So-net無料ブログ作成
検索選択
あらや滔々庵(石川・山代温泉) ブログトップ

あらや滔々庵 ~お宿篇~ [あらや滔々庵(石川・山代温泉)]

3年前の今頃べにや無何有で一泊した後 訪れたのがこちらの宿。滔々と湧き出る源泉は                                                            山代温泉随一だとか。宿名の由来もそこからのようです。                                                                      落ち着いた館内はエレベーターに至るまで畳敷き(結城畳というそうです)、サラサラっと                                                                   素足で気持ちよく歩くことが出来ます。

宿名が描かれた陶器。こちらは美食家としても名を馳せた芸術家、北大路魯山人の作品                                                        当時の宿主さんと親交があり、この陶器以外にも絵皿や衝立など魯山人ゆかりの作品が                                                          残されていました。  

           

 

 

静かな廊下を案内され たどり着いたお部屋『御陣(おちん)の間』                                                                 一瞬鮮やかな朱色に圧倒されましたが、漆を施された柱と朱壁が醸し出す色調のコントラストは                                                    窓からのぞむ裏山の緑・雪景色の演出もあり、意外に時間が経つと馴染んでまいります。                                                             この御陣の間、代々の藩主ゆかり・前述の魯山人も逗留したことがあるという 宿を代表する                                                     お部屋だったようです。                                                  この日は平日だったのでたまたまご案内頂けたのだと思います(*^^*)  

                                                         

                               到着後頂いたお抹茶と和菓子も雰囲気にぴったりです

 

                  

今では部屋に源泉掛け流しの半露天風呂が付いたタイプも8室出来ているとか。                                                             老舗宿のリニューアルが多いといいますが、ご近所の『白銀屋』も最近生まれ変わった模様。。                                                   もう一度出かけてみたい♪と思わせる山代温泉です

 

あらや滔々庵


nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あらや滔々庵 ~お風呂篇~ [あらや滔々庵(石川・山代温泉)]

 

数百年もの間、絶えることなく滔々と湧き続けるあらやサンの湯量は一日540石(約10万リットル                                                                1石は180リットル)ともいわれ、これは山代随一だそうです。                                 貸切風呂や部屋付き露天風呂もなかった3年前でも、客室数に対してゆったりとしたお風呂は                                                         混み合うこともなく 源泉掛け流しのお湯を堪能することが出来ました。

  

 

                

       脱衣所もすっきりと整えられ、丸く浅い籠が洗練されていました。

 

         

                     もくもくもく 湯気でよく見えませんネ

                            露天風呂からの雪景色もまた一興

そして湯上がり後 廊下に出ると氷の入った大きな器にはシャンパンと缶ビールが                                                            喜び浮き立ちましたが、栓の開いていないシャンパンボトルを前にモジモジ。。。                                                            していたところ 宿の方がすぐさまポンッと。至福の時でした(*^^*)


nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あらや滔々庵 ~夕食篇~ [あらや滔々庵(石川・山代温泉)]

 蟹が恋しいこの季節。。。                                                                                                        今年は叶わなかったので 3年前を回想することにしましょう。

                                                               あらや滔々庵といえば温泉もさることながら“越前ガニ”を語らなければ。            

 まずは前菜として香箱蟹のゼリー寄せ・大根のなます・魚の粕漬けが登場。                         つみれ入りのお吸い物のあと、蟹が登場(写真上) 宿の係の方によって炭火で香り高く                                                      焼いて頂いて賞味いたしました 

         

 お刺身・酢の物としても蟹は続き。。。 

  

 そして 蒸し蟹も。。。

 

蟹すきもあったのですが 次々とやってくるカニさん 嬉しい悲鳴を上げながらも私達は                                                             食べることにいっぱいいっぱい、そのためか雑炊の写真に飛んでしまっています(^^;) 

ぽこ旦那は、あまりの量に残念ながら蒸し蟹でギブアップ

 

でもデザートはやっぱり別腹フルーツとシャーベットをスッキリ頂きました。

 


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

あらや滔々庵 ~朝食篇~ [あらや滔々庵(石川・山代温泉)]

さあ頑張るぞ!!と思った矢先・・・ あまりにも重い So-net blog                    調子よくなったり停滞したり、なかなか一筋縄ではいかず、何とももどかしいですね。                                                           現在はまさにボログ状態ですが、うまく運んでくれないと、やる気なし夫クンになりそうです。。。

さて 気を取り直し 本題へ。                                            今回の記事は「あらや滔々庵」での朝食ですが・・・                                                                           ブログもさることながら、私達の朝食写真もさびしく1枚ぽっち

 けれど写真の枚数とは裏腹に、内容は“これぞ日本の朝食”といった感。                   前夜の蟹づくしで、朝も蟹だったらどうしようかと思っていた二人にとっては、胃にもやさしく                                                       程よい分量。                                                      何よりバランスがでした。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
あらや滔々庵(石川・山代温泉) ブログトップ