So-net無料ブログ作成
検索選択
楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉) ブログトップ

楽山やすだ ~お宿篇~ [楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉)]

伊豆長岡へは一度出かけてみなければと思っていました。
それは以前みたTBSドラマ「笑顔の法則」竹内結子主演~の舞台が伊豆長岡の旅館だった。。
というとってもミーハー的発想もあり(^_-)
・・・と言いながら
今回私達が選んだのは 実際撮影地となった名宿『三養荘』 ではなく 『楽山やすだ』。
旅のバイブルCREA様ご推薦の、近年リニューアルしたお宿だったので(^^)

ドラマでは見慣れていた伊豆長岡駅から宿までは徒歩で15~20分ほど。
狩野川を越えぷらぷら歩くのにはいい距離でした。


宿の外観は濃いグレー ちょっと意外な色合いです。


玄関では宿の方とともに鴨サンがお出迎えしてくれました。
動かないので一瞬置物?!と思ったけれど 違うね(^^;)お勤めご苦労様デス♪

宿泊したのは半露天風呂が付いた「楽十八」という部屋。
窓の外には緑が溢れ、部屋からの眺めに色を添えていました。

                        
            

ロビーにはコーヒーマシーンがありエスプレッソ風のコーヒーが頂けます。
そばには売店やインターネットコーナーもあり便利☆

でもでも、このお宿一番のお勧めはなんといっても・・・お風呂!
詳しくは、後ほど登場する~お風呂篇~をご覧下さい。。。

楽山やすだ


楽山やすだ ~お風呂篇~Part1 [楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉)]

34の客室のうち露天風呂付は13室あり、その趣は様々。檜や陶器、猫足のバスタブまであるそうです。

中でも畳敷きになったお風呂場これに導かれ楽山やすだにやってまいりました。

畳=和室というのが頭にあるので、最初バシャバシャお湯をかけることに戸惑いを感じながらも、水気をすーっと吸い込んでいくので足下が気持ちよく徐々になじみました。

檜の浴槽につかりながら緑の木々を臨むのはなんともいい気分です。

     

                                洗面にはスマートな陶器が用いられています

      

夜に。。朝に。。色んな表情をみせてくれるので何度も入らなくてはなりません  時折休憩するのにも畳敷きはいいものです。

 楽山やすだは、この部屋風呂以外にも楽しめるお風呂がイッパイ!

ということで、次回Part2ではそちらを紹介させて頂きます(^^)


楽山やすだ ~お風呂篇~Part2 [楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉)]

 

部屋付き以外にも数種のお風呂が用意されています 

宿の屋上階から外に出るとそこは木のデッキ、少しずつ異なった造りの畳敷きのお風呂が3つあります。空いていれば鍵をかけて貸し切りにできるというもの。この日はあいにく小雨模様でしたので6月とはいえ少々寒く感じられました。・・・ということは冬ってさぞかし・・・

こちらは時間帯によって男女が入れ替わる大浴場です。 そして露天もあるんだ 

         

って喜んだのも束の間浴槽に椅子が入浴中改装準備とかで入ること出来ず                                

 

気を持ち直しまして次なるお風呂へ。廊下にも畳が敷かれています。

こちら貸し切りお風呂『天神様の秘湯』と名付けられていて、今やかえって珍しく感じられる有料でして価格40分2000円也。岩風呂で雰囲気は出ていますけれど。。。 グループで利用されるとお得かもしれませんね。

  


楽山やすだ ~夕食篇~ [楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉)]

食事は朝夕ともに部屋から移動し食事処で頂きます。個室になっていて椅子席ですので、
足が楽ちん♪食事にどっぷり専念できます。

お料理の目玉は何と言ってもこの豪快な海鮮焼き(^^)/畳敷きのお風呂と共に、
私達を楽山やすだへと誘った一品です。

火に乗せられた鮑が踊り出す様子に(☆。☆)!私達も大興奮

  
焼き物には鮑の他、サザエ・伊勢海老・とうもろこしやアスパラなど野菜も多種。           お造りも海が近いのでプリプリとしていましたし、季節の鮎塩焼きも登場し大満足の内容♪
             
                    海老さん焼けました~(*^^*)
  
                
締めくくりデザートを前にしてお腹はもう限界、、、と思えましたが ヨーグルトと甘酸っぱいソース味でさっぱりと☆ごちそうさまでした。


動画 DE 楽山やすだ [楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉)]

実はぽこねん夫妻の旅行☆デジカメに加えビデオ部隊も出動というダブルスタンバイ(^^;)
旅先では到着後 “っふ~(*^o^*)♪”と一息つく間もなく、「はい私ビデオ あなたはカメラね」 と せわしなく記録が始まります。
この一連の作業を終えなければゆったり旅気分には浸れないという悲しい宿命。。。うぅぅ
けれどその努力もここで日の目をみる??
So-net Blog 動画対応になったとのこと♪せっかくですから試してみましょう。

楽山やすだ~夕食篇~」で !鮑の残酷焼きが印象的!とのコメントを多く頂きましたので
初☆動画記事ではその模様を16秒間ご覧頂きたく。

いかがでしたか?
苦しかったね  ごめんね・・・アワビさん・・


楽山やすだ ~朝食篇~ [楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉)]

 

雨もあがった朝、窓からのぞく梅の木はイキイキして見えました。
 

         

 

朝登場する海からのおくりものは鯵の開き。火で炙っているこの鉄板 実はお魚型。         でも残念ながらウロコしか確認できません。。。頭としっぽきれちゃいました

                              好物のお豆腐で胃も落ち着きます

↑こちら左端 修善寺の名産だそうですが、黒米のお粥です。
 そういえば、あさばでも頂きましたね


楽山やすだ(静岡・伊豆長岡温泉) ブログトップ