So-net無料ブログ作成
検索選択
オーベルジュフェリス(静岡・修善寺温泉) ブログトップ

オーベルジュフェリス 〜お宿篇〜 [オーベルジュフェリス(静岡・修善寺温泉)]


ある日、何の気なしに見ていたテレビ『ソロモン流』で取り上げていたのは“オーベルジュ”
[目]
修善寺に・・・スペイン料理・・・5室のみ・・・温泉もある・・・
次第に気になってしょうがなくなり いつか行きたい[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]と切望するようになりました。

DSC09025.JPG

実現しました オーベルジュ[バー]フェリス

DSC09017.JPG

修善寺の温泉街からタクシーでぐぐんと山を登ったあたり
見晴らしのよい静かな場所に建つ素敵な一軒。

DSC09020.JPG

庭の木々も美しく育っています。
DSC09021.JPG



DSC09030.JPG

案内された二階のレストランからはこの眺望〜[目][ぴかぴか(新しい)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

DSC09033.JPG

なんと[exclamation][猫][exclamation]富士山も少し顔を覗かせていて
もぅこの風景だけでも満たされた気分
幸いお天気にも恵まれました。

DSC09034.JPG

ハーブティーとお菓子も美味しくて[るんるん] 素敵な滞在の予感。。。

DSC09043.JPG

DSC09045.JPG

DSC09046.JPG

DSC09113.JPG

DSC09086.JPG

DSC09085.JPG

泊まった部屋は一階にあり、源泉掛け流しのお風呂があるタイプ。

DSC09049.JPG

DSC09050.JPG

DSC09051.JPG

リビングと寝室、天井が高く広々と感じます。

DSC09069.JPG

DSC09062.JPG

DSC09064.JPG
DSC09065.JPG


DSC09068.JPG


DSC09072.JPG

テラスでエスプレッソコーヒーを楽しむも良し[喫茶店]
お楽しみの夕食を[時計]。。。ひたすら部屋で待ち焦がれました。。。

DSC09073.JPG

DSC09074.JPG

DSC09075.JPG

DSC09071.JPG

DSC09084.JPG


DSC09116.JPG



オーベルジュフェリス 〜夕食篇〜 [オーベルジュフェリス(静岡・修善寺温泉)]


日が落ちて
眼下に広がる夜景を見ながら Dinnerの始まりです[ぴかぴか(新しい)][バー][ぴかぴか(新しい)]

DSC09123.JPG

DSC09122.JPG

まずは食前酒とオリーブで乾杯[バー]

DSC09126.JPG

DSC09134.JPG

8種類のピンチョス

DSC09137.JPG

箱に入って登場しました(*^_^*)[るんるん][るんるん]
DSC09140.JPG

DSC09147.JPG

雲にみたてたスペンオムレツ ふわふわの[揺れるハート]シュワシュワです[ハートたち(複数ハート)]

DSC09150.JPG

駿河湾の海の幸

DSC09163.JPG

ハモンセラーノ 生ハムとメロン  目玉焼きのように見えるのはメロンのソース

DSC09172.JPG

全13皿あるというお料理は、ゆっくりじっくり時間をかけて まだまだ続きますよ。

DSC09178.JPG

DSC09188.JPG

スプーンがスコップ

DSC09203.JPG

野菜とお花たち 菜園のフラワーアレンジメント風[ぴかぴか(新しい)][黒ハート][揺れるハート][黒ハート][ぴかぴか(新しい)] なんて美しい[グッド(上向き矢印)]

DSC09204.JPG

DSC09212.JPG

黒い料理 白い料理
イカ墨  サーモンクリーム

DSC09213.JPG

DSC09216.JPG

金目鯛のソテー

DSC09221.JPG

DSC09229.JPG

フルーツのガスパチョ

DSC09241.JPG

天城軍鶏 静岡牛 トリッパ

DSC09252.JPG

DSC09257.JPG

イベリコ豚のロースト [右斜め上]男の子 豚 女の子[右斜め下] かわいいペイントが嬉しい演出
DSC09258.JPG


DSC09271.JPG

駿河湾のスープ バスク風 濃厚な一品です

DSC09273.JPG

デザートも絵画のよう

DSC09278.JPG

DSC09283.JPG

食後の飲み物と 黒い箱。。。[目][ひらめき]
DSC09286.JPG

クッキーがこんなに[るんるん][るんるん]

DSC09292.JPG

食べきれないので[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]続きは部屋で頂きます

DSC09297.JPG

DSC09307.JPG

DSC09310.JPG

はじめにスタッフの方から“3時間程かけて[時計]”と伺っていた夕食は、最終的に3時間半(^^)
ボリュームもありますので、消化しながらじっくり頂くという感じでしょうか。
少しコンパクトにおさまると有り難いかなと思いつつも、驚きと喜びに満ちたお料理はなかなか出来ない体験[レストラン]
谷田部シェフはじめスタッフの皆さんのおもてなしのお蔭で、優雅で快適な時を過ごしました。
ご馳走様でした[揺れるハート]

DSC09312.JPG

オーベルジュフェリス 〜お風呂篇〜 [オーベルジュフェリス(静岡・修善寺温泉)]

部屋のお風呂
DSC09053.JPG

DSC09056.JPG

窓からちょっと覗き込めば富士山を見られなくも。。[目]ない[るんるん]

DSC09058.JPG

蛇口からは源泉が注がれます

DSC09314.JPG



DSC09317.JPG

DSC09059.JPG


DSC09061.JPG

DSC09086.JPG

部屋を出て廊下を進むと
DSC09088.JPG

DSC09089.JPG

2カ所ある貸切風呂

DSC09090.JPG

DSC09091.JPG

予約は必要なく、利用時は扉の前にあるこのランプをpush[ひらめき]点灯させ、鍵をかけて入ります[いい気分(温泉)]

DSC09092.JPG

DSC09095.JPG

DSC09097.JPG

DSC09098.JPG

DSC09103.JPG

二つあるお風呂はほぼ同じつくり
露天風呂からの景色の見え方が少し違うくらいでしょうか。
静かな山の風景は心が安らぎます[猫][揺れるハート]

DSC09104.JPG

DSC09107.JPG

DSC09112.JPG


オーベルジュフェリス 〜ブランチ篇〜 [オーベルジュフェリス(静岡・修善寺温泉)]

ディナーを堪能した翌日
フェリスでは11:00からのブランチが基本スタイル[レストラン]となります。
ただ、朝も少し食べたい[喫茶店]という方は7:30〜8:30の時間帯にレストランへ行けば
オプションで朝食を用意して頂けます。

DSC09324.JPG

折角なら朝食もどんなのか[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]食べてみたい!!と意欲満々の約1名でしたが(^^;)
実際は さすがに[あせあせ(飛び散る汗)]そんな余裕はなく(お腹に)
11:00いざブランチへ[るんるん]

DSC09326.JPG

DSC09327.JPG

帽子を被っていらっしゃるのが谷田部シェフ

DSC09328.JPG

DSC09330.JPG

最も楽しみにしていたパエリヤ[るんるん]

DSC09335.JPG

バスクのメネストラ サラダ仕立て
生野菜の下には煮込み野菜が隠れています[右斜め下]

DSC09343.JPG

DSC09348.JPG

2種類のパン 積み上がっていておもしろい

DSC09355.JPG

DSC09359.JPG

しらすの入った卵料理 ぶりゅぶりゅしていて濃厚なお味でした[ぴかぴか(新しい)]

DSC09361.JPG

DSC09370.JPG

来た〜〜〜(*^◇^*) お待ちしてましたパエリヤ様

DSC09374.JPG

DSC09376.JPG

取り分けてくださいます

DSC09372.JPG

エビと格闘しつつ 魚介のスープを吸い込んだお米を頂くのは最高です[グッド(上向き矢印)]

DSC09381.JPG

“スペインでは男性がエビの殻をむいてくれるんですよ”なんておっしゃりながら
シェフは[右斜め下]お皿の真ん中の白く小さなものに炭酸水をシュワシュワ注いで
お洒落にお手ふきを作り出して下さいました。

DSC09384.JPG

そして最後に “Gracias!”[喫茶店]

DSC09388.JPG

こちらのほうこそ[黒ハート]素敵な滞在を有り難うございました[黒ハート]

DSC09391.JPG




オーベルジュフェリス(静岡・修善寺温泉) ブログトップ