPG

清々しい気持ちで

DSC07006.JPG

初まりにお屠蘇を頂き

DSC07025.JPG

DSC07027.JPG

お節料理はこんなにも[目][ぴかぴか(新しい)]美しく

DSC07011.JPG

DSC07004.JPG

一品一品の具材・意味を献立で確認しつつ味わいます

DSC07010.JPG

DSC07014.JPG

DSC07015.JPG

DSC07005.JPG

お若い料理長は「なだ万」で修業後、神楽坂のお店で料理長を経験され今に至るとのこと。

繊細で美しいお料理を生み出すその方ご自身も[猫]ステキでしたよ[るんるん]

DSC07017.JPG

DSC07023.JPG

天城軍鶏のお出汁がきいたお椀も美味しく、良い一年のスタートがきれました。


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら★玉峰館<New> [玉峰館<New>(静岡・峰温泉)]

玉峰館のすぐ裏手にある『峰温泉大噴湯公園』

DSC06743.JPG

大正年15年11月22日以来絶えることなく湧き続ける100℃の温泉は毎分60㍑

DSC06730.JPG

もうもうと湯煙立つのもそのはず

本来は ↓↓↓ こんな風に 地上30㍍まで吹き上げている温泉なのです[exclamation×2]

DSC06739.JPG

現在は周囲への影響を考慮し、吹き上げ口を絞っていて(確かにしぶきが[あせあせ(飛び散る汗)]飛んできました)

1日7回[目][いい気分(温泉)][グッド(上向き矢印)]大噴湯が見学できるような公園になっています。

DSC06737.JPG

温泉を利用した“あったかベンチ”[るんるん]

結構な熱が感じられ[わーい(嬉しい顔)]あっという間に体が温もりました。

DSC06732.JPG

温泉たまごも作れます

DSC06733.JPG

戻りまして こちらは玉峰館のBAR

DSC06965.JPG

DRINK一杯サービスがありましたので、夕食前[ビール]ビールとChina Blue[バー]を注文。

DSC06961.JPG

DSC06959.JPG

もう一度BARへ出かけたのは大晦日午前零時の前[ぴかぴか(新しい)]

新年を迎えるちょっとしたイベントということで、次第に何組かの宿泊者が集まって来ます。

シャンパンとクラッカー[どんっ(衝撃)]でHappy New Year[ー(長音記号2)][るんるん]

クラッカーを鳴らしたのはいつ以来だったかしら(^^)/

DSC06979.JPG

乾杯後 

カイロを頂いて[猫]。。。

DSC06981.JPG

車で5分程[車(RV)]来宮神社へ初詣に連れて行って頂きました。

駐車場から神社まで、夜道ということで宿の方が懐中ライトも貸して下さり

細やかなお心遣いが有り難かったです~[揺れるハート]

DSC06984.JPG

杉鉾別命(すぎほこわけのみこと)を祀ることから杉鉾別命神社とも呼ばれ、古く格式ある神社。

DSC06995.JPG

DSC06993.JPG

境内にある楠は高さ24㍍・幹周り14㍍で樹齢1000年以上

国の天然記念物に指定されているそうですが、その存在感は木の大きさだけではなく

えも言われぬ静かなパワーを感じものでした。

寒い夜でしたが[曇り][満月]綺麗な月と星空のもと[夜]初詣も出来、

河津での年越しは思い出に残ることでしょう。


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
玉峰館<New>(静岡・峰温泉) ブログトップ