So-net無料ブログ作成
村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉) ブログトップ

村のホテル住吉屋 ~お宿篇~ [村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉)]

信州野沢温泉『村のホテル住吉屋』

DSC08740.JPG

野沢温泉へは北陸新幹線飯山駅からタクシーで20分程

DSC08741.JPG

全13室の建物はホテルというよりも旅館の雰囲気ですが

“ホテルの機能性と湯宿の情緒”をテーマに、ゆったりと愉しんでほしい ということだそうです。

DSC08659.JPG

玄関の正面に鎮座するのは“道祖神”

災厄の進入を防ぐ神とされ、また子供の成長や子宝祈願として祀られるといいます。

毎年1月13日からの三日間盛大に行われる野沢温泉の道祖神祭りは、平成五年に国の重要無形民俗文化財

に指定されています。

住吉屋さんの道祖神は何とも愛嬌のある姿形をしています[揺れるハート]

DSC08927.JPG

DSC08703.JPG

階段をあがり二階へ

DSC08821.JPG

緑が美しい[ぴかぴか(新しい)]と思ったら

この窓にはガラスが入っていません[目] 絵画のようで素敵な演出です。

DSC08705.JPG

DSC08702.JPG

DSC08701.JPG

泊まったのは二階の突き当たり『初雪』

DSC08823.JPG

DSC08666.JPG

窓はあるものの眺望はありません

DSC08665.JPG

温泉饅頭とともに飲む源泉

硫黄の香りしっかりですが[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]体のために 頂きました。

DSC08668.JPG

リス

DSC08672.JPG

DSC08669.JPG

DSC08706.JPG

こちらは一階のロビー

お茶を頂いたり、本を読んだり

DSC08736.JPG

かたつむりのライト    鳥さんは飴を背負っていました

DSC08738.JPG

DSC08815.JPG

DSC08817.JPG

売店には処狭しと色々な土産品が並んでいました

DSC08819.JPG


村のホテル住吉屋 ~夕食篇~ [村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉)]

夕食は二階の食事処で 

DSC08822.JPG

DSC08825.JPG

私たちは二間続きになった部屋の手前で頂き、奥には別のお客さま

DSC08832.JPG

DSC08835.JPG

DSC08838.JPG

こちらが住吉屋名物[目]郷土料理取廻し鉢 

DSC08840.JPG

芋の煮転がし

DSC08841.JPG

芋なます  芋&芋ではありましたが[わーい(嬉しい顔)]料理法・味付け・食感も異なり美味しゅうございました

DSC08842.JPG

きくらげ

追加メニューとして取廻し鉢は他にも色々あるようです[右斜め下]

DSC08856.JPG

DSC08843.JPG

こちらは箸付けの白ダツ

DSC08845.JPG

スズキのあらい

DSC08853.JPG

八寸として茗荷寿司やトマトスープなど

DSC08860.JPG

信州サーモン昆布じめ

DSC08861.JPG

和牛は朴葉にのせて焼きます  味噌をのっけたくなります[るんるん]

DSC08863.JPG

野沢菜

DSC08866.JPG

DSC08873.JPG

丸那須の含め煮は冷鉢で

DSC08880.JPG

揚げ物はとうもろこし糝薯

DSC08883.JPG

生姜ご飯

DSC08884.JPG

野沢菜でご飯をくるむとまた美味しい

DSC08886.JPG

胡麻のブランマンジェ

DSC08890.JPG

地元らしい特色に溢れる美味しい献立でした。


村のホテル住吉屋 ~お風呂篇~ [村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉)]

住吉屋の敷地内2箇所から自噴する90℃の源泉

DSC08707.JPG

風で冷ました源泉はそのままかけ流しに[いい気分(温泉)]

チェックインが少々早かったので、まさにお湯を張っている最中でした[目]

DSC08712.JPG

DSC08709.JPG

DSC08714.JPG

DSC08716.JPG

DSC08718.JPG

DSC08720.JPG

丸いタイルの湯船

そしてステンドグラスが印象的な美しい浴場

DSC08725.JPG

DSC08727.JPG

DSC08728.JPG

透明でなめらかな湯は硫黄の香り[ぴかぴか(新しい)]

何度も入りたくなるお風呂です[るんるん][るんるん]

DSC08731.JPG

DSC08732.JPG

DSC08733.JPG

こちら[右斜め下] 部屋付きのお風呂も温泉[いい気分(温泉)]同じタイルが使われていますね。

DSC08924.JPG

DSC08926.JPG


村のホテル住吉屋 ~朝食篇~ [村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉)]

朝 [晴れ]

DSC08905.JPG

昨晩と同じ食事部屋で頂きます。

選べるドリンクは他に牛乳もありましたが、私たちはそのまま牛乳を飲むのは苦手であり・・・

トマトとりんごジューズに[バー]

DSC08910.JPG

寄せ豆腐に 焼き魚 

DSC08913.JPG

DSC08911.JPG

朝もお野菜は取廻し鉢風に登場します 

DSC08918.JPG

DSC08919.JPG

DSC08914.JPG

温泉卵も美味しいけれど[わーい(嬉しい顔)] 卵焼きの方がもっと好き[るんるん]かな

DSC08922.JPG

ヨーグルト

DSC08916.JPG


うら☆うら★村のホテル住吉屋 [村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉)]

野沢温泉に30余りある源泉のひとつ『麻釜』は90℃を超える湯を毎分約500㍑湧出

DSC08745.JPG

源泉温度や釜の形状が異なる【大釜・茹釜・円釜・竹伸釜 ・下釜】

地元の人が野沢菜をはじめ山野草・野菜を茹でる際に利用するのだといいます。

DSC08747.JPG

DSC08751.JPG

DSC08752.JPG

湯気やプツプツと湯面に湧いてくる様子から 熱湯具合が感じられます[いい気分(温泉)] 

DSC08753.JPG

DSC08756.JPG

 

DSC08758.JPG

 

DSC08762.JPG 

危ないので地元の方以外中には入れませんが、珍しいのどかな光景である麻釜は一見の価値あり

住吉屋のすぐそばです。 

DSC08763.JPG

DSC08764.JPG

麻釜からもう少し高台へあがると足湯もありました。 

DSC08765.JPG

DSC08767.JPG

温泉街に点在する外湯のひとつ『大湯』

DSC08773.JPG

こちらはお土産店『福田屋』 

板張りの広い店内には野沢菜漬やジャムがなどがずらり並びます

DSC08779.JPG

DSC08781.JPG

せいろ蒸しのおやきも販売しているのでひとつ頂いてみることに[るんるん]

DSC08785.JPG

もちもち&熱々!美味しい

DSC08789.JPG

店内のテーブルに腰掛け食べていたところ、しそジュースを味見させてくださいました。

他にコーヒーやジェラートも[喫茶店]あり

フレンドリーでお洒落なお店でした。 



DSC08790.JPG

DSC08793.JPG

こちらも外湯 

DSC08794.JPG

ちょうど利用者がいなかったのでちょっと中を拝見 

DSC08796.JPG

DSC08799.JPG

ここにも道祖神[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

二体が紐で結ばれているのが微笑ましい 。



DSC08803.JPG

DSC08766.JPG

温泉街を一回り散策し、ちょっと休憩を[揺れるハート] 

住吉屋に程近い足湯の向かいにある『なっぱカフェ』 

DSC08809.JPG



店内はかわいらしい飾りとグリーンもいっぱい

ほっこり落ち着く空間には、地元や常連風なお客さんもいらっしゃいました。 

飲み物をテイクアウトにして、向かいの足湯で たのしむ人も[バー]

確かに[目][ぴかぴか(新しい)]ご近所なら通ってしまいそうなお店です。 

DSC08812.JPG 

ビール[ビール]とアイス豆乳ラテを頂きました。 

DSC08810.JPG

 

DSC08814.JPG


宿泊翌朝の麻釜には卵が湯につかっていました
私たちが食べたのもここで出来た温泉卵だったのかしら[るんるん]
 
 

DSC08896.JPG

DSC08899.JPG


散歩がてら『朝市』へ(5~10月の毎週日曜日 朝6~7時半 開催)
野沢菜や地元の特産品がずらり。
途中で雨が降り始めたので[曇り][雨]お土産の野沢菜を買い込み宿に駆け戻りました。 
 

DSC08902.JPG

たくさんの源泉と野沢菜と[雪]冬には雪とスキー、

ちょうど行った時には“マウンテントレイルin野沢”というマラソンレースも開催されるなど 

野沢温泉はのどかな雰囲気の中にも活気が感じられる土地でした。 


村のホテル住吉屋(長野・野沢温泉) ブログトップ