So-net無料ブログ作成
検索選択

友家ホテル 〜夕食篇〜 [友家ホテル(新潟・大湯温泉)]

夕食は客室にて頂きます

DSC02690.JPG


食事中にもかかわらずペンを握っていますが・・・(^_-)

献立表が無かったため、懸命に書きとめておりました[あせあせ(飛び散る汗)]


DSC02697.JPG


“かぐら南蛮のスープ”

   ↑  新潟県山古志村(現長岡市)で昔から栽培されているという珍しい唐辛子

マイルドでありながら後半に少し辛みを感じます[目][exclamation]


DSC02696.JPG


蕗の味噌煮には揚げと姫竹が入っています。

美味しかったからか?!蕗が苦手な約1名も完食(^^;) ほんとワガママ



DSC02699.JPG


*色とりどりの小皿*

きゅうりの辛子漬け、セロリの漬物、揚げの味噌焼き、ラタトゥイユ、トマトのオリーブオイルがけ、

チーズの味噌漬け


DSC02705.JPG


はまぐりとキノコのお鍋


DSC02708.JPG


ビール[わーい(嬉しい顔)][ビール]


DSC02710.JPG


お造りは。。。 南蛮海老、ツブ貝、スズキ、マグロ


DSC02717.JPG


はまぐり^^開きました[ひらめき]


DSC02721.JPG


焼き餅の中にはウニ[るんるん] 少し甘めの醤油味


DSC02727.JPG


DSC02733.JPG


牛肉ステーキには紅芯大根を添えて


DSC02736.JPG


[揺れるハート]塩焼き〜  枝豆も嬉しい


DSC02741.JPG


さすが米どころ[グッド(上向き矢印)] 美味しい白米は魚沼産コシヒカリ  茄子の漬物もみずみずしい


DSC02749.JPG


美味しい夕食の締めくくりはミントのシャーベット[バー]


評判通り[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]地元食材と旬を感じる工夫されたお料理が登場

献立がなかった分ワクワク感も増しました[グッド(上向き矢印)]


やりますね〜[レストラン]友家ホテルさん(o^^o)





nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

友家ホテル 〜お部屋篇〜 [友家ホテル(新潟・大湯温泉)]


全14室ある客室

和室・洋室といった種別と言うよりは各部屋に和と洋のテイストを取り込んだ和モダンなスタイル

すべて異なるので予約時はどの部屋に泊まるか[exclamation&question]嬉しい悩みです[猫]


DSC02547.JPG


302に決めたのは奥の間の・・・


DSC02551.JPG


このソファで寛ぎたかったので(^^)[るんるん]


DSC02554.JPG


ソファの向かいにはかわいいキャビネット


DSC02560.JPG


ウェルカムドリンクはしそジュース[バー]


DSC02578.JPG


DSC02555.JPG


DSC02556.JPG


水玉柄の湯のみは[目]懐かしさとともに新鮮な感じさえします[るんるん]


DSC02561.JPG


DSC02563.JPG


DSC02565.JPG


洗面所も白を基調にすっきり収納が素敵[ぴかぴか(新しい)]

ステンレスのタオルハンガーも段違いで機能的。


必要なものを何気にお洒落に気取りすぎずに配す

“友家ホテルの遊び心” 至る所に感じます[揺れるハート]


DSC02566.JPG


DSC02567.JPG


DSC02570.JPG



nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

友家ホテル 〜お宿篇〜 [友家ホテル(新潟・大湯温泉)]


新潟県魚沼市大湯温泉にある『友家ホテル Tomoya Hotel』

温泉宿を探す際お世話になっている雑誌のひとつ“自遊人”で食事が美味しいとお勧めの宿。


JR上越線小出駅からタクシーで20分程

寂れた風情の大湯温泉[目] 細い坂をそろそろ下っていった先に見えたのが[左斜め下]この風景

DSC02521.JPG


裏口?!と失礼ながら思ったのですが、坂を下りきって見てみると(^^)正面玄関でした[あせあせ(飛び散る汗)]

かなり古い建物とは聞いていましたが思った以上。


DSC02523.JPG


ただ[ひらめき]

一歩足を踏み入れると別空間が広がり始めます[ぴかぴか(新しい)]


DSC02533.JPG


DSC02526.JPG


広々としたロビーには様々な椅子や照明そしてインテリア

窓の向こうには美しい川が流れています。


DSC02538.JPG


DSC02539.JPG


DSC02541.JPG


DSC02579.JPG


エレベーターはなく階段での移動となりますが、踊り場にもソファ等が置かれ

ゆとりある空間が作られています。


DSC02583.JPG


ロビーがある2階から下りていくと“娯楽室”


DSC02608.JPG


卓球台・たくさんの図書・フットマッサージ機・・・


DSC02609.JPG


こんな健康器具もありました(*^_^*)[右斜め下]


DSC02613.JPG


DSC02616.JPG


そしてこの色んなものが詰まった魅力的な空間に流れる音楽は

ジャズだかサルサだかレゲエだか(^_-)[るんるん][グッド(上向き矢印)]なんかわからないけれど温泉宿では聴くことのなかったジャンルの

おもしろい音楽[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]  妙にわくわくしてきます。



色んなゲームもあるし[るんるん]


DSC02619.JPG



DSC02663.JPG


DSC02670.JPG


DSC02624.JPG


DSC02754.JPG


様々な顔を持つ友家ホテル(^^)/ 続きます[揺れるハート]





nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

長寿館 〜朝食篇〜 [長寿館(群馬・法師温泉)]

朝ご飯

DSC02474.JPG


前夜と同じ個室へ


DSC02453.JPG


DSC02454.JPG


窓の下にはせせらぎ[目][ぴかぴか(新しい)]


DSC02471.JPG


DSC02455.JPG


いただきます[るんるん]


DSC02458.JPG


しじみの佃煮  サラダにはヤングコーンと生ハムも入っていて美味しかったですヨ[猫]


DSC02459.JPG


DSC02460.JPG


DSC02462.JPG


湯豆腐 


DSC02465.JPG


DSC02469.JPG


お味噌汁の具材はなめこと豆腐

量も程よい朝ご飯[るんるん]ご馳走様でした。



nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

長寿館 〜お風呂篇〜 [長寿館(群馬・法師温泉)]

DSC02410.JPG


『法師乃湯』

間仕切りされた浴槽が印象的な歴史を感じる湯殿

映画テルマエロマエ2で主人公が古代ローマからタイムスリップしてくるのも納得[猫][揺れるハート]

浴槽の底には玉石が敷き詰められていて、その隙間から温泉がポコポコと自然湧出しています。

もちろん源泉100%

各浴槽の温度が少しずつ違いますので全部入ってみましょう♪


DSC02403.JPG


そしてこの法師乃湯は“混浴”[目][ひらめき]

温泉を守るため水着やタオルの使用はNGです。

ただし[ぴかぴか(新しい)]20〜22時のみですが性専用時間という設定がありますので(^^)ご安心を[るんるん]


DSC02284.JPG


DSC02282.JPG


DSC02279.JPG


湯上がり処


DSC02293.JPG


温泉の説明&時間割表


DSC02242.JPG



DSC02288.JPG


マッサージと販売機コーナーもあります


DSC02287.JPG


DSC02286.JPG


こちらは『玉城乃湯』


IMG_1416.JPG


広々とした湯殿は檜とヒバ造り


IMG_1414.JPG


DSC02447.JPG


IMG_1403.JPG


IMG_1402.JPG


IMG_1405.JPG


庭園露天風呂もあります


IMG_1410.JPG


法師乃湯は湯船のみでしたが、こちらは洗い場も数カ所設けられています。

ただ、シャワーは右端の一箇所のみ^^です。


IMG_1412.JPG


DSC02429.JPG


DSC02431.JPG


夜の雰囲気[やや欠け月]


DSC02438.JPG


DSC02441.JPG


DSC02444.JPG


DSC02262.JPG


三つ目は『長寿乃湯』


DSC02264.JPG


DSC02273.JPG


DSC02274.JPG


小ぶりな浴室ではありますが、足元から湧く温泉が常に溢れ出ていてとても気持ちの良いお風呂[黒ハート][揺れるハート][黒ハート]

三箇所[いい気分(温泉)]甲乙つけがたいですが、ここが一番好きかもしれません。


DSC02272.JPG


こちらにシャワーはありませんが、お湯汲み場が三箇所ありますので結構スムーズにスイスイ洗えます[るんるん]


DSC02275.JPG


DSC02271.JPG



nice!(39)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行