So-net無料ブログ作成
検索選択
奥津荘(岡山・奥津温泉) ブログトップ

奥津荘 ~お宿篇~ [奥津荘(岡山・奥津温泉)]

岡山県の温泉宿? と思ったとき

前々から候補に挙がっては、電車&バスの乗り継ぎの加減でちょっと遠いのかな。。と

行けずにおりました奥津荘ですが、

“高速バス”という手がありました[るんるん]

DSC01806.JPG

高速バスの乗り場まで行けば

DSC01815.JPG

あとは座っているだけで

DSC01821.JPG

奥津温泉に到着[目][exclamation]

DSC01845.JPG

バス亭 目の前 道の駅『温泉亭』にて昼食を

DSC01830.JPG

地元の奥様方がこしらえた雰囲気のお料理が並ぶビュッフェスタイルのランチ

DSC01833.JPG

どのお料理も丁寧で美しくやさしい味わい。

おでんやちょいがけカレーがまた嬉しい。

DSC01842.JPG

DSC01846.JPG

道の駅の裏を下りて5分程歩けば

DSC01853.JPG

奥津荘が見えてきました

金田一耕助が下駄で走ってきそうな街並み[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)] 好きなんです[映画]

DSC01855.JPG

静かな通りに趣ある木造建築

DSC01860.JPG

昭和2年に建築され、2004年にリニューアルされたのだそうですが

DSC01861.JPG

窓の格子 つややかな床 家具の配置やあかりも落ち着いていてステキです[ぴかぴか(新しい)]

DSC01866.JPG

DSC01874.JPG

DSC01878.JPG

上の写真にみえる版画

20世紀の美術を代表する世界的巨匠“棟方志功”のもの。

昭和22~28年にかけて度々この地を訪れ、数々の作品を遺したのだそうです。

宿の雰囲気とお似合いですね。

DSC01879.JPG

DSC01881.JPG

DSC02050.JPG

DSC01940.JPG

客室は和室・洋室・離れなど全8室

DSC01924.JPG

今回は離れの部屋

DSC01923.JPG

こちらではなく[わーい(嬉しい顔)][右斜め上]

向かって左手の『聴泉亭』です。

DSC01926.JPG

玄関を入り

DSC01901.JPG

DSC01903.JPG

落ち着いた客室

DSC01895.JPG

鍵が二本あるのは本当に有り難い

DSC01897.JPG

DSC01891.JPG

DSC01890.JPG

洗面所も美しく使いやすいですし、ヒーターがあるので寒い日でしたが助かりました。

DSC01917.JPG

アメニティにも棟方様が[右斜め上]

DSC01909.JPG

DSC01915.JPG

客室は清流 吉野川沿いにあり、立派な大木が突き出ていました。

DSC01920.JPG


nice!(32)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥津荘 ~夕食篇~ [奥津荘(岡山・奥津温泉)]

夕食は 

DSC02005 - コピー.JPG

食事処で頂きます♪

DSC02006 - コピー.JPG

奥津荘での食事は数ある中から選べるのですよ[猫][るんるん]

旬の懐石コース、作州牛のしゃぶしゃぶ、カロリーを一食800キロカロリーに抑えたというヘルシーコース

まだまだあります(*^_^*)

季節限定の 鴨鍋、河豚会席、松茸会席・・・

その中から私たちが選んだのは

DSC02008 - コピー.JPG

好物  ぼたん鍋~[るんるん][るんるん]

DSC02024 - コピー.JPG

DSC02013 - コピー.JPG

DSC02018 - コピー.JPG

DSC02021 - コピー.JPG

DSC02022 - コピー.JPG

DSC02029 - コピー.JPG

DSC02034 - コピー.JPG

過去に食べたことのある丹波篠山のぼたん鍋は赤味噌ベースでしたが

こちらは違いましたね。

DSC02039.JPG

DSC02042.JPG

寒い夜にぼたん鍋と日本酒[ぴかぴか(新しい)] たまりません。

DSC02044.JPG

DSC02048.JPG

 デザートは黒胡麻ムースを頂いた後

ロビーへ移動

DSC02059.JPG

DSC02065.JPG

あたたかな灯りに包まれ 珈琲と紅茶でほっこりと

DSC02067.JPG

DSC02069.JPG

DSC02052.JPG


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥津荘 ~お風呂篇~ [奥津荘(岡山・奥津温泉)]

部屋付きのお風呂は川沿いにありますが姿は見えません。

塀越しにせせらぎを楽しみましょう。

DSC01884.JPG

DSC01927.JPG

こちらは館内にある貸切風呂『川の湯』

予約なしで空いていれば鍵をかけて利用することが出来ます。

DSC01928.JPG

DSC01930.JPG

すぐそばに川をのぞみ、内湯のみですが二面の窓によって明るい浴室内

無色透明の温泉がサラサラと溢れています。

DSC01937.JPG

次は大浴場へ

DSC01942.JPG

DSC01941.JPG

カラフルなタイルの階段を下りていくと

DSC01943.JPG

壁面にもタイル画[るんるん]

DSC01944.JPG

DSC01945.JPG

20時までは『鍵湯』が男性

DSC01946.JPG

DSC01947.JPG

DSC01951.JPG

宿の創業前、このお風呂がある場所は吉井川の川底だったのだそう。

川底から温泉が湧いていた場所に浴槽を造り、そのままお風呂として利用しているという[目]

確かに底からぷくぷくと出てきて[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]湯が溢れ出していきます。

DSC01954.JPG

DSC01970.JPG

続いて『立湯』 20時を境に鍵湯と男女入れ替わります。

DSC01958.JPG

DSC01959.JPG

DSC01960.JPG

鍵湯と同じく底から湯が湧いてきていますが

DSC01964.JPG

立湯というだけあって、一番深いところで120cm[猫][あせあせ(飛び散る汗)]

手すりバーがついていますし、安心してください^^怖くはありませんよ。

むしろ立ったまま&足元からはお湯がプクプク[るんるん]楽しくなってきます。

DSC01965.JPG

DSC01971.JPG

DSC01974.JPG

飲泉もありました

DSC01975.JPG

DSC01977.JPG

こちらはもう一つの貸切湯『泉の湯』

DSC01979.JPG

DSC01981.JPG

DSC01985.JPG

小ぶりなお風呂ですが、ステンドグラスや照明によって湯がきらめき美しいお風呂でした。

DSC01990.JPG

DSC01988.JPG

DSC01996.JPG


nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥津荘 ~朝食篇~ [奥津荘(岡山・奥津温泉)]

奥津荘の朝ご飯 

DSC02074.JPG

純和風の朝食は

あさりのお味噌汁、だし巻き卵・・・

DSC02076.JPG

DSC02078.JPG

湯豆腐[右斜め上]

豆乳茶碗蒸し[右斜め下]

DSC02080.JPG

DSC02082.JPG

美味しそうな牛乳ですが 私たち[ふらふら]飲めないのです。。。ゴメンナサイ[たらーっ(汗)]

DSC02084.JPG

DSC02085.JPG

楽ちん高速バスの往路でしたが。

帰りは津山駅まで出て[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]在来線で岡山[電車]→新幹線へと乗り継ぎました。

DSC02096.JPG

“足元湧出泉[いい気分(温泉)]”に魅了され、また 長い時を重ねつつもお洒落で落ち着いた雰囲気を醸し出すお宿へは

またいつか足を運んでしまいそうです。


nice!(27)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
奥津荘(岡山・奥津温泉) ブログトップ