So-net無料ブログ作成
中棚荘(長野・中棚温泉) ブログトップ

中棚荘 ~お宿篇~ [中棚荘(長野・中棚温泉)]

~小諸なる古城のほとり~

島崎藤村が小諸義塾に英語・国語教師として赴任し6年程を過ごしたという土地。

その間に足繁く通ったという温泉宿が『中棚荘』です。

DSC09398.JPG

小諸駅から散策がてらぶらぶら歩きで10分あまり

DSC09399.JPG

途中には小諸城址懐古園、小さな遊園地もありました。

DSC09400.JPG

DSC09402.JPG

中棚荘の入口

DSC09548.JPG

DSC09543.JPG

DSC09530.JPG

こちらでチェックイン

DSC09414.JPG

DSC09416.JPG

DSC09420.JPG

DSC09475.JPG

客室は創業以来110年をこえる“大正館”と、平成に入って増築された“平成館”があり

今回泊まったのは平成館。

DSC09472.JPG

DSC09428.JPG

DSC09437.JPG

和洋室のタイプです。

DSC09438.JPG

DSC09466.JPG

DSC09446.JPG

DSC09458.JPG

部屋からは池がある庭をのぞみます

DSC09560.JPG

ちょっとその庭を歩いてみましょう[くつ][るんるん]

DSC09562.JPG

ウサギがいて[目][揺れるハート]

DSC09564.JPG

部屋から見えた池には鴨が[目][ぴかぴか(新しい)]パシャパシャ

DSC09566.JPG

DSC09551.JPG

玄関の方にまわると[exclamation&question] ヤギ さんまで(*^_^*)[あせあせ(飛び散る汗)] 珍しい~

DSC09547.JPG

いい感じで[わーい(嬉しい顔)]岩場に佇んでいらっしゃいました

DSC09540.JPG

DSC09533.JPG

売店には地元の名産品がたくさん並んでいます

DSC09534.JPG

DSC09535.JPG

DSC09688.JPG

DSC09570.JPG

湯上がりにソフトクリームを

DSC09691.JPG

ラウンジには藤村の次男である島崎鶏二氏が描いたという藤村の肖像画も飾られ、
その他書物も多数本棚に並んでいました。

DSC09557.JPG


中棚荘 ~夕食篇~ [中棚荘(長野・中棚温泉)]

夕食は母屋を出て食事処『草風亭』へ

DSC09579.JPG

DSC09582.JPG

元館とありますので、こちらが元々の宿泊棟だったのでしょうか。

確かに時代を感じる風情ある建物です。

DSC09639.JPG

DSC09584.JPG

DSC09588.JPG

DSC09589.JPG

個室になっていますが、同室でもう一組いらっしゃいました。

DSC09591.JPG

鮪の焼霜

DSC09594.JPG

冷やし湯葉餡かけ

具材は穴子、おくら、人参、かぼちゃ

DSC09595.JPG

DSC09600.JPG

梅肉が中央にのせられた茶碗蒸し

中には百合根、海老、鰻など入っています

DSC09602.JPG

釜焚きご飯には火がつけられています

DSC09601.JPG

こちらのワイン

誕生日の御祝いに頂きました[バー][揺れるハート]中棚荘さま お心遣い恐れ入ります。

DSC09605.JPG

鮎塩焼き

DSC09607.JPG

宿の手打ち蕎麦

DSC09616.JPG

冷製牛肉の湯引き

無花果も添えられ 胡麻ぽん酢で頂きます

DSC09620.JPG

DSC09622.JPG

ご飯炊きあがりました

おこげもあります。

DSC09627.JPG

DSC09629.JPG

デザートはスイカ

DSC09634.JPG

DSC09640.JPG


中棚荘 ~お風呂篇~ [中棚荘(長野・中棚温泉)]

DSC09526.JPG

こちらから外に出て

石段を登っていくとお風呂が二つ。

DSC09476.JPG

奥手にある女性のお風呂『観月の湯』

DSC09478.JPG

内風呂なのですが、脱衣所とお風呂場の仕切りがない 珍しい造り。

これ なかなかイイと思います[いい気分(温泉)][ぴかぴか(新しい)]

DSC09479.JPG

10月~3月の間は内風呂に林檎が浮かべられるそうなのです[揺れるハート]

体験してみたかったな~

DSC09481.JPG

DSC09485.JPG

外に出ると緑に溶け込む岩の露天風呂

DSC09489.JPG

DSC09490.JPG

DSC09491.JPG

DSC09493.JPG

こちら殿方『樹林の湯』

DSC09494.JPG

DSC09496.JPG

内風呂はほとんど同じですね

DSC09498.JPG

DSC09500.JPG

DSC09503.JPG

露天風呂は少し狭いでしょうか

DSC09505.JPG

DSC09509.JPG

DSC09513.JPG

DSC09514.JPG

DSC09518.JPG

DSC09519.JPG

階段の降り口には休憩スペースがありました

DSC09523.JPG

DSC09650.JPG

DSC09525.JPG

DSC09651.JPG

DSC09660.JPG


中棚荘 ~朝食篇~ [中棚荘(長野・中棚温泉)]

朝食も食事処『草風亭』にて

DSC09666.JPG

DSC09669.JPG

DSC09670.JPG

ジュース サラダ 焼き魚

DSC09672.JPG

DSC09676.JPG

温泉卵 湯葉 とろろも嬉しい[るんるん]

DSC09678.JPG

コーヒーはついていませんが、ロビーで温泉コーヒーが注文出来るようです

DSC09692.JPG 

DSC09687.JPG

母屋を抜けて 階段を下りていくと

DSC09686.JPG

『はりこし亭』

築140年をこえる登録有形文化財の建物。

食事処として、時には婚礼の会場として利用されるそうです。

DSC09680.JPG

DSC09684.JPG 

DSC09681.JPG


うら☆うら★中棚荘 [中棚荘(長野・中棚温泉)]

中棚荘をチェックアウト

DSC09709.JPG

小諸駅からは しなの鉄道“ろくもん”に乗車します

DSC09714.JPG

こちら つややかなえんじ色の車体が“ろくもん”

軽井沢から長野までを走る観光列車です。

DSC09716.JPG

列車デザインはお馴染み水戸岡鋭治氏によるもの[電車][ぴかぴか(新しい)]

DSC09740.JPG

DSC09722.JPG

テーブルは広げたり[右斜め下] 畳んだり[右斜め上] 便利な構造になっています。

DSC09831.JPG

DSC09726.JPG

座席指定の列車ですが、フリーのソファや木のボールが満たされた円形プールがあるなど

大人も子供も退屈しません[るんるん]

DSC09830.JPG

日付の入ったプレートを手に、帽子を被って[カメラ][ひらめき]記念撮影も

DSC09741.JPG

DSC09751.JPG

ろくもんには沿線の地元名店が腕を振るう食事付プランと、食事なしの座席指定があります。

小諸から乗車した私たちは座席指定のみでしたので、車内販売の鶏そぼろ&照り焼き弁当を賞味[レストラン]

美味しく頂きました。

DSC09752.JPG

DSC09767.JPG

DSC09768.JPG

DSC09769.JPG

DSC09771.JPG

こちらは食事付プランの客室

DSC09776.JPG

窓に向かって座る席も気持ちよさそうでした[ぴかぴか(新しい)]

DSC09778.JPG

DSC09779.JPG

DSC09759.JPG

途中停車した『田中駅』

DSC09784.JPG

沿線にある しなの鉄道本社を通過する際は、社員の方が総出で手をふりふり お見送りくださいます[わーい(嬉しい顔)][手(パー)]

なんとも嬉しい光景です。

DSC09791.JPG

DSC09803.JPG

ろくもんグッズ

DSC09723.JPG

DSC09804.JPG

DSC09806.JPG

上田駅付近からちらっと見えるは上田城

2016年大河ドラマ『真田丸』の舞台でもあります。

DSC09812.JPG

DSC09826.JPG

DSC09829.JPG

戸倉駅にて『六文銭まんぢう』を購入。

戸倉駅といえば・・・上山田温泉『笹屋ホテル』へ行った際、降り立ちましたっけ。

今回はろくもんに乗れて大満足です[ハートたち(複数ハート)]

DSC09833.JPG

DSC09844.JPG

DSC09841.JPG

 長野駅でろくもんを下車、乗り換え向かったのは妙高高原

次なる宿泊地は『赤倉観光ホテル』です。

DSC09850.JPG


中棚荘(長野・中棚温泉) ブログトップ