So-net無料ブログ作成
箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉) ブログトップ

箱根吟遊 ~お宿篇~ [箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉)]

2004年の2月。温泉の虫がにわかに騒ぎ始めた私たちは、日頃ためこんでいる旅雑誌を何冊も
広げ あぁでもない・・こうでもない。いくつかの候補が挙がった中、以前数回チャレンジしては
あっさりふられた経験のある箱根吟遊にダメもとで電話、、、してみたところ☆BINGO☆
『CREA~本当は教えたくない秘密の夏宿~』←行ったのは冬だけど(^_-)…に‘和のリゾート’と
題してどど~~んと3ページにわたり掲載されていた写真に魅せられて♪♪そして実現。

箱根宮ノ下の高い場所に位置するこちらの宿、建物の5階にあたる玄関を入り、モダンな畳敷きに
なったロビーのその先には 箱根連山が広がり。。。嗚呼。。。
その空間美たるや言葉を失う程。
誘い出されるように渓谷にはりだしたテラスに出てみる。
雪はなかったもののさすがに2月の箱根は静かに冷えていた。
けれど、それを我慢しながらもちょっと椅子にかけていたい そんな気持ちになりました。

客室は4階から下にあり、私達が案内されたのはたまたま一部屋キャンセルがでていた
洋室ダブルタイプ。ないものねだりで“和室もいいんだろな~”なんて思いもよぎりましたが、
普段椅子の生活に慣れている者にはかえって過ごしやすかったように思います
(確かこの部屋は宿で唯一のバリアフリーだった!?かと)

木の温もりが感じられる板張りの部屋は落ち着いた雰囲気で、洗練された調度品は懲りすぎず。
アメニティも充実、タオルやバスローブは心地よい洗い上がりで快適に過ごすことが出来ました。
けれど何と言っても惹きつけられたのは 目前に広がる雄大な山々でしょうか。

chiakipenguinさんが宿泊されたお部屋も素敵!

 

武蔵野本館 箱根吟遊


箱根吟遊 ~お風呂篇~ [箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉)]

本館内には二つの湯処「月代」「月音」。

時間で男女入れ替わり制。それぞれに露天も付いていますが、風呂の端がそのまま谷へと
落ちている雰囲気が爽快な「月代」、またもう一方にはジャグジーがあるなど趣向を凝らしており
両方を楽しむことが出来ます。

また、離れにも「松風」という湯処が有りますが、こちらの方は・・・特にコメントはありません。

そして特筆すべきは。。。部屋付き露天(*^o^*)

目前に広がる雄大な山々、聞こえくるのは遠く谷底の川音のみ、それはもう檜風呂にいながら
自分が自然の一部になれそうな程。夕方・夜・朝と山の色んな表情を楽しめます。
夜のライトアップの具合も素敵★でした~。
また、湯あたりしないよう濡れたまま休憩できる広い椅子も置かれており、繰り返しお湯を
楽しめる工夫がなされていました。
新緑の頃など また違う季節に訪れてみたい。。そんな気持ちになるお風呂です。


箱根吟遊 ~夕食篇~ [箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉)]

箱根吟遊の夕食はお部屋で頂きました。
と言っても、洋室だった私たちはベッドルームとセパレートされたいわゆるdiningで。

食前酒に梅わいんをゴクリ。その後、前菜に始まり相模湾朝採りの地魚造りへ・・

春子鯛の茶巾蒸し、焼き物、焼き竹の子黒米寿司と続き

そして う~~~ん♪美味しかった  地鰺のつくね鍋

熱した石で足柄牛をジュージュー焼き(^o^)・・・・・・最後はパパイヤクリーム寄せマンゴムースで締め。

腹いっぱい()^^;()

毎度のことながら私たちは食べるのが早い。
初めは「お客さん早いですね~!」とビックリしていただけの仲居さんも、運んで来る度 
次を待ち受けるお預けワンコ状態の私たちを前に次第に焦りを見せはじめ 気の毒なほどに。。。
だって、早く食べないと途中でお腹が一杯になるのがわかったんですもの
・・・お品書きを見た瞬間に。
ほんとうにごめんなさい 係の方。


箱根吟遊 ~朝食篇~ [箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉)]

長期にわたるSo-net bolog(あえてボログと言おう)メンテナンスのため、記事更新できず(>_<) 久しぶりの記事は箱根吟遊の続きからスタートすることにします。

箱根吟遊の朝食は、最近多くなった「和食」と「洋食」を選べるタイプ。
もちろんわがままな私達、両方をそれぞれ頼みました。
食事場所は夕食と同じくお部屋の中で。

まずは、和食から・・・
なんといっても梅干し入りの朝粥!
前夜のご馳走はさすがに私達にとって結構なボリュームでしたから、
なんとも胃にやさしい~(*^_^*) 

洋食の方はというと・・・

お料理自体にこれは凄い☆!というものはなかったものの、
和食のキレイなふた付小鉢、洋食ならばオムレツが乗ったお皿の流線型・パンを盛った木の器など
全体的に目でも楽しい気分にさせてくれました。
また、焼きたてのホカホカパンで温泉宿の一日をスタートさせるのもなかなかおつなもの♪


うら☆うら★箱根吟遊 [箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉)]

出不精の私たち。。。箱根吟遊に宿泊した際も一切観光をしませんでしたので、
うら☆うら★ではもう少し宿についてお話したいと思います。

部屋付きの露天風呂は箱根吟遊~お風呂篇~でご紹介しましたけれど、
お湯が出ている部分、何やらあやしげな物体が・・・

正体はお口パックリ-◇-変なお魚でした。
いろいろと皆さんが書かれているHPを拝見していると
どうも部屋によってこのお湯の吹き出し口は違うみたい。
なんだか楽しめますね。

それから、建物の一番下にある外湯と宿泊棟の間にあるBarコ-ナー

こちらでは、なんと
ビールのサービスが(←他にもソフトドリンクなど選択肢はあったと思いますが)
風呂上がりに頂くビールは最高!

最近はいろんな温泉宿で、湯上がり飲み物サービスを
されているところが増えているようですが、
やっぱりビールをぷっは~♪が一番では←しつこい、、、


箱根吟遊(神奈川・箱根宮ノ下温泉) ブログトップ