So-net無料ブログ作成
検索選択
笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉) ブログトップ

笹屋ホテル<豊年虫>~お宿篇~ [笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉)]

立山黒部アルペンルートの最終地である信濃大町からJR・しなの鉄道を利用し、到着したのは戸倉駅。 

[目][電車]

駅に停車していたのは軽井沢~長野を走る人気観光列車“ろくもん”[るんるん]

JR九州“ななつ星”などをデザインした水戸岡氏による車両。

素敵ですね~[ぴかぴか(新しい)]乗ってみたい[ぴかぴか(新しい)]

DSC08380.JPG

DSC08382.JPG

戸倉上山田温泉[いい気分(温泉)]

駅から宿までは車で5分程。

DSC08383.JPG

DSC08600.JPG

こちらが『笹屋ホテル』

開業は1903年(明治36年)、当時としては珍しくハイカラな“ホテル”と名付けられたそうです。

DSC08602.JPG

DSC08604.JPG

玄関

DSC08385.JPG

こちらはゆったりと広いロビー

コンシェルジュもいます

DSC08557.JPG

DSC08555.JPG

長い年月の間に増改築されてきた笹屋ホテル。

その中でも昭和7年に建てられた数寄屋造りの別棟“豊年虫”

設計は旧帝国ホテルを手掛けた世界的建築家であるフランクロイド・ライトに師事したという

建築家・遠藤新氏によるもので、2003年に登録有形文化財に登録されたそうです。

DSC08556.JPG

DSC08389.JPG

DSC08453.JPG

庭園をのぞむ回廊

DSC08593.JPG

豊年虫は全8室

各部屋に温泉風呂が付き、趣も異なるとのこと。

DSC08402.JPG

泊まったのは「桔梗」

DSC08401.JPG

DSC08400.JPG

3畳の前室

DSC08404.JPG

本間は10畳で、縁側からは坪庭をのぞみます

DSC08398.JPG

DSC08395.JPG

DSC08425.JPG

お抹茶とお菓子を[揺れるハート]美味しく頂きました

DSC08428.JPG

DSC08429.JPG

DSC08430.JPG

DSC08384.JPG

DSC08585.JPG

こちらは豊年虫の二階にあるライブラリー「石楠花」

DSC08587.JPG

中庭を二階から眺めることも出来ます

DSC08589.JPG

DSC08458.JPG

こちらは大浴場そばにある湯上がり処

DSC08459.JPG

DSC08559.JPG

DSC08560.JPG

DSC08532.JPG


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

笹屋ホテル<豊年虫>~夕食篇~ [笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉)]

お待ちかねの夕食は客室にて

[ぴかぴか(新しい)][バー][ぴかぴか(新しい)]

DSC08477.JPG

献立は “鮎”づくし[揺れるハート]

DSC08475.JPG

DSC08479.JPG

DSC08482.JPG

鮎のお吸い物

DSC08484.JPG

DSC08487.JPG

お造りも鮎

DSC08493.JPG

こちらは信州牛 朴葉にのせて

DSC08494.JPG

DSC08498.JPG

梅の甘煮

DSC08496.JPG

『豊年蒸し』

大根に囲まれた鶏肉・筍・フカヒレ等が湯葉で包まれ、上には餅米のような蓋がついた蒸し物。

とても味わい深く美味しい逸品[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

笹屋ホテルには四川料理のお店『杏苑』があり、そういった要素もこの豊年蒸しに生きているのでしょうか。

DSC08503.JPG

DSC08507.JPG

待ってました[目]塩焼き[exclamation×2]

骨がキレイに抜けました。

DSC08512.JPG

DSC08510.JPG

鮎のから揚げ煮おろし

まだ来ますよ[わーい(嬉しい顔)]鮎 昆布じめで

DSC08515.JPG

鮎ご飯

DSC08521.JPG

DSC08522.JPG

DSC08526.JPG

美味しいけど食べきれなかったご飯は、夜食用に握って頂きました。

DSC08538.JPG

鮎づくしを楽しみに笹屋ホテル行きを決めたのですが。。。

実際は[ひらめき]

期待を超える美味しさ[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]

豊年蒸しも印象的でしたし、またこのエリアを旅する際は出かけたくなると思います

鮎が美味しいシーズンに。


nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

笹屋ホテル<豊年虫>~お風呂篇~ [笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉)]

笹屋ホテルのお風呂は自家源泉[いい気分(温泉)]100%かけ流し

こちらは客室風呂

DSC08416.JPG

露天風呂はありませんが、坪庭に面してるためゆったりとした雰囲気

かけ流しの温泉をいつでも楽しめます。

DSC08413.JPG

DSC08408.JPG

DSC08421.JPG

笹屋ホテルの大浴場は二箇所

DSC08462.JPG

木の湯

DSC08465.JPG

DSC08466.JPG

DSC08468.JPG

露天風呂には樽の湯船があり、そこから空を眺めるのも一興[やや欠け月]

DSC08471.JPG

DSC08461.JPG

一方 石の湯

DSC08543.JPG

DSC08546.JPG

内風呂・露天風呂とも名前通りの石造り

DSC08549.JPG

DSC08551.JPG

変化に富んだデザインがとても素敵ですし、湯船によって熱さを変えているなどの工夫もあり

温泉時間をたっぷり味わえます。

DSC08575.JPG

木の湯と石の湯は朝・夕で男女入れ替わりなので、両方入ることが出来ます。

DSC08579.JPG

DSC08580.JPG

DSC08582.JPG


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

笹屋ホテル<豊年虫>~朝食篇~ [笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉)]

[晴れ]

DSC08562.JPG

部屋の外には朝刊とヤクルトが入った籠が置かれていました。

DSC08567.JPG

朝食も部屋でいただきます。

DSC08568.JPG

焼きたての鮭は、身がほんわりして とても美味しかったな[るんるん]

DSC08569.JPG

しじみの味噌汁、とろろ、炊き合わせなど バランスのとれた体に嬉しい朝食。

DSC08570.JPG

DSC08571.JPG

笹屋ホテル豊年虫

積み重ねた歴史もさることながら、お料理が丁寧で美味しい[ぴかぴか(新しい)]良いお宿でした[ぴかぴか(新しい)]


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

うら☆うら笹屋ホテル<豊年虫> [笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉)]

笹屋ホテルをチェックアウト

DSC08607.JPG

宿の車で送って頂いたのですが、駅の少し手前 蕎麦処『萱』で降ろして頂きました。

DSC08609.JPG

DSC08610.JPG

四百年の歴史をもつ『蔵元 坂井銘醸』

酒蔵、資料館、ステンドグラスや陶芸の体験工房などが広い敷地内に点在するひとつが蕎麦処『萱』

茅葺き屋根の建物は築250年の有形文化財

元は酒屋の母屋として使われていたそうです。

DSC08613.JPG

DSC08608.JPG

DSC08615.JPG

『萱』に隣接するおみやげ処『萱の庵』

DSC08616.JPG

日本酒、地元の名産品、そばプリンなどが販売され、利き酒コーナーもありました。

DSC08624.JPG

午前11時 蕎麦処オープン

DSC08626.JPG

生わさびが嬉しい[揺れるハート]

DSC08627.JPG

そばつゆの他にとろろとくるみダレ

DSC08635.JPG

こちら十割

DSC08638.JPG

こちら二八

DSC08639.JPG

慌ただしい予定の中でしたが美味しく頂きました。

DSC08619.JPG

こちらは通りに面した玄関

造り酒屋らしく杉玉が吊されています。

DSC08620.JPG

DSC08641.JPG

戸倉駅からは しなの鉄道で上田まで行き

DSC08642.JPG

DSC08643.JPG

上田といえば真田家

来年の大河ドラマも『真田丸』ありますし、盛り上がりますね。

DSC08647.JPG

上田から北陸新幹線に乗換え飯山へ

DSC08648.JPG

DSC08653.JPG

まだ新しくモダンな雰囲気の駅舎

DSC08655.JPG

DSC08658.JPG

観光案内所、登山グッズのお店もありました

DSC08656.JPG

売店内に“mont-bell” 土地柄ですね。

DSC08657.JPG

次なる地は野沢温泉[いい気分(温泉)]です。


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
笹屋ホテル<豊年虫>(長野・戸倉上山田温泉) ブログトップ