So-net無料ブログ作成
検索選択
大島温泉ホテル(東京・三原山温泉) ブログトップ

大島温泉ホテル ~お宿篇~ [大島温泉ホテル(東京・三原山温泉)]

熱海から船に乗って45分 伊豆大島へ行きました。

DSC05225.JPG

DSC05223.JPG

大島は東京都大島町(^^)[いい気分(温泉)]初めての東京温泉宿です。

DSC05498.JPG

大島の中心に位置する標高758mの活火山が三原山

その七合目に建つのが大島温泉ホテル。

DSC09890.JPG

DSC09875.JPG

DSC09887.JPG

DSC05350.JPG

結構年季が入った建物ですが、眺望に期待[目][exclamation×2]

DSC05280.JPG

DSC05282.JPG

DSC05290.JPG

DSC05337.JPG

DSC05339.JPG

泊まったのは204号室、2室ある特別客室のうちの一つ。

DSC05294.JPG

和室15畳 広々とした室内

DSC05298.JPG

DSC05304.JPG

広縁からは[目][ぴかぴか(新しい)]雄大な三原山~~~[グッド(上向き矢印)]

圧巻の眺望です[もうやだ~(悲しい顔)]

DSC05306.JPG

DSC05308.JPG

DSC05310.JPG

Coffeeマシーン、ミネラルウォーターが備えられています。

冷蔵庫内はスッキリですが、ホテル内に売店や自動販売機がありますので大丈夫。

DSC05311.JPG

DSC05322.JPG

DSC05326.JPG

“椿”で有名な大島

DSC05330.JPG

至る所で椿にまつわるものが見られ、浴衣も椿柄でしたよ。

DSC05332.JPG

DSC05336.JPG

DSC05338.JPG


大島温泉ホテル ~夕食篇~ [大島温泉ホテル(東京・三原山温泉)]

夕食は食事処にて

DSC05355.JPG

三原山を見渡しながら[目]いただきます[ビール]

DSC05363.JPG

このお鍋で後ほど椿フォンデュを[るんるん]

DSC05366.JPG

DSC05367.JPG

DSC05369.JPG

お刺身 大島特産青唐辛子を漬け込んだ醤油で食べるもよし 

地元の塩“海の精”でいただくもよし。

“とうふの塩”は珍しい~

DSC05371.JPG

DSC05373.JPG

豆腐サラダ 

DSC05374.JPG

DSC05382.JPG

DSC05386.JPG

茶碗蒸し

金目鯛の煮付け

DSC05389.JPG

DSC05396.JPG

いよいよ 大島特産椿油のフォンデュ

勝手に素揚げを想像していましたが、衣にダンク[目]

天ぷらのような感じです。

DSC05398.JPG

DSC05400.JPG

具材は野菜や海鮮 色々あるので何から揚げるか悩ましい[揺れるハート]

DSC05378.JPG

DSC05410.JPG

DSC05414.JPG

伊勢海老の頭に詰まった身をほぐし→明日葉とともにかき揚げを

DSC05416.JPG

DSC05420.JPG

サザエの壺焼き 

お肉もあります

DSC05372.JPG

DSC05423.JPG

DSC05427.JPG

あ。。。[右斜め上] やや 揚がり過ぎ[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC05431.JPG

DSC05433.JPG

こちらは“べっこう寿司” 

青唐辛子醤油に漬け込んだ白身魚がつややかなべっ甲色になっています[ぴかぴか(新しい)]

DSC05436.JPG

サザエご飯[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

DSC05441.JPG

椿フォンデュを目玉に[わーい(嬉しい顔)][るんるん]大島の魅力を感じる献立 堪能しました。


大島温泉ホテル ~お風呂篇~ [大島温泉ホテル(東京・三原山温泉)]

部屋のお風呂から見る三原山

DSC05317.JPG

DSC05313.JPG

客室にも温泉が引かれています

DSC05314.JPG

DSC05318.JPG

DSC09884.JPG

こちらは大浴場

DSC05465.JPG

DSC05466.JPG

DSC05467.JPG

DSC05457.JPG

原生林の向こうには三原山

何の隔たりもない雄大な眺めに[目][ぴかぴか(新しい)]心も解き放たれます[揺れるハート]

DSC05461.JPG

DSC05469.JPG

DSC09877.JPG

DSC09879.JPG

DSC09880.JPG

DSC09883.JPG

DSC05464.JPG

DSC05450.JPG

月も[やや欠け月][曇り]顔を出しました

DSC05453.JPG


大島温泉ホテル ~朝食篇~ [大島温泉ホテル(東京・三原山温泉)]

 三原山の大パノラマをバックに朝食を

DSC05490.JPG

DSC05472.JPG

DSC05473.JPG

ビュッフェスタイル

DSC05474.JPG

牛乳 ジュース コーヒー

DSC05476.JPG

パン バター ジャム3種

DSC05477.JPG

DSC05478.JPG

DSC05480.JPG

ヨーグルトのソースも多数

DSC05482.JPG

DSC05483.JPG

充実の[目][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]品揃え

DSC05484.JPG

夕食もそうでしたが、大島温泉ホテルの料理には地元食材が多く採りいれられ

また、おもてなしの心を感じる丁寧なお料理です。

DSC05487.JPG

DSC05481.JPG

DSC05488.JPG

DSC05489.JPG

DSC05495.JPG

気持ち良く朝食を頂き、

向こうに見えるあの山へ[くつ][ダッシュ(走り出すさま)][るんるん]

DSC05493.JPG

DSC05494.JPG


うら☆うら★大島温泉ホテル [大島温泉ホテル(東京・三原山温泉)]

 熱海から伊豆大島行きの船乗り場へ向かう途中

DSC05190.JPG

そば処『利久庵』で昼食を

DSC05195.JPG

おろし蕎麦[右斜め上]

とろろ蕎麦[右斜め下]

DSC05202.JPG

桜海老と生しらすに目がない[目]ぽこダンナ[たらーっ(汗)]

DSC05206.JPG

DSC05210.JPG

大島へ渡り[船]

DSC05243.JPG

DSC05248.JPG

向かったのは

DSC05257.JPG

地層切断面[目][exclamation×2]

DSC05250.JPG

DSC09910.JPG

100~200年ごとに発生した大噴火による火山灰・スコリアが積み重なって・・・

約100の部層が確認されているという地層切断面、最も道路面に近い部分は約1万5千年前ともいわれ

言葉にならない圧巻の景色となっています。

DSC05262.JPG

DSC05266.JPG

DSC05255.JPG

地層切断面から海を臨めば、大島の自然海塩「海の精」千波工場が見えます

事前に申し込めば見学も出来るようです。

DSC05268.JPG

DSC05502.JPG

ホテル前からバスに乗り、三原山へ

DSC05617.JPG

DSC05506.JPG

DSC05508.JPG

山頂口展望台からの風景

DSC05510.JPG

DSC05513.JPG

意を決して(^^;)歩きますよ~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][くつ][あせあせ(飛び散る汗)]

DSC05522.JPG

日差しはあったものの、割に風が吹いていたので快調に歩を進め[わーい(嬉しい顔)]

DSC05526.JPG

自慢ではないですが、約1名体力に自信がないものですから、不安なスタートでしたが

木の茂り具合や土の変化など 景色を楽しむ余裕も生まれ[目][ぴかぴか(新しい)]一安心。

DSC05528.JPG

DSC09796.JPG

待避場所でしょうか 入ってみました[目]

DSC09797.JPG

DSC09806.JPG

そんなに急な道ではありませんが[揺れるハート]励まされます。

DSC09814.JPG

DSC05532.JPG

参拝

DSC05537.JPG

DSC05541.JPG

DSC09788.JPG

DSC05542.JPG

火口に到着   ヤッタ~[るんるん]嬉しい(笑)

DSC09825.JPG

・・・といっても山頂口からは40分程で歩いてこられます。

DSC05547.JPG

山頂からは 荷物を預けている大島温泉ホテルへ戻るコースを選択

あと60分[exclamation&question]緩やかに下りながら歩きます。

DSC05555.JPG

DSC05578.JPG

石のゴツゴツ感もどんどん変わっていき、遠く海まで見渡す景色も美しく 退屈しません[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

DSC09817.JPG

DSC05581.JPG

草木の丈が高くなってきて

もうすぐホテルに到着です。

DSC05587.JPG

DSC05594.JPG

つつじは咲き終わりの頃でした

DSC05598.JPG

DSC09928.JPG

こちらは伊豆大島火山博物館 

[カメラ]写真にう写るバイクのシルエットは ぽこダンナ

DSC09929.JPG

3年前、東京へ単身赴任中に伊豆大島へ日帰り旅

その際バイクで島を巡り、地層切断面や三原山ウォーキング等とても印象深い1日だったらしく。。。

今回は一泊二人旅となりました(*^_^*) バイクはお断りしましたけど[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC09900.JPG

DSC09931.JPG

前回は公共の温泉露天風呂『浜の湯』にも入ったのだそう[いい気分(温泉)]

アクティブにも程がある(笑)[たらーっ(汗)] 脱帽です[わーい(嬉しい顔)]

DSC09932.JPG

DSC09933.JPG


うら☆うら★大島温泉ホテル2 [大島温泉ホテル(東京・三原山温泉)]

三原山を堪能しバスに乗って東京都立大島公園へ

DSC05621.JPG

椿園・植物園、動物園、ロッジ・キャンプ場もあるそうです

DSC05622.JPG

まずは動物園へ

DSC05623.JPG

DSC05624.JPG

DSC05692.JPG

一周300mもあるという広々した放飼場にバーバリーシープとワオキツネザルが共同生活

DSC05626.JPG

ワオ[目][るんるん]

DSC05628.JPG

DSC05629.JPG

ここからはフライングゲージ 鳥エリアです。

DSC05630.JPG

DSC05634.JPG

優雅な立ち姿はヨーロッパフラミンゴ[右斜め上]

マナヅル[右斜め下] お顔が赤いのね

DSC05635.JPG

インドクジャク[右斜め下] 写真は下をむいてしまっていますが[ぴかぴか(新しい)]美しかったです[ぴかぴか(新しい)]

DSC05640.JPG

DSC05643.JPG

DSC05646.JPG

DSC05649.JPG

DSC05638.JPG

フライングゲージですが 哺乳類のワラビーとカピバラもいて

おとなしく穏やかな性格だから一緒に過ごせるのでしょうね。

DSC05636.JPG

DSC05652.JPG

フタコブラクダ  立ち上がってくれませんでした[たらーっ(汗)]

DSC05657.JPG

DSC05656.JPG

ラマは 表情がいいですね[揺れるハート]

DSC05660.JPG

エミュー

DSC05663.JPG

ゾウガメ~~~~~ 岩か亀か・・わかんない^^[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC05666.JPG

DSC05669.JPG

DSC05671.JPG

DSC05673.JPG

レッサーパンダはとってもダラダラしていて [眠い(睡眠)] でも可愛い

DSC05678.JPG

DSC05682.JPG

DSC05684.JPG

シバヤギ[右斜め上]

ブタ[右斜め下]

DSC05685.JPG

おとなりさんを覗くロバ かわいい

DSC05687.JPG

DSC05688.JPG

動物のエサを売っていましたが

あげていい動物 限られているのですね。 ↑ ごめんねあげられない[たらーっ(汗)] 

DSC05699.JPG

DSC05695.JPG

DSC05700.JPG

DSC05701.JPG

せっかくなので椿園をのぞいてみましたが、花の時季は1~3月。

その頃には約1,000種類3,200本の品種と伊豆大島の自生種であるヤブツバキ5,000本が

美しい花を咲かせていることでしょう[ハートたち(複数ハート)]

DSC05706.JPG

DSC05619.JPG

こちら椿資料館

DSC05709.JPG

椿にまつわる情報、またドライフラワーが展示されています。

DSC05710.JPG

DSC05713.JPG

大島公園から再びバスに乗り、フェリー乗り場元町港へ

DSC05719.JPG

DSC05716.JPG

売店で青唐がらし醤油と [目][るんるん]地層断層面バウムクーヘンを

良いお買い物が出来ました。

DSC05721.JPG

DSC05723.JPG

伊豆大島~~~[船]

思い出に残る旅となりました。

DSC05726.JPG

おまけ[喫茶店]

新幹線まで時間が空いたので熱海で散策したところ見つけたカフェでひと休み

落ち着いた空間『CAFE KICHI』

旅の回想をするのにぴったりの素敵なお店でした。

DSC05728.JPG

[新幹線]次回はどこへ行こうかな?

DSC05730.JPG


大島温泉ホテル(東京・三原山温泉) ブログトップ