So-net無料ブログ作成
検索選択
三余庵(北海道・十勝川温泉) ブログトップ

三余庵 ~お宿篇~ [三余庵(北海道・十勝川温泉)]

洞爺を出発[電車]ぐ~んと東へ移動し[ダッシュ(走り出すさま)] 帯広へ

DSC06379.JPG

十勝川温泉『三余庵』

隣接する『第一ホテル』の別邸で、11室のみの宿

DSC06381.JPG

DSC06384.JPG

木の温もりを感じる緑を見渡すロビー

DSC06385.JPG

DSC06389.JPG

DSC06387.JPG

DSC06390.JPG

DSC06395.JPG

DSC06397.JPG

DSC06448.JPG

女性には浴衣を選ばせて下さいます[黒ハート][揺れるハート][黒ハート] 素敵な色柄ばかり 目移りします

DSC06449.JPG

枕もお好みで

DSC06459.JPG

第一ホテルのお風呂も利用出来るので、その際はタオルをこの籠に入れて出かけます

DSC06469.JPG

さてお部屋へ[足]

綺麗なガラスがはめ込まれた引き戸の部屋もありました

DSC06471.JPG

DSC06422.JPG

私たちが泊まったのはこちら

356号室 温泉ひのき風呂付和室『草枕』です

DSC06417.JPG

洋室や露天風呂タイプの部屋など

各部屋趣が異なり、再訪しても楽しめそう[るんるん]

DSC06425.JPG

リビングは板張り

DSC06411.JPG

DSC06418.JPG

DSC06405.JPG

こちらは二間続きの和室となっています

DSC06407.JPG

到着時よりお布団が敷かれています

DSC06399.JPG

DSC06472.JPG

アロマディフューザーもありました[ぴかぴか(新しい)] 

DSC06473.JPG

DSC06419.JPG

DSC06461.JPG

廊下でつながっている第一ホテルへも行ってみましたので、その途中から見た三余庵の外観

DSC06462.JPG

戻って 三余庵のshop

DSC06463.JPG

DSC06467.JPG

DSC06452.JPG

お風呂上がりには Bar『道草』にて飲み物のサービスが[バー][ビール]

ヨーグルト、牛乳、甘酒、ビール、スパークリングワインの中から[るんるん][るんるん] 旅の醍醐味です。

DSC06454.JPG

DSC06458.JPG

DSC06457.JPG

[雪]雪景色を見ながら暖炉にあたる冬の時季もいいでしょうね[どんっ(衝撃)]

DSC06465.JPG


nice!(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三余庵 ~夕食篇~ [三余庵(北海道・十勝川温泉)]


夕食・朝食ともにロビー横にある食事処『春秋』で頂きます 

DSC06386.JPG

DSC06512.JPG

奥には個室らしき和室がありましたが、私たちはオープンスペースで


DSC06519.JPG

DSC06513.JPG

DSC06515.JPG

DSC06517.JPG

DSC06518.JPG

DSC06521.JPG

先付 帆立は味噌クリームチーズソースで

DSC06525.JPG

DSC06530.JPG

前菜は蛸の旨煮ジュレ、砂肝チーズ、笹巻き寿司など

DSC06535.JPG

DSC06534.JPG

DSC06537.JPG


御椀には鳴門豆腐、巻き湯葉、じゅんさいが

DSC06542.JPG

DSC06514.JPG

DSC06544.JPG

DSC06546.JPG


お造りは 牡丹海老、本鮪、蟹は市松模様に巻かれて登場

鮭の大助(おおすけ)[右斜め下][目]

DSC06548.JPG

DSC06552.JPG

熊本『天空の船』でもお目にかかった調理法

旨味が閉じ込められたひと品

DSC06560.JPG

十勝産黒毛和牛炭火焼きの熟成黒ニンニクソース 南蛮味噌も添えられて

DSC06564.JPG

DSC06566.JPG

DSC06568.JPG

DSC06572.JPG

蛤、タラバ蟹、キンキと野菜たちのブイヤベース パンを浸すとまた美味しい[るんるん]

DSC06575.JPG

酢の物 長芋の千切りに蟹と梅 海苔酢ジュレで

DSC06579.JPG

DSC06585.JPG

[exclamation×2][目][るんるん] 土鍋ご飯は玉蜀黍&枝豆 お腹が満たされていてもまた食べてしまう組み合わせ[グッド(上向き矢印)]

DSC06586.JPG

DSC06590.JPG

DSC06596.JPG

デザート[右斜め上] 同じ内容だけれど [右斜め下]Message付き[猫][ひらめき] 誕生日の御祝い(*^_^*)有難うございました。

DSC06601.JPG

明日の朝はここでご飯が炊かれるかしらん

DSC06608.JPG

DSC06610.JPG

DSC06607.JPG

お夜食を頂きました[やや欠け月] 

かわいい稲荷寿司 ご馳走様でした。

DSC06614.JPG


nice!(32)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三余庵 ~お風呂篇~ [三余庵(北海道・十勝川温泉)]

三余庵がある十勝川温泉は“モール温泉”

“モール”とはドイツ語で亜炭などの意味をもち、植物起源の有機物を含んだ温泉。

ただ、温泉に関する法律「温泉法」には“モール温泉”という泉質自体は定義されおらず

“モール泉”とも呼ばれるそうです。温泉なのに・・・いろいろあるんですね・・・[猫][あせあせ(飛び散る汗)]

昭和初期には世界で二カ所 ドイツと十勝川温泉にしかない[exclamation&question]ともいわれ

今では日本各地でも確認されているようですが、私たちにとっては初めてのモール温泉

珍しい泉質であることには違いありません[いい気分(温泉)][ぴかぴか(新しい)]

DSC06477.JPG 

    茶褐色 [目][ひらめき] これがモール温泉

DSC06426.JPG

こちら 客室のお風呂

DSC06427.JPG

洗面も2つあり ゆったりとした広さ

DSC06430.JPG

DSC06431.JPG

DSC06432.JPG

モールの湯は入るときに入れましょう

DSC06434.JPG

DSC06482.JPG

お湯[いい気分(温泉)]張れました

プーアール茶に入っているような 不思議な気分[るんるん][るんるん]

なんか好きです。

DSC06476.JPG

DSC06447.JPG

こちらは大浴場

DSC06446.JPG

DSC06444.JPG

『ガラスモザイク風呂』

DSC06440.JPG

タイル張りのシックな雰囲気

DSC06441.JPG

DSC06442.JPG

DSC06443.JPG

こちらは檜風呂  *男女が21時頃に入れ替わります*

DSC06500.JPG

明るい木の温もり感じるお風呂

DSC06491.JPG

DSC06495.JPG

DSC06493.JPG

DSC06497.JPG

湯船に浸かるとお庭も見えますよ

DSC06499.JPG

DSC06498.JPG


nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三余庵 ~朝食篇~ [三余庵(北海道・十勝川温泉)]

三余庵の朝 

DSC06616.JPG 

DSC06615.JPG

和食か洋食を選べますので もちろん和と洋を[るんるん]

サラダ・フルーツ・ジュースなどはビュッフェ形式という、更に楽しめる朝食となっています。

DSC06640.JPG

生産者のお顔を拝見しながら[わーい(嬉しい顔)]頂きます。

DSC06642.JPG

DSC06617.JPG

DSC06618.JPG

DSC06621.JPG

DSC06625.JPG

和食

ふっくらと焼き上がった“ときしらず”

DSC06627.JPG

選べる卵料理  こちらはたまご焼き

DSC06633.JPG

DSC06636.JPG

DSC06628.JPG

[レストラン]

DSC06630.JPG

洋食  

スクランブルエッグ コーンスープ ウィンナー・ハム・ソーセージ 自家製パン[ぴかぴか(新しい)]など

DSC06638.JPG

道内の食材・素材を堪能できる心づくしの朝食[猫][揺れるハート]ご馳走様でした。

DSC06643.JPG


nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
三余庵(北海道・十勝川温泉) ブログトップ